2017年10月06日

ラジオ深夜便

昨日というか、今朝の未明
NHKラジオ深夜便で2時から3時までジュリー特集がありました
私は初めて聞いたのですが
ジュリーの50周年ということで、春夏に続いて3回目とか
1回目はタイガース時代、2回目はソロ初期の特集で
今回は昭和50年代の曲が中心
出勤の日だから最後まで聞く気はなかったんだけど
結局聞いてしまって、3時間寝ただけで出勤した;;
かかったのは次の10曲。
短いコメントのつく曲もあれば作詞作曲者の紹介だけのも
半分寝てたのであんまり覚えてないけど

勝手にしやがれ
 阿久悠さんが、このタイトルの映画から足かけ8年構想を練っていた曲
 沢田研二を待っていてよかった。と言われたそうです
ヤマトより愛をこめて
 さらば宇宙戦艦ヤマトのエンディングテーマとして使われました
カサブランカダンディ
TOKIO
 赤と白のパラシュートが目に浮かびます
ストリッパー
おまえにチェックイン
6番目のユウウツ
色つきの女でいてくれよ
 タイガース再結成。この年は瞳みのるさんは参加しなかったけど、
 2013年ついにオリジナルメンバーでの再結成を果たしました
 タイトルの「色」は華やかな色ではなく、いくつになってもときめきとか
 淡い思いを忘れないでいてほしい、という思いをこめた。とか(うろ覚え)
 この後3時台から阿久悠さんの特集もあるので、
 阿久さん作詞の曲には解説がついてたみたい
背中まで45分
 (出逢いの場所で眠りに落ちて、目が覚めたら背中まできていたw)
灰とダイヤモンド
 作詞作曲は李花幻となっていますが、これは「いーかげん」をもじった
 沢田さんのペンネームです

という感じでした
途中までは今年のツアーで歌ってる曲ばかりだと思ったけど
色つきからはちょっと外れました

ジュリー特集は季節ごとに。と言ってたような気がするので
冬にもあるのかな。でも時間が遅すぎる~(^^;)





posted by メイ26 at 22:29| 兵庫 ☔| Comment(0) | テレビ・ラジオ | 更新情報をチェックする

2017年10月01日

50周年記念ライブ 静岡文化会館

文化会館.jpg
人生(ほぼ)初の静岡!(中学校の修学旅行で富士山だけ行った)
文化会館はもちろん初めて
そこでセンター2列目という大変ありがたい席をいただきまして
それはそれはいろいろと楽しませていただきました\(^O^)/
文化会館2.jpg

最初の映像から客席(特に後方)はビビッドな反応で
ジュリーも上機嫌
以前のツアーのような片膝ついての「上機嫌でつとめます」のご挨拶から
関西弁なしの、私には大変珍しいジュリーを見せていただきました
「イギリス生活長いさかい」はあったけどw

髪はもうすっかり短髪。初日の頃の面影はなくなりました
真っ白じゃなくてわりと黒っぽいグレー
カズさんはまっしろな前髪を直立させていたw

歌よし音響よし客席環境よし。の完璧ライブかと思いきや
シャララが終わった後、なかなかスクリーンが上がらず
あれれ?と思った頃、裾の方がもたもたしつつあがりだしたけど
ステージ上から1/3ぐらいで止まっちゃった(^^;)
ジュリーが喋り初めてもけっこう長い間そのままだったので
裏ではバタバタしてる様子w
そのうちするすると下がりだしたので、もうMCそっちのけでスクリーンに注目ww
どっか引っかかっていたのか、その後ちゃんと巻き上げられましたが
その間ジュリー渾身のギャグに客席の反応が少なくて
ジュリーがうろたえていたのではないかと心配いたしましたw

24曲後のMC。
今日は50曲歌いますが、フルで歌うと帰れません
だから短く短く短~く…何かご不満でも?(ナイナイ)
ではお言葉に甘えて25曲目です。何に甘えるんだ!

40曲後のMC
皆さんお疲れでしょう?40回も拍手して
それもこんなん(ちんたらダラダラ風)じゃなくてこう(早く細かく力強く)だから
あと10曲です。もう少しで帰れますよ。

神戸の時も思ったけど、最後の10曲の時かなり表情がお疲れ
歌には全く影響ないんだけど
ゴーバンのステップができなくて、なんかよれよれ
最初に飛び損ねて後やる気なくなったのか、一時的にステップ忘れたのか
その間、代わりに依知川さんがステップしていました

レッツゴータイガース!はなしで、メンバーの名を一人ずつ叫ぶバージョン
ピー!タロー!サリー!ときたから次に私もトッポー!と叫んだのに
ジュリーは叫んでないじゃんw。いいのかww
自分の「ジュリー!」はファンと同じぐらい叫んでた(・∀・)

で、そんなに飛び跳ねてないのになぜかその辺りでシャツのボタンが外れ
チラっと中身がww
キャー見ちゃった(≧∇≦)と初めは喜んだけど
その後まったく直すそぶりもなく、ズボンもズリあげないから
どんどんどんどん隙間が拡大していくので
志村後ろ!後ろ!みたいに、(ジュリー腹!腹!)と心で叫んでみたけど
最後までそのままでしたー\(^O^)/楽しかった←ヘンタイ

その後のMCで週4回休肝日にしてるけど、たまに飲むとめちゃめちゃ飲める
と言うから、パストラル加須の後の休みでしこたま飲んで
また腹部が成長あそばしたのか、
ステージを重ねてほどよく着慣れたシャツのボタンホールが緩くなってきたのかw

49曲後のMC
タイガースで売れて運を使い切ったと思ったら一人になってまた売れた
ここからの話は自慢ばかりになりますが(そっくりかえって自慢ポーズ)
ソロで売れ、1回沈んでまた這い上がってきて
山あり谷あり谷あり谷あり……「谷だ~!」「沢田だ~!」
おお、初めて生で聞いた\(^O^)/

これも自慢になりますが、芸能界で謹慎したのは私が初めて(自慢ポーズ)
親戚にはいろんなことを言われました
1ヶ月ぐらい休んだのか?その間ずっとTVを見てて、
今度出て行くときはこういうことしようと。
またすぐ出られるとタカをくくっていたら…出られたんです(自慢ポーズ)
ここで金キャミの肩紐はらりのシーンを再現(・∀・)
見た目は完璧なじーさんなのに、ポーズをとればあのときのシーンが目に浮かぶ
すごいわ~。ジュリーの演技も私の妄想力もww
あれ、なんて言うんかな?と、キャミソールという言葉は出なかったけど

しかしいつしかお客さんもはいらなくなって。
あんなにたくさんいた人達はどこへ行ったのか。死んだの?なら納得するけど
そうじゃなくて離れて行った。世間は冷たいなあ。と思った
いいんだ!もう後は好きなことをしてやる!
家族が5人いたらそのうちの一人は私のことを知っている
それが私の強み

TVにでなくても地方を回れば「歌のファン」という人もいて来てくれる
みんