2015年11月07日

ひとりごと

感動の千秋楽の余韻の中で言い出しにくかった疑問

その1 岡山でのMC
「身体はでれんっとしててもいいけど、声帯はぴしっとしとかなあかんのや」
と、いろいろな人の力を借りて蘇った声帯ですが

弛緩した声帯を緊張させるのって
なんか筋トレみたいな方法があるんやろか
視力回復には眼筋を鍛えるみたいに。
それとも喉に良い食べ物とか飲みものとかサプリとか?

その2 明石にて
これはフォーラムで明らかになったそうですが
明石の2階席にぽっかり空席があったのは
団体鑑賞の老人会の方々が時間を間違えたから。という

うちの町内の老人会って75歳以上なんだけど
その年代の方にジュリーライブはニーズがあるんだろうか
(個人的にはともかく、団体さんというのがw)
それとも明石の老人会はもっと若いのかしらん?でもご老人は眠くなるのが早い(らしい)から
三時半始まりにしたのねー。と、そこは納得したんですが
それをわざわざ遅い時間に間違えるってw

時間間違いより、すっぽり忘れていた可能性もありかも(^^;)
(私も最近はカレンダーに書いておかないと不安w)

でも、老人会の方々がジュリーを見られなくて残念!
と思っておられたらお気の毒です~(゜´Д`゜)
誰が責任をとったんでしょうか。気になります






posted by メイ26 at 23:40| 兵庫 ☁| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年11月04日

2015こっちの水苦いぞツアー終了

2015こっちの水苦いぞツアーあるいは加瀬SONGSツアーは
11月3日東京フォーラムにて幕を閉じました

なんと濃密なツアーであったことよ
物理的には、
4ヶ月かけて全国を回るはずが2ヶ月半に集中
私が行く日程も2ヶ月間にぎゅっと詰まっていたけど
行かない日も毎日のようにネットでレポが上がるから
いつもより夢の中にいる度合いが高い日々でした

心情的には
思った以上に深くて重いジュリーの加瀬さんによせる思いが伝わってきて
泣いたり笑ったり気持ちの切り替えに戸惑ったり

澤會の申し込み段階ではいつものツアーだと思ったから
恒例の京阪神に、自分の誕生日だった広島を追加したぐらい。
もし加瀬さんの追悼ツアーだと銘打たれていたらもっとあちこちに
…行ったかな?いや
やはり実際にジュリーの歌を聴いて加瀬さんの思い出を聞いて初めて
もっと見たいと思ったな

千秋楽の日も朝は用事があったけど、
行く気があれば午後からでも行けたなあと思いながらも
岡山で心から楽しく終わったからもういいか。と思って

でも開演前にピーが来ていたとのツイを見てまず後悔(^^;)
そして終演後に、みんなで「想い出の渚」を歌ったという話を聞いて
ああ、やっぱり行きたかったな-、と思った
いろんな方が言葉を尽くして雰囲気を教えてくれたけど
やっぱりその場にいないと伝わらないこともある

公私ともに深いつきあいの中で
私が行った会場では公的なおつきあいの話が多かった
タイガースが終わって、いろんな人が離れて行く中で
自分のバンドも差し置いてずっとついててくれて
プロデューサーではなくなってからもジュリーの背中を押してくれたこと
それらが今のジュリーのもとになっていること

その時代をいちばん共有していたジュリーのファンに
毎回各地で加瀬さんとの数々の想い出を語ってくれて
だんだん心の整理がついてきたんじゃないかと感じていたけど
まさに「見せたことのない涙を流し」
ツアーを終えてもまだまだ語りきれなかったのね;;

元タイガースの、がとれるきっかけになった最初のヒット
「許されない愛」
ジュリーがソロとしてやっていく覚悟ができた大賞曲
「危険なふたり」
謹慎後の再スタートにかける思いを歌った曲
「夕なぎ」
20世紀の集大成で21世紀を期待するアルバムの曲
「ねじれた祈り」
還暦前で(当時は)歌手人生の最後を見つめたかのようなアルバムには
「海に向けて」
いろんな節目ごとに加瀬さんはジュリーのために曲を作ってくれていた
そのことに今回のツアーであらためて思い至りました

ジュリーが若くてきれいで元気だった頃にいっぱい聞いた歌
どの曲もあの頃とは歌詞の意味が違って聞こえて
加瀬さんが曲にこめた思いを今さらながらに知ったような気がしました
私が、あの頃流行った歌を聞くと、あの頃の自分の気持ちを思い出すように
ジュリーもその頃の加瀬さんのことがまざまざと脳裏に浮かんだんじゃないだろうか
「海に向けて」はもともと最期のお別れを歌った曲だけど
「白い部屋」に加瀬さんの面影を見ることになるとは思いもしなかった

私は直接聞いてないけど
去年の千秋楽ではもう歌うことをやめてもいいと言ったジュリー
でも今年のツアーでは歌える限りはエンドレスで歌い続ける
と言ってくれた
私にはそれこそが加瀬さんの最大のイタズラだったと思えます
人は肉体を失った時に一度死に
思い出してくれる人がいなくなった時に二度死ぬ。という言葉があります
ジュリーが歌うために作られた曲だから、ジュリーがやめてしまったら
加瀬さんのことも忘れ去られてしまうもんね

そして失って初めてわかる大切さは人だけじゃない
ジュリーのあの艶のある声が一時的になくなって
それがどれだけ素晴らしいものであったかも再認識しました
67であろうと70になろうと、あの声はずっと持ち続けていてほしいです








続きを読む
posted by メイ26 at 23:56| 兵庫 | Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年11月01日

10月31日岡山シンフォニーホール

西の千秋楽めっちゃ楽しかったー(≧▽≦)
CSoFhC-UsAA3Erd.jpg
今年のジュリー見納めだから楽しまなくちゃ!といきごんでもいたけど
一階後方なのに、ジュリーが登場したらまだ暗いうちから総立ち
そして音が出たら。

おお!このホール良く響く。いい音!
あら、ジュリーの声も。あの艶のある声が復活してるー\(^O^)/
思い起こせば神戸までは普通に聞いていて
渋谷ではガスガス。その後だんだん声は伸びるようになったけど
なんか違う。このまま声が変わっちゃうんじゃないかと心配しておりましたが
楽前にしてようやく完全復活!嬉しいっ!!
ジュリーも「もっとできる男なのにー!><」と歯がゆい思いをしていたそうで
声帯がしゃきーんとなってよかったです

美し…ナイナイ。も明石では忘れかけてたけど、今日は力いっぱい否定^^
しかし恋は邪魔ものでは♪幼さがどこか残る~ が
♪ほろ苦い恋の夜に~ に変わっていて
こういうときは2番で辻褄をあわせるのに、2番もほろ苦い夜にして
一行は加瀬さんが持っていってしまったようです
せっかく最後まで「僕たちほとんどいいんじゃない」を流したのにね~
結局FriendShipを聞けなかったのは心残り;;

最初のご挨拶
楽前となりました。今日をいれてあと2回でおしまい!テンパイしました!
で、客席????(あ-、上がりの前の?と私が思った頃に)
「すみません!私も麻雀はできません!」

「あなたへの愛」のふーたりつながれて~の「ふたり」が巻き舌でしたw
胸いっぱいの悲しみの歌い出し、腕を振り下ろすとこ真似てみたら
前の座席の背もたれの木枠にガツン!と指が当たって痛かった;;
ダイエー時代の杉内か!と自己突っ込みしたのでした
「夕なぎ」が素晴らしかった!
ついフンコーして声出して歌てもた。お隣の方すみません(^^;)

ちょっと待ってねタイム。
喋ろうとしたらマイクが歯に当たった?イテ、イテ、と、かなり痛そう;
うがいしてごっくんの真似をしましたが
双眼鏡でコップにはき出してるのを確認しました
「飲んでませんから」といいつつ
「何をいちいち見せてるんでしょうか」とw
その後ボトルを目と耳に飲ませてからちゃんと口に含みました

この時に風邪を引いて声が出なくなった話をしたんかな?
カゼが治っても声帯が弛緩してしまって
(もっとできる男なのにー><)と悔しがってたのが可愛かった^^
声帯はぴしっとなってないと声が出ないそうで、
「70になってももっとできる男なのにー><」と指笛くそっ!より悔しそう
でもいろんな人の助けを借りて、ようやくここまで戻りました!パチパチ

新曲も聞き慣れて^^;後半2曲は普通のノリになってきたわ~
もういきなりウインクでも戸惑わない!(と思っても今日で終わり;;)
あいらーびゅはちょっと遠いけど、一階なら勝手に勘違いもあり!
最後にセンターに向かってしてくれた時むりくり奪い取りました。
隣の人なんて私の顔の前に手を出して受けてたし~
バイバイジェラシーの高速ステップはますますカッコええー(≧▽≦)
指笛も絶好調だったので、歌う直前までピイピイやって、くそっ!はなし
(ほんとはできるオトコなんや~と証明したかった?)

ところで、今回の曲はほとんどレコードと同じアレンジなのに
ジェラシーだけ違うのねー。と思っていたけど
シングルバージョンとアルバムバージョンがあるの?
私はアルバムしか持ってないから知らんかったわ^

ここのホールは両脇の壁面がつるつるで、
ステージの姿が三面鏡みたいに映ってお得感でした
天井も(ステージの割に)高いので照明がきれいに映えてたけど
ねじれでステージ奥に赤い風車みたいなのと黄色い渦巻きみたいなのが。
今日初めて見ました!
ステージの足下の照明は見えなかった

アンコールの時は
そんな拍手せんでも出てくるのんわかってるやん
これで帰ってしもたらえらいことやけど、衣装も作ってるんだし
私は仕事ですが、皆さんは楽しみに来ているんだからしんどいことしなくても
と、いうのはどう受け取ったらいいのかしら(・∀・)
その間トイレに行ってたのに、ジュリーが出てきた時には
私はどこも行ってません~と澄ましておられる方には
「開演前に出しきってサッパリ!」と(^^;)私もそう思う。前通られるの迷惑やねん

それはおいといて、加瀬さんの話
タイガースの4年を経験したことで、この世界で細々とやっていけると思った時に
「君をのせて」でソロデビュー。いい曲だけどあまり売れなかったら
まだプロデューサーでもない加瀬さんが
こんなのだめだよ、ジュリーに合った曲じゃないと
と、「許されない愛」をつくってくれて、レコード大賞歌唱賞の一人に選ばれた
A子さんが「最優秀歌唱賞は絶対ジュリーやで」と言うので
僕もほんのちょびっとその気になったらあれでしょう~?
(ここでちょっと物まねで歌う。1曲もうけた(^^)v)

あの後どうなったと思います?
映らないところで「下がってください」言われたんやで~
かわいそうやろ~。
でもそれから、元タイガースの、って言われなくなって
危険なふたりの頃からはずっと専属でついてくれて
化粧も派手な衣装もやっちゃえやっちゃえ!という感じでいろんなことやった
79年には紅白のトリもつとめて、僕のさよならさよならでその年が終わったり
TOKIOでは井上さんらが映らへんからとやめていったけど
映らなくてもいいという人が集まってくれて。オールウェイズからエキゾティクス
(ここで吉田建さんの名前が出る)
ブルーボーイの時は金杯というのをもらった
(ここでイントロを口ずさむ。2曲もうけ^^)
衣装が焦げて煙り出てたやつや~

人気が落ちて加瀬さんと離れた後に、何がやりたいのかと考えたら
ナマが好きやと。コンサートをずっとやっていきたいと思った
そういう風に思わせてくれたのも加瀬さん
亡くなったと聞いて大泣きしてしまって、僕には大きな存在だったと思い知らされた
(コンサートの曲を決めるまで)時間があったので
加瀬さんの曲ばっかり歌うことにした
今回は新曲の4曲以外19曲は全部加瀬さんの曲です
中には押しつけがましいと思われる方もいるかもしれませんが
大きな心でやさしく受け取っていただければ。と思います
これからも加瀬さんの歌は小出しに歌っていきます。
楽しかったことを思い出しながらも最後はちょっとしんみり

千昌夫さんの話も出たけど、このときは歌なし
ジョイントのお誘いがあったそうです。初耳やわ~

そして加瀬ソングスもあと三つ!
TOKIOと気になるお前は楽しく歌って
海に向けてでは涙声になってしまいましたが
最後はビールを飲む振りをして、わりとあっさり帰っていきました
(私は)また来年ね~。すぐに会おう。きっと!

今回のセットリストは
発売当時はそれほど好きでない曲もあったけど
すべての曲にジュリーの加瀬さんへの気持ちが感じられて
どの曲もあらためて愛おしく聞けました
加瀬さん今までジュリーと共にいてくださってありがとうございました
これからはTOKIOも飽きたなどと言わず、供養だと思って
加瀬さんのことを思い出しながら聞きます(T-T)

ジュリーが歌い続ける限り加瀬さんのことを忘れないと思います。きっと










posted by メイ26 at 00:40| 兵庫 ☀| Comment(2) | コンサート | 更新情報をチェックする

2015年10月30日

10月30日明石市民会館

10月末の関西シリーズ。今日も明日もジュリーの歌が聞ける幸せ
今日は明石
akasi.jpg
明石は近いけど、さすがに昼の三時半からでは休みをとらないと無理
ご本人も「ちゅう~っとはんぱな時間」と言われましたが
いつもなら店じまいしている魚の棚が開いていて
とれとれぴちぴちの明石鯛やら、煮豆の天ぷらやら
心奪われるものがいっぱいで行く前からテンションあげあげ^^

そして入場すればロビーにはいつもの黄色い人ではなく
たこ饅頭やらたこ煎餅やらわかめ煎餅など明石のお土産が盛りだくさん
開演前からおなかいっぱいになりました~
 tako1.jpgこれは売ってないw

そのせいか、ジュリーの頬も少し膨らんだ?(むしろ肉500gのせいか)
しかし声も膨らんだのでいいことにしましょう
初めて髭ぼーぼーのジュリーを見た人にも納得できる歌声でしたわよ
「明石は久しぶり」と言われましたが、2年前にきたじゃないの~
その時もロビーでたこせん売ってましたよw
2年前の前は30年ぐらい前だったけど
「三時半からというのは何か理由があるんでしょう
海を越えてくるとか。山奥からくるとか。ずっと徒歩でくるとか」
「最近は平日は6時半、ウィークエンドは4時5時にしてるんですが
 6時半になると眠くなるのよもう。お酒飲む時間やん、みたいな。
 渋谷三日間やった時は初日だけ6時半で、後は3時3時
 早く終わる!と思うとうれしい!」

私の前は3人の親子連れでしたけど 、そのお父さんが
TOKIOのころにはおそるおそる腕上げ下げ運動に参加してて微笑ましかった^^
しかし、ジュリーが下手に立つとこのお父さんが壁になるのであった_| ̄|○
その代わり私の前の席はお子さんで、
センターに立つジュリーがよく見えてラッキ~(^^)/

カズ手の方は障壁がなく、ジュリーとその先にいるカズさんも視界良好
スーツにネクタイで、両手をまっすぐ脇につけてお辞儀する姿は
新人研修の営業マンかと思ったw
ヘアも七三で毛一本乱れんしな。(ジュリーがあれだけぐしゃぐしゃなのにw)

最初の「危険なふたり」では♪美しすぎる~を普通に歌いかけて
♪美しすぎ…(ナイナイ)と慌てて否定
いやそこまでネタにせんでもいいからw

♪恋は邪魔さ では脚広げてた!昔ほどではないけど!

♪夕なぎの浜に~ってとこは♪愛あれば~、と歌っちゃって
曲終わりにひざまずいてお詫び
というより、なんで跪くの?と思ったら「間違えた」と自己申告
言わなきゃわからないのに~
歌詞間違いで謝るときと開きなおる時のジュリーの規準はなんなのか

今日は少し寒かったせいか
ジェラシーでペンダントを探した後、開いた胸元をささっとよせて戻していた。
指笛もうまく鳴りすぎたので、最後は音を出さずに
明石のお客様にくそっ!をご披露くださいました
そして次の曲に入る前に、タオルで指をキレイにぬぐっていたw
きわどい季節の時
鉄人さん達がそれぞれ違う方向を見て陶酔の表情をしてた
特にグレースのひょっとこ口が目に焼き付きましたw
ジュリーは自分の歌に酔うこともなく、普通に歌ってました^^
ステージの人の表情はよく見えたけど、
照明はあんまり見えなかったので心の眼で想像してました

MCは初めてジュリーを見る人向け?
どうぞお座りください疲れますから。の流れからサプリの話に
BS見てたら一日中CMしてる。
ワイルドワンズがやってたセサミンも加瀬さんが亡くなったら加山さんがしてる
ついでに加山さんの額のラインについての疑惑に
なんでああなるんですか。誰かおしえて~。と叫ぶw

どこからそういう流れになったのか
久々に宇宙開発にケチをつけ、そんなお金があったら…から
打ち上げ時に重力がかかる様子を顔芸で表現
そこから飛行士は打ち上げ前からおむつをはいてるから
肌にやさしい漏れ防止ショーツの話が延々続き
加瀬さんの話はなしー?と思ったころに

サプリを飲んでた加瀬さんが亡くなってしまって。
僕にとって大きな存在であったと思い知らされました
今回は加瀬さんの歌ばかり歌おうと思って聞いてみたら
僕が元気な頃、僕のためだけに曲を作ってくれていた
今回は新曲以外の19曲すべて加瀬さんの曲です
皆さんには押しつけがましいと思われる向きもあるでしょうが
大きな心でうけとめていただければ。と思います

ワンズは島さんがベースもギターも弾けるし
植田さんはドラムも歌もできるから、これからも4人でやっていくらしい
(いえ3人ですケド。と思ったけど
 ジュリーのなかでは加瀬さんが勘定に入ってるのね)
島さんが12弦を練習して、(イントロ口まね)やるみたいだけど
それは抜きでやるのかもしれないし

「年齢と共にやめることはいろいろあるけど
 歌えなくなるまでライブはエンドレスで続けて行きたい」
よそのレポでは伝え聞いたけど、エンドレス直に聞けて感激(≧▽≦)
私は明日も聞ける!来年も聞ける!嬉しい!
そして加瀬さんの歌も小出しに歌い続けていきますとのこと。

MC終わりからTOKIOの時に鉄人さん達が笑ってたんだけど
揃った振りがおもしろかったのか?それとも別の何か?

最後にはけるときはビールの栓ではなく
とっくりからおちょこに注ぐマネ。二杯目は客席にも勧めてくれたけど
自分で飲み干して帰っていきました~



posted by メイ26 at 22:30| 兵庫 ☁| Comment(0) | コンサート | 更新情報をチェックする

2015年10月29日

10月28日大阪フェスティバルホール2回目

2回目のフェス
前回は二階左手の袖。今回は二階右手の袖;;
前を向いたら壁ですが、横を向けば前方を遮る物はなく視界良好
でも前回より二列前だし、手すり側だからステージは近いはずなのに
前回より遠い気がする。ここ左右で距離が違うのか?
それともまた視力が落ちたのかしら~(ノД`)
(ジュリーが右手を避けていたということも考えられるがw)

10月末にフェスに来る時はFriendShipをかけるかも。と言われましたが
今日も暗転して流れてきたのは加瀬さんの歌声でした
鉄人バンドの登場から拍手、ジュリー登場にさらに熱い拍手で
「今年最後のフェス」始まりました
今日もジュリーの歌が聴けて幸せ~。こんな気持ちになったのは久しぶり

♪美し…ないない では大きな笑い声が^^
ジュリーの声は渋谷以来初めて違和感なく聞けたけど
「恋は邪魔もの」の間奏でジャーン!ジャーン!と、4回腕振るとこ
あれ?いつもこんなんやったか?私の記憶違いか
と、思ったけど、振りの方向が左右ちゃうかったみたい^^

最初のごあいさつは「まいど!おいど!おーさか!」
おいどはこのへん。という解説もありw

フェスの楽屋はウォシュレットも空調も快適だったのか(言いつけ口はなかったw)
歌声も気持ちよさげ
「胸いっぱいの悲しみ」がとてもよかった!
「許されない愛」では歌詞の一部を倒置法にされておられましたが
完璧な「甘いたわむれ」は初めて聞いたような気がするw
それでは物足りないのか、指笛スカっ→くそっ!もネタと化して
もう歌が始まってるのにやってるしw
ラストもくそーっ、で終わってありがとーねを言い忘れたので
水飲み場?に行ってから振り向いて「ありがとー!」

声が治ったので歌に専念したのか
フェスが二回目なので前回と同じでは面白くないと思ったのか
一節ごとに小芝居が減ったり
ちょこちょこ細かい振りを変えてました

ちょっと待ってねタイムも、オヤジ声に変えてうがいしてごっくん(のふり)
飲んでないし~とペットボトルに話しかけてましたが
(以前ホントに本番中にうがいしてたの見たけど、その時はがらがらがら、と音もたててた)

世界一好きなフェスティバルホール。という言葉もいただいて
大阪府民ではないけど嬉しいです^^
世界一、てどこと比べてや?と、ハワイ、香港…と数え上げ
(シンガポールもあったわね、と思ったら)
渋谷公会堂、、ナンバ一番、姫路国際シネマ…。てw

ファニーズで出演したのはもう50年前ですよ~
遠い来し方を思いつつ、
あの色紙はどうなったんでしょう、まだあるんでしょうか
と気になっておられたようなので、とりあえず画像貼っときますね
P1010062.jpg
オープンの時のツアーとその次のツアーでは正面入り口に飾ってあったけど
昨日はなかったと思う~

FIREFIGHTERの最後の咆吼は声が出るのを試しているかのように
何度も何度も。
この曲はちょっと怖いけど、後の二曲がノリノリになってきたので
新曲から加瀬SONGSへの流れもすっかり慣れました
4曲の並べ方がいいわ

アイラービューは二階は蚊帳の外で寂しい(T-T)
おまパラは横移動でなく、前へ前へとズリ出していたw
バイバイジェラシーもねじれた祈りも、自分もキャーキャー言ったけど
みんながキャーキャー言うのを聞くのも盛り上がるわー
さんざん騒いだ後の「きわどい季節」はしっとりと伸びやかで
ステージにいるのが髭ぼーぼーのジジイだってことを忘れてますw
しかも腹出てる(二重の意味で)

MCはクニちゃんではなくニクの話
思い起こせば、私は加瀬さんとの楽しい思い出はほとんど聞いてないわー
各地からのネットレポで聞いたような気になってたけど。

今日のステージに備えて昨日は肉を食べた。500g
と、あっさり言われて客席「えーーっ!?(多すぎ!)」
ジュリー「なんか文句あんの!?」
文句はないけど
67歳で1日に肉500gってどんだけ健啖なじーさんなんだ
私は500gのパック買ったら3週間ぐらいもつよ。それも薄切り;;

そしてニクの思い出
サリーの知り合いがやっている六本木のステーキハウスで
250gのこーんな(と指で示す)分厚いヘレステーキをお代わりした
250×2で500g。食べでがあったわ~(エア反すう)
ヘレは端っこに焼いてるうちにはがれてしまうような筋があって
ステーキハウスではそこを切り取ってもやしと一緒に炒めてしまう
そこが好きなので食べたいんです~
と、へんこな店主に最後まで言えなかったのがいまだに心残りだそうで
自分で買ってきて、好きなように焼いて
最後に好きな部分を食べると、とても幸せそうに語っておりました

そのへんこな店主がある日いなくなって
みんなで探したけど見つからなかった。という後日譚はなんだったのかww
ヘレは関西弁でヒレ肉。へんこは偏屈の意。わからないという声もあったので^^)

加瀬さんと共に35カ所回ってきたツアーもあと3回と思うと
寂しい気がします
偉い人が勲章もらう日にフォーラムでコツコツとライブをやって、それが仕事納め
そういうスケジュールでやっております(リハは仕事という気にならないそうです)
12月27日は日曜日なので今年は26日に仕事納めで
あとは紅白。毎年見ますよ。あれは出るもんではなく見るもん
それから行く年来る年。あれも風物詩
0時を過ぎると横浜港に停泊している舟が汽笛を鳴らしますが
近所のお寺の鐘が音が変。ボーー!の合間にコン!て
3.11の時に鐘が壊れたらしいけど、そのまま。直せよ!

もう年の瀬のようなお話の後
加瀬さんが亡くなって自分にとって大きな存在であったと思い知らされた
誰のためでもない、僕のために良い曲をたくさん作ってくれたことは幸せ
これからも加瀬さんの曲は小出しに歌っていく
皆さんも時々は加瀬さんのことを思い出してくださいね
お願いします。と三方に深くお辞儀をして暖かい拍手に包まれました

今後こういう(追悼ライブ)ことをやるとしたら…、と名前もまたあげましたが
いささか不穏当な発言もあり、ここだけの話。ということでカット~(^^;)
「歌うことはエンドレスで続けていく」という発言も直に聞けて
とてもとても嬉しかったです

フェスの暗くて深いオケピには本編では一度も降りてきませんでしたが
TOKIOと気になるお前の後半ちょっとだけ降りてきた
それで右端まで来てくれると2階でも近い!という感じがする
というか、オーケストラもいないのになんで毎回オケピに蓋をしているのかw
TOKIOの間奏の照明が全館星空のようになってとても素敵
そして片足立ちのまま腕上げ下げに突入。おお!客席どよめく!
500gの肉効果でしょうかw
気になるお前はほんっとに何度聞いても大好き!エンドレスで歌って欲しい

最後は万歳三唱ならぬおいど三唱で大阪締め!(違うしw)

「まいど!」と言われて反射的に「おいど!」
「まいど!」「おいど!」「まいど!「おいど!」「まいど!」「(まだやるんかい)おいど!」
で、「おいど三唱でした」と厳かに宣言ww
こんだけおいどを連呼したのは久しぶりです

定番になる前の練習タイムでは何度も繰り返したけど(^^;)






































posted by メイ26 at 23:36| 兵庫 ☁| Comment(0) | コンサート | 更新情報をチェックする

2015年10月22日

10月21日長岡京記念文化会館

大変ながらくおまたせされました
本来なら8月7日に行くはずだった京都府長岡京に行って来ました
2ヶ月以上遅れましたが、昼間は25度以上の夏日で
予定通り夏のライブな感じでしたw
「人生の計画を2回も変更させて申し訳ありませんが
何事もなかったようにたくさん来ていただいてありがとうございます。
一生懸命努めます」
と跪いたらジュリーが見えなくなった。前方席段差ないんかいw

1曲目はかなりイガイガ声でしたが、2曲目からはほとんど気にならず
歌もダジャレもMCも絶好調です
私はこのツアーでいちばんステージに近い席だったので
初めて、皆さんがおっしゃる曲ごとの細かい動きを確認できました
ウインクは右目でちゃんとしてた。左目は細いけど開いてたw
そして短い夏の恋に悲しむことを気にかけていただいて
新しい幸せを祈っていただきました^^

許されない愛とか胸いっぱいの悲しみのエンディングで
逆ガッツポーズみたいな、腕を下へ下げるポーズがカッコいい^^
おまパラは広島がいちばん力入ってたけど、今日も唇かみ切りそうだった
そして「白い部屋」♪ふざけながら踊って見せた のところでは
加瀬さんのシャラ踊りが見えるのか、いつも泣いてしまいます

喉はもうあれで固定されてしまったのか
死んでもいいの♪はぁいのはぁいのはぁいのため~は蘇ったけど
邪魔ものの♪あっはぁ~ん~ はやっぱり色っぽくない(´д`)

グレースのコーラスマイクが音が小さくて
♪ニーナ~など、ほとんど聞こえなかったですが
「夕なぎ」で急にボリュームアップ!こんな激しい曲だったかw
このツアーで聞くたびに好きになっていく曲ナンバーワンです
(他の曲はもともと好き)

ちょっと待ってねタイムでは
けほけほがらがらカーーっ!と、一通りオヤジ音を発して喉を整えて?から
寒なりましたね~
京都駅に着いたらさぶっ!山本周五郎!(シャレが高尚すぎて一般ウケせず)
♪忘れて忘れてわっすれて~、と言いながら
さぶという映画に出たんですよ (←山本周五郎原作w)
から、芝居続きで春団治の話になって
「大阪のおばちゃんウルサイ!」
芝居やのにアイツが悪いんやアイツが!って、聞こえるんですよ
芝居やっちゅーねん!私は普段はいい人なんですよ
悪人を演じるときはとことんやらなあかん
みんないい人を残しすぎる
…と怒って、てれてれ歩いてたら、曽我廼家文童さんが
「あんだけ気い入れて見ていただいてよろしいなあ」言われて。

そこからどうやって新曲に持っていったのかもう忘れてしまいましたが
テンションの高さは最後まで持続していたw

なお、席は下山さんのマイクの正面でしたが
前列の人ですっぽり覆われてしまってなにも見えませんでしたが
たまに前に出てきた時、細いネックレスをしていたのは確認
カズさんはいつもの盛り上げヘアではなくて
筑紫哲也みたいな8:2分けになってたー
そしてジュリーの銀髭はぼーぼーで板垣退助になりそうだったので
(加瀬しゃん、おイタするならジュリーの髭をカットしてください)
と、祈っておりましたが
ウインクの♪あいらーびゅーとあいにーじゅーでごまかされてしまいました
そしてバイバイジェラシー間奏の高速ダンスにはキャーキャー

…毎回この二曲歌ってくれたら髭のことは忘れるかも~

指笛は大変キレイに出ていたのですが、4回ぐらいわざと?音出さず
くそっ!をやりたいだけみたいなw(かわええ言われたからか)
バッチュのラストはちょっとチュっと間違えかけたけど大事に至らず
ねじれの肩胛骨回しも絶好調(^^;)
高松ではきれいだったきわどい季節でちょっとイガイガが出ましたが

アンコール

わらわらと立ち上がるお客さんに
「どうぞ座ってください。女の人は骨粗鬆症になりますよ~」
まではおきまりでしたが
「私もこの体型になってまた人気が出ましたが
そういえば皆さんも私と同じような体型の方が増えてきたようですが」ってw
「私がこうなったのは食べるからです!」
から
若い頃はやせの大食い。今も三条にある珉珉に先輩に連れて行ってもらって
12人前食べた。当時は今と違って1人前7個や!いつから6個になったんや!
7個×12人前でいくつや、早く計算しなさい!(と、なぜか怒られる)
もっといけたけど、先輩が時計見て、沢田もう行くぞ!どこ行くんですか?パチンコや!
から手動式のパチンコ動作を再現しているうちに京都弁スイッチが入ったようで
そこから話の段落ごとに「お兄さんおおきに~」を連発ww
(えー、今日は加瀬さんの話なし??)と思ったら
そんなこんながあって今の僕があってお兄さんおおきに~
…と言えば加瀬さんですが。(って、展開無理すぎやろw)

神戸の時には泣いてしまったトリさんからの電話のエピソードも
「二人して泣いてしまって~お兄さんおおきに~二人ともガラケーや」
と、笑いをとれるようになったのはきっといい傾向なんでしょう(^^;)
思い出を共有できる人とあれこれ語るのがいちばんの供養ですね

お兄さんおおきに~、おねえはんおおきに~、と舞妓さんみたいにくねりながら
このツアーが加瀬ソングスになったいきさつも語り
「誰のためでもない、僕のために良い曲をたくさん作ってくれて
 会社とも井上バンドとも戦ってくれた」
パラシュート出したら井上バンドは俺ら映らへんからと、やめてしもて
井上さん堪忍~大野さん堪忍~。速水清司もごめんな~(なぜそこだけ普通)
聞いてる方もわけわからんながらもおおきにな気分になってきたところで

「加瀬ソングスあと三つです!」

と、グレースも大笑いしながらTOKIOに突入☆☆
TOKIOの♪見つめていると死にそうだと~で苦しそうな顔をしたり
♪くわえたばこで~、を咥えたまま歌っているのは
前方席でしかわかりませんよ~。小芝居すぎ;;
骨粗鬆症はいつも心配していただいてますが
わたし五十肩ヤバイ!今までライブにはまったく支障なかったのに
TOKIOの腕上げ力入れられへんかった
でも気になるお前はどうもなかった。なぜかしらー
そういえばジュリーも右の肋骨のあたりが痛いと言ってて
「東方小結いたい」ってワタクシ理解できませんでしたが
大相撲の小結で板井って方がおられるんですか? 本日のギャグマニアックw

お互い痛いながらも楽しく終了して(海に向けてはちょっぴり泣いた)
はけるときも
「おおきに。お疲れさんどす~」
と、最後まで京都弁スイッチはいったままでした

めっちゃ楽しかった。おおきに~
前方席は音もよく聞こえてよろしおすな~



楽しい歌の数々

危険なふたり                 
恋は邪魔もの           
許されない愛          
死んでもいい         
白い部屋           
追憶               
あなたへの愛         
胸いっぱいの悲しみ     
おまえがパラダイス      
夕なぎ            
泣きべそなブラッド・ムーン   
涙まみれ FIRE FIGHTER    
こっちの水苦いぞ      
限界臨海            

ウインクでさよなら       
バイバイジェラシー      
甘いたわむれ               
恋のバッドチューニング
ねじれた祈り   
きわどい季節      

TOKIO           
気になるお前       
海にむけて            









posted by メイ26 at 19:12| 兵庫 ☁| Comment(2) | コンサート | 更新情報をチェックする

2015年10月16日

10月12日高松サンポートホール



ひっそりと高松に行っておりました(^^;)
1872.jpg
高松城跡の展望台から見たホール(二つの高いビルの間にあります)
右側のホテルの中では芋煮会が行われていたようですが
屋上では結婚式が行われていました
下の道を歩いていて、鐘の音が聞こえて気づきました
1882.jpg
それはともかく

播州は秋祭りシーズンだし、クライマックスシリーズもつい見てしまったりで
すっかり旬を外してしまい、もはや記憶も定かでありませんがw
声は渋谷で聞いた時よりは良くなっていたし(福岡ではさらによくなっていたらしい)
私がここまで行って来た中でMCは最長でした

休みがとれたのが一ヶ月前だったので、それから買ったチケットは2階最後列
…と言っても、2階は6列しかないので
ステージとの距離はそんなに遠くないです。どセンターだったし^^
クラシックの劇場みたいに、前後は短く高さのある造りで
キャパが1500なのに3階もあったのね~
後ろは壁なので誰に遠慮することもなく、マイペースで楽しめました

このツアー初めて双眼鏡で見てみたけど
確かに頬の下の膨らみがしぼんで、いっときよりは痩せたみたい
お酒飲まないとやせるのか~(あくまで当社比ですが)
まず予鈴で拍手。暗転で拍手。バンド登場で拍手。
と、地方のわりには熱いお出迎え
渋谷のようにずっと鳴り止まない拍手というわけではなく、短かったけど
ジュリー登場の時にはさらに大きな拍手と歓声でした^^
それを受けてかどうか
最初の♪ちょっと待ってね♪タイムで「高松の方は元気ですね」と
大声での声かけもあったけど、軽くいなしておりました

オープニングは今日も「僕たちほとんどいいんじゃあない」
FriendShipをかけると“何を拗ねてるのか”
加瀬さんが出てきてイタズラをするので、かけないことにしたって。
えー、大阪の2回目も聞けないのかなあ(´д`)
加瀬さんはこのツアーに「ずっとついてきてる」そうですが
いいじゃん、イタズラの一つや二つや三つ四つ(^^;)
元気な高松は一曲目の「危険なふたり」から大盛り上がり
年上の人美し…(ナイナイ) も大ウケでした^^
いや皆さん美しくないって言われてるんですよー。自分は違うとか思ってませんかー
私は年上の女じゃないから関係ないけどーw

「恋は邪魔もの」の♪あっはぁ~ん が喉のせいで色っぽくないのが残念ながら
高松は予定通りの日程だったので
「いろいろありましたが、予定通りこの日を迎え、グレースも無事に生還してきました」
と言われるまで、グレースが病気だったこと忘れてたわw
ジュリーの風邪の方が重大事になってしまっていてすまぬすまぬ(^^;)
そして今日も「一生懸命努めます」と跪き。

一階席はずっとスタンディングだったけど、二階はほぼ着席
私も最初の二曲は立ったけど、特によく見えるということもなかったので
そのまま新曲まで座って楽してたすまぬすまぬ(^^;)

声はまだかすれ気味だけど、動きはキレッキレ
着席ながらも二階席がいちばん盛り上がったのは「おまえがパラダイス」でした
エンディングの歓声が本日サイコー!
次の夕なぎは???みたいだったけど(・∀・)
開演前に見たところ、私の前方の方々はジュリーと同世代な感じで
久しぶりに来て見違えたのか「ちょっとした表情がやっぱりジュリーやわ」
とか納得してはるしー(ちょっとしないとこはちゃうのん?とツッコミつつ)

しかし私にとっては怒濤のヒットパレード
怒濤過ぎて一曲ずつ味わうひまがないほどでございます。でも楽しい
そして新曲前の休憩タイム

暑うござんすねえと言いながら、いつもは暗いとこでやってる汗ふきを
センターで、ごしごしガシガシどんだけこするねん?というほど拭きまくるので
当然笑いがおきると「何がおかしいんですか?」
と言いながら最後に髭も拭くw
髭はもうぼーぼーで、上から見るとアゴに毛玉がついてるみたいです
もうちょっとカットしないと飲み食いの時に汚れませんか?と気になる長さ
その分、髪はカットしたのかボリュームが少なくなったような…
カズさんが盛り上げすぎなんだと思うけどw

それからヤク切れみたいに手をぶるぶる振るわせながら
「ガソリンがきれかけてる…」と、ごくごくごく。ほんまに休憩タイムw
高松はずいぶん久しぶり。皆さん大きくなられましたね
私もこんなに大きくなりました、
もう67歳ですから。に、「へえぇ~」という客席の反応
ここでもわりとしゃべってくれたけど、もう記憶がありませんので
祈りを込めた新曲へ(・∀・)

FIREFIGHTERの最後えらい吼えまくってました
限界臨界の最後は無声音みたいな。いや聞こえてるから音はあるのか
手拍子ができるような曲調ではあるので
次のウインク~ジェラシーの流れにも戸惑わなくなりました
あなたに出会ったトキメキでシャツの中に手を入れるのはなかった
また油断して風邪をひいてはいけないとがっちりガードしてたのか

指笛は歌声よりキレイに(!)出ていましたが
2回ほどスカッ!とさせて(くそっ!)が見られたのはお得だったけど
わざとらしさもちょっと感じたのは私だけかしらんw
フェスも渋谷も二階だったけど、どちらも斜め方向からで
初めて真正面から見た「ねじれた祈り」の照明がカッコよかった!
ジュリーもカッコよかったけど(^^;) ←言うとかんと拗ねるやろw
「TOKIO」の星空照明もちゃんとありました
「きわどい季節」はきれいな声でよかったわ~

そしてアンコール

立ち上がろうとする一階席の方に「どうぞそのままお座りください」
「見るのも疲れるよね~。いつまでやるの?おトイレ行きたいのに~」
と、トイレを我慢するおばちゃんの下半身を実演
なんでそんなリアルなんやw
そしておむつをあてる仕草で「もう装着ずみですか」と言い
「今不適切なことを申しました」と深くおわび(^^;)

そこからいきなり加瀬さんの話
鳥塚さんからの電話の話ではまた泣きそうになりました
自死だと簡単に発表されてしまったけど
その後いろいろ話を聞くと、どうも事故だったのではないかと。
ここだけの話といいながら各地で話してますが
何度も話すことでそれが真実になるのかも…

40年以上の歌手生活の半分以上プロデュースしてくれて
このツアーもいつものようにヒット曲は小出しにしようと思ったけど
加瀬さんの曲だけでワンステージできるほど
僕のために良い曲をたくさん作ってくれた
ワンズは爽やかで健康的な感じ。僕は薄暗い?適当じゃないな。
陰がある?カッコよすぎやん
だるい?年寄りみたいやけど
ワンズの外側で僕にはいろんなことをさせてくれた
やりすぎて井上さんや速水さんが見限ったのがTOKIOの時
パラシュート出したらバンドは前にいられなくて後ろにかくれてしまうし

でも結果的にはそれでよかった
あのまま音だけにこだわってたら今こうなってはいないと思う
パラシュートの後で救急車出したら自分が入院したり
(このネタ久しぶりに聞いた~(^^;)

人気が沈んで言った時は、ジュリーがやりたいことをやればいいんだよと言われて
何がやりたいんだろうと考えてみたら、歌うことやと
テレビに出るんじゃなくてこっちから出向いていってやればお客さんは来る
(これがいつごろのことかわかりませんが、ナベプロでの最後のツアーの時
 僕はなんのために歌ってきたんだろう、と語ってたことがあった
 でもみんな笑って聞いてたら「人が真面目に話してるのに」と怒ったんだった)
モットーは「セットにお金をかけない」「バンドに人をかけない」
うちベースがいないんですよ。キーボードがベースの音を出してる
それで私にはベースの音が聞こえるんです

人気が沈んでいって「あの人どこいったんやろ」と思われてたけど
還暦ドームで「まだおったんや!」と来てくれた^^
ドームでやろうと思ったのも、加瀬さんが武道館に呼んでくれて
ひさしぶりに広いところでやると気持ちよかった
で、ワンズが武道館なら自分は東京ドームや!と
だから、また人気が出たのも加瀬さんのおかげ。加瀬さんには感謝しかない

ということで、「あとみっつです~」
二階ではTOKIOより気になるお前の方が盛り上がりました
そして「海にむけて」をきれいな喉で歌い上げ
最後はマイクをビール瓶に見立てて
しゅぽっと栓を抜きながら帰っていきました

「気になるお前」で下山さんぴょんぴょんしなかったなーと思ってたら
カズさんの高速お手振りもなかった二人とも芋煮の食べ過ぎかーい( ̄▽ ̄)ノ

ジュリーはとっても元気でした

明るいうちから始まって、まだ時間も早いけど秋の日はとっぷり暮れていた
1883.jpg

















posted by メイ26 at 22:46| 兵庫 ☀| Comment(4) | コンサート | 更新情報をチェックする

2015年10月05日

10月4日渋谷公会堂3daysラスト

ラスト前.jpg
渋谷公会堂にお別れをつげに行ってきました
開場前から渋公前では記念写真をとる人達でいっぱいでした
そして公会堂の中は、始まる前からジュリーファンの熱気でいっぱい!!

外観は昔のままですが、内装はリニューアルしてたのね~
このきれいなホールは今日が最初で最後
壁が緑のタイルだった20数年前に何度か訪れただけの私には
二階センターブロックの最前列はお別れに立ち会うには
ちょうど良い場所だったかも(^^)
客席にいたタローとサリーの姿も、上から確認いたしました

開演時間になって暗転したとたんにすごい拍手
今日こそFriendShipが聞けるかなと思ったら、加瀬さんの声でオープンでした
鉄人バンドが登場すると、拍手は一段と大きくなり
ジュリーの姿が見えたらさらに大きく割れんばかりの拍手

「危険なふたり」の第一声を聞いたとたんに
わっ!ひどい声>< と思いましたが、そんなに苦しそうな感じでもなく
♪美しすぎ…(ナイナイ)♪のパントマイムも神戸よりずっと元気そうで
逆に今後はこの声で定着してしまうのでは。と心配になりました(>_<)

しかし聞いてるうちにだんだん耳が慣れてくるのか声がよくなってくるのか
もともと今の声で歌う新曲で喉が休まるのか
その後の曲は最初よりずっと楽そうに聞こえました

初めのミニMCで
「渋公に別れを告げにきていただいてありがとうございます」と挨拶
「一生懸命つとめます」と跪き。

新曲前の休憩タイム?には
なぜ(渋公ラストが)僕に話がきたのか。他にいなかったのか。
たまたま3日間空いてたからか。
ここ10年ぐらい3DAYSをやってなかったから、ここを乗り越えないと。
と、思っていたのに風邪をひいてしまいました」
「河内長野から神戸に移動するときに油断してしまって。
でも油断しているときには油断だと思わない。そう思っていたら
首に何か巻くとかしたのに。まあ巻いてはいたけど」

で、その翌日から約2週間禁酒しているそうですが
お酒飲むのは喉に悪いの?願掛け?
いままで禁酒したのは、祭り前の願掛けと胃潰瘍で倒れた時ぐらいだけど
「飲まなくても大丈夫!アルコール依存症でないことがわかった!」
と、エバりつつお水を飲んで、なぜか「ありがとうございます」から
「すべての被災地に祈りをこめて」歌います

ブラッドムーンみたいな赤い丸いライトは二階席ならではの眺め
限界臨海のサビ部分はデモで歌えばいいのに
「〇〇やめろ」より「愛と平和ください。生きる希望ください」の方が切実
アンプと照明をガンガン使って「節電しよう」はシュールやけどなあ
とか思いつつ

甘いたわむれでは指笛不発(^^;)
でもその都度(くそっ!)の身振りが3回も見られてお得~
最後はうまく鳴らせなかった指をタオルでごしごしふき
そのタオルを投げ捨てたあと、客席の方を向き(どやった?)みたいな
いや、二階からは表情は見えなかったけどそんな雰囲気ね
で、歓声が上がると「ありがとー!」
という小芝居に進化していましたw

バイバイジェラシーの高速ダンス?の嬌声がすごいすごい
その時、演奏も高速回転しているように聞こえたのは気のせいか?
ねじれた祈りにいたってはイントロだけで悲鳴があがる(-∀-)

そして話には聞いてたけど、客席の一糸乱れぬ反応がすごい
腕上げ体操の時間には手拍子がぴたっ!と止まるので
マイペースな私も手を叩いていられないほどの圧力ww
2階1列でも座れコールもなく私語もなく、拍手と嬌声だけっていいな~
TOKIOの指さしなんて
上から見ると一階の人の動きが揃いすぎて気持ち悪いほどw
(二階の動きは俯瞰されることはないからいいのよ)

あと、神戸ではあまりなかった
ジェラシーとウインクでのパントマイムが細かくて楽しかった^^
小芝居はないけど、おまえがパラダイスの♪唇なら噛んで~のとこ
唇かみ切りそうな勢いだったり
声はかすれても、、ラスト渋公にかけるパワーが漲ってました

そしてアンコール

加瀬さんの追悼にお客さんを付き合わせて申し訳ない。という以外は
加瀬さんの思い出よりも渋公の思い出語り
取材が来ているときは個人的な思い出は語らないことにしてるのか。
神戸の時は泣かれたし、私は加瀬さんの楽しい思い出をあまり聞いていない;;

その代わり客席に来てくれたサリータローにちなんで
タイガース時代の渋公の思い出
当時はある程度観客動員ができないと使えなかったそうです
たくさんの思い出がある中で、2月26日の雪の日。

アンプの調子が悪い中、一所懸命歌っていたジュリー
当時は歌詞を間違えることもなく、がんばっていたのに
楽屋に帰ると、Kつみに「オマエ、あんな下品なことするなよ」と言われ
言い返しているうちにつかみあいになり、
そこへ割って入ったのが岸部おさみ。岸部一徳さんです
彼はKつみの首をつかみ
「お前ら、ええかげんにせ~~!」とぺらぺらの座布団の上に投げ飛ばした。
身長180㎝以上のサリーにかかっては、こんな(と、腰ぐらいの背丈を示し)
Kつみはグウの音も出ません
それを見たタローが「二人とも暴力はやめろ!」とKつみに向かって言い
それが脱退につながりました。タイガース226事件です。

と、しめた後。
「そういうことは何回もあったけど話は尾ひれはひれついてますからね~。
日付は違います。2月26日ではありません」
と言ったけど、タローの言葉もとってつけた尾ひれのような気がする~

20数年ぶりに渋谷へ行く私は前日に渋公周辺の地図を見ておりましたら
すぐ近くに226事件の慰霊碑があるんですね
たぶん、それにちなんで話を作ったと思われw
でもジュリーが先に手を出したのに、サリーがトッポを首投げした話は
ジュリー三昧でも言ってたので事実だと思います(^^ゞ
ジュリーのライブが終わった翌日には関係者を集めてセレモニーがあり
翌々日には解体が始まるというので
「みなさんも帰りしなには見納めて帰ってください。
 といっても、どこを見たらいいのかw」
で、渋公にお礼を言わないと、と四方八方に歩いて行って
それぞれの方向に「ありがとうございます」とお辞儀
これはラストの挨拶の時にはバンドのみんなも一緒にやりました
フェスの解体の時は最後でもなかったからか、こういう儀式?はしなかったので
渋公LOVEだなあ。と羨ましくなりました
カーペット(地がすり、というそうです)がしいてなかったら
床にチューをしたいほどだそうです~
そして新しいホールも、老人の足腰にやさしい木製のステージにして欲しい
とのご意見ご要望も伝えた後

「あと三つです~」といいながら指を四本立てたのでちょっと期待しましたが
いつものように3曲歌った後、関東一本締めで締めてしまったので
それ以上のオマケはありませんでした

TOKIOの間奏では両側の壁に星空のような照明
初めて見たような気がするけど、渋公特別バージョン?
気になるお前ではシモ山さんがはるばるカズさんの隣まで歩いて来てました
(どうでもいいけど、カズさんは一字なのに私がいちいち下山さんと書くのは
 シモさんだと阪神タイガースOBの下柳さんと紛らわしいからさー)
海に向けて、は夕焼けと青空が混在してたけど涙ぐみながら。

そして、一本締め。メンバーと共に四方八方へのお礼を持って
ジュリーの愛する渋公とついにお別れしたのでした
終了後もアンコールの拍手が鳴り止まなかったけど
2,3回アナウンスが入って、ようやく私たちもホールを後にしました
でもまだ立ち去りがたいファンはあちらこちらで名残を惜しむのでした
ラスト渋公.jpg

渋公はいったん終止符を打ったけど、ジュリーのツアーはまだまだ続くからねー
次はうどん県に行きますよー














posted by メイ26 at 20:09| 兵庫 ☁| Comment(6) | コンサート | 更新情報をチェックする

2015年09月25日

9月22日神戸国際会館

日付が前後しましたが、9月はもうライブがないのでゆっくりと
神戸のジュリーの思い出

位置的にはピーのお誕生会と同じとこらへんで
一番端ではないけど、ジュリーの横顔しか見えない席でした
センターを見ていても左側(カズ手)を見てるみたいでさびしいのに
ほとんどセンターから動かなかったなあ

「ありがとう、サンキュー、ありがとうね」は左右真ん中平等だったから
右側が見えてないわけじゃないのに~
後で「熱がある」言うてたから、体調が悪かったのかな

しかも。新曲前のMCでお水も飲まずに話し出したけど
なんで横浜弁?ここ神戸よ
別にでんがなまんがな言わんでもいいけど
アクセントも終始関東風。非常によそよそしく感じました;;

熱のせいか連チャンのせいか声は時々裏返ったりしたけど、まあ標準仕様です
歌に影響を及ぼすほどの体調ではなかったようです
歌唱中のお遊びが(私的には)少なかったな。ぐらいで
年上の人美し過ぎもやんわり否定された程度でw(でも肯定はしない)
「きわどい季節」はうっとりするようないい声でした

そして今回とっても好きになった「夕なぎ」
コバルトは当時私のいちばんお気に入りだったからレコードは持ってるけど
CDと違ってレコードはいちいちひっくり返さなあかんから
いつもいつも両面聞いていたわけではないと思うのに
ジュリワンの「セシリア」を聞いて、あれ?これジュリーの歌と同じ?
と思ったのはなぜだか謎
ツアーで聞いたのは初めてだと思うけど、TVで歌っていたのかしらん

限界臨界の最後はフェスの時は絶叫に近かったけど、今日は低めのトーンで
こち水のエンディングは、そういえば初めてこっち向きで見た
どやポーズという感じではなかった
下山さんのアコギはずいぶん前屈みで弾きにくそうだった

「涙まみれFIRE FIGHTER」を聞いていつも脳裏に浮かぶのは東北ではなくて
消防士が水の出ないホースを持って呆然と炎をみつめている神戸市長田区の風景
私は無力感で言葉も失うけど
ジュリーはあの風景から歌を作ろうと思えるんだなあ
いつもここで固まってしまって呆然と照明を見てしまうわ
ブラッドムーンがいちばん素直に聞けるかな

ジュリーにとっては聞いて欲しいのはこの4曲で
加瀬ソングスは“押しつけ”なのかもしれんけど
料金を払って観に行く方は何を楽しみにしても自由よね

ということで。
ウインクもジェラシーもたわむれも遠慮無く堪能しますよ^^

国際会館の一階席前方は階段でなくスロープなので
足の先に力を入れてないと立てない。
ジュリーに「座ったら?」とか言われても、
膝から下が固まってしまってすぐに動けないのよ(^^;)
なのでアンコールからMCまでは座っていようと思ったけど
前の人が立つとやっぱり見えないので、よれよれと立ちかけたら
「どうぞそのままで。今まで休んでたのに、出てきたからといって急にもぞもぞせんでも」
と言われたのでありがたく座り直しました(^^;)

そして前置きなしに加瀬さんのこと
でも「亡くなってもう10年になりますが」と。一応前フリをw
こんなにも僕にはたくさんのよい曲を遺してくれて
ワンズにも良い曲がありますが、ワンズは明るくて健康的
僕にはおもしろがっていろんな曲を書いてくれた
先輩ではあるけど、プロデューサーでもあって、ともに歩んだ日々を愛おしく思います
僕の勝手な思いでこういうコンサートにして申し訳ないとも思うけど
供養と思ってご了承ください
自死だと言われているけど、そうではないと僕は信じています
加瀬さんはもっと生きてステージに立ちたかったんだと思う。と

加瀬さんが療養中ってことを知らなくて
元気がないって聞いてmail送ったけど返事もこなかった
自分はお歳暮を必ずするからそのお礼がわりに年賀状をもらって
また飲みましょうと年賀状を後だししたけどそれにも返事がなくて
そうこうしてるうちに亡くなってしまった。

訃報はジュリーにも突然だったみたいで
鳥塚さんが「(ジュリーに知らせるのは)僕の役目だと思うから」
と電話をくれた時は、電話口で二人で大泣きしてしまって
と言いながら、涙がこみあげてきました
すぐにのみこんで「ごめんね」って言ったんだけど
それまでずっと私からは向こうを向いて話していたのに
そこだけこっち向くんだから~。赤い目して;;
そりゃ私も泣いちゃうよ

その時に「今日は熱があるから(感情が)あふれてきたんだと思う」と
熱があると言われたら(ええ~大丈夫?)という空気になったので
「熱がなかったら死ぬやん」と笑ってごまかしてました

母親が死んだときは離れて暮らしてたし、
悔しいという気持ちの方が強くて泣かなかったのに
(その電話の時は)自死だと聞いたから余計に。
あの加瀬さんが、よほど辛かったんだろうと思って泣いてしまったそうです

私も報道を聞いた時は信じられなくて。
医師が最期を看取らなければ検死を受けるのですが
解剖をしない限り、死因は推測でしかないし
事件性がなければ一度ついた診断は訂正もされない
持病がある人でも病気の影響は考慮されなかったし
病死と判断する痕跡が見られなかったんだろうか。
とあれこれ考えましたが
ジュリーも知らない加瀬さんの病状を私が想像できるはずもなく
日頃の状況から判断されたのかと思いました
家族はその時は動揺してるからそのまま受け取るしかないけど
後からああだったかもしれないこうだったかも。と考えてしまうんだろうな

加瀬さんの思い出以上に、ジュリーの涙にしんみりして
あと3つです!
の後のTOKIOはさすがにもう飽きたとは思えなかった(´д`)
TOKIOで涙ぐんだのは初めてでした

アンコール曲は熱か涙か老化かわからないかすれ声もありましたが
「気になるお前」は永遠に飽きないSONG
海に向けてで舞わせるために伸ばした腕が
私の席からはジュリーの顔をすっぽりかくしてしまい
ひらひらする指しか見えなかったけど
「すぐに会おう」きっと!のこぶしがとても力強かった

最後はいつものように。
ニコニコつーん!から立ち止まってまたニコニコだけど
その時
袖でなんかるんるん~♪みたいに可愛く踊って?ました^^
やっと終わった~。みたいなw

そしていつものようにカズさんに高速お手振りして帰りましたよ
といいたいけど、国際会館のエスカレータ口大混雑。
エレベーターも階段もあるのに誘導もしてくれないし
会場を出るのにえらい時間がかかりました
こんな時に何かあったらどうすんのよね、と
最後はぶーぶー言いながらホールを出たのでした。

神戸ではたいしたことなかったようだけど
次の札幌ではまた熱が上がっちゃったみたいで(>_<)
もう一万歩も歩かなくていいから、ちゃんと養生してね~



posted by メイ26 at 21:40| 兵庫 🌁| Comment(2) | コンサート | 更新情報をチェックする

2015年09月24日

西成お誕生会続き

(正式タイトル入力するのめんどくさくなりましたw)

スクリーンに環状線の路線図を出して、まずはナンバ一番の話から
ピーが唐突に「酒と泪と男と女」を歌います。が。
♪忘れてしまいたいことや~
と歌っただけで絶句w
音楽止めて。と合図しても無視されてカラオケだけが流れるので
お客さんが歌い出したけど
やっぱり自分で歌いたいらしく、再度音楽やめ~。の合図

「忘れてしまいたいことを歌ったら歌詞を忘れてしまってどうしようもない」
と、やっと思い出して再開♪♪

さて、ナンバ一番と言えばこの方
リンド&リンダースの宇野山和夫氏がゲストですが
そもそもピーはこのイベントの前夜に北京から戻ってきたそうで
打ち合わせもなく、てれてれと思い出話が続くので
MC坂田氏が寄り道する二人を何度も正道に戻しながら聞いた話

少女フレンドのタイガース物語に登場したチャコねえちゃんは実在の方で
フロア係?だったのかな
クリームぜんざいが好きなピーにあんこをサービスしてくれたり
時には奢ってくれたりしたそうで
そういう細かなことがうれしいんですよ~。
そして宇野山氏の奥様は呼び出しをなさっていたそうです
(呼び出して。相撲かw アナウンス?)
でもファニーズがやめてからなので接点はなかったとか

W田A子さんもファニーズの後に出てきたので
ピーはまったく知らないと言ってました
ナンバ一番は天井がとても低くて
安岡力也さんは雲をつくような大男なので、頭がつかえそうでしたが
W田さんはそこまで大きくない。ともw

仕事の後はよくいづもやで食事して
鰻のまむしを見て「鰻が入ってない!」と大騒ぎして恥かいたとか
サリーが当時の鰻の値段をよく覚えているとか
ピーの著書などですでに公開された話もありましたので
未公開(と、私が思った)ネタだけにしぼります

もっとも、著書をもらっても神棚にまつったままにされているかたは
ご存じないかもしれませんけど~(^^;)今から読んでくださいねw

クリームぜんざいが好きなピーはぜんざいも好きなので、法善寺つながりで
2曲目♪「月の法善寺横町」
台詞は宇野山さん
「わてはあのときからピーさんが好きになってしまいましたんや」
そういう仲やったんか~。カルーセルのお店の方ですか?
って、もう地元ネタというか内輪ネタというかw
でもピーの著書を隅から隅まで熟読していれば理解できるはず~

そして地元明月荘へ。宇野山さん直筆の部屋割り表つき。
当日私も見に行って来ました。ききしにまさる荒廃ぶりです
1725.jpg
壁には補修の跡が見えましたが
玄関がゴミだらけだったのが悲しい(T_T)
植え込みに立ち入り禁止の消防庁の黄色いテープが巻かれてました
1723.jpg
ここに5人プラス宇野山夫妻その他大勢が住んでいたのねえ
一時期奥村チヨさんも住んでいたそうです
お向かいもすぐお隣も真新しいのに、ここだけ時間が止まったような
といいたいところですが、正直、もし隣に住んでたら怖いと思いますよ
いつ倒れかかってくるかしれないもの

しかしピーにはもちろん、音楽の原点とも言える場所
この建物を「彼」と呼び、
周囲が皆建て替えられても、彼は崩壊もせず僕が戻るのを待っていてくれた。
と愛おしそうに語っていました

当時ジュリーの部屋には冷蔵庫がなかったので、宇野山夫妻の部屋に
ファンからもらったチョコレートなどをあずけていましたが
奥様はそれをこっそりいただいていた。と3日前に御夫君に告白されたそうです
衝撃の告白第一弾でしたw

そんな明月荘を出て東京に行く前夜にふさわしい歌
♪「王将」(明日は東京に出て行くからは~。で始まる)
久しぶりに聞くと、やはり名曲やなあと思いますが

坂田「王将て、餃子ちゃうのん」
ピー「餃子は珉珉やん」
宇野山「ちっちっ!何をおっしゃいますか。餃子と言えば?」
客席「味奉行!!」(←宇野山さん経営のお店w)

って、台本もないのに息の合ったコントができてしまう関西人(^^;)
いちばん西成のイベントらしいと思った瞬間でしたw

一部最後は京都植物園でのファニーズお別れ遠足と
京都駅からひかりに乗って上京する彼らを見送る動画
当時8ミリで撮影された映像をFC会長さんが大事に保存してくださっていた
貴重な映像です
以前youtubeにも上がっていたけど
ジュリーの25周年記念特番「美しき時代の偶像」に出てたんだっけ?
前にどこかで見た覚えが。

このとき見送りに来ていたトッポのおばさんに当たる方が
ピーのお姉さんが小学生の時の家庭科の先生というのは聞きましたが
その続き
その藤原先生の転勤先で受け持ってもらったのがMC坂田氏の奥様だそうで
あちこちでいろいろつながっていたんですね
京都は狭い!(・∀・)

ということで一部終了。休憩の後は前記事の通り
地元中学生のコーラス、バースデーケーキ、ピーの撮影会などと
順調に進行して
最後に、大阪出身のBOROの「大阪で生まれた女」を
「大阪で暮らした男」として歌詞を作り直して歌います

覚えてる範囲では
♪叩き疲れたライブの帰り たどり着いたら三畳の部屋
 仲間に無理させたかなと思ったら泣けてきた
 大阪で暮らした男やけど西成の街を出よう
 大阪で暮らした男やけど東京に出て行こうと決めた
 大阪は夢の翼広げた街
というような感じで熱唱!(ちゃんと聞きたい人はこの日収録されたDVDを買おう)

で、歌い終わったら「(あの頃のことが)昨日のことのように思えて…」
と、涙がこみあげてしまいました
それを見てまたもらい泣き。まさか二日連続でジュリーとピーに泣かれるとは;;

この後か、最後の電撃発言の後かに
「ずっとまっすぐに生きてきて。まっすぐにしか生きられないけど、今後もよろしく」
というようなことを言われました
いろいろ動揺していたのでハッキリ覚えてません(^^;)

アンコールの流れも忘れちゃいましたが

♪「楽しい時は歌おうよ」歌唱&ピーダンス
恒例の投げキッス
衝撃の結婚報告

が順不同で、新曲「三日月」もちょっと歌ってくれました
最初はどうなることかと思ったけど
(たぶん予定通り)2時間ほどで終了しましたww
今にして思えば、ピーは最後の報告のことで
最初から気持ちが上ずっていたのかもしれないけど
あれがデフォルトかもしれないしw

とにもかくにもご結婚おめでとうございます
ピーの老後がずっとずっと安泰であるように、心からお祈りして
お祝いの言葉とさせていただきます
会場には全国からいっぱいのお客さんが集いました
ホール.jpg



















posted by メイ26 at 19:46| 兵庫 ☔| Comment(10) | ピー my love | 更新情報をチェックする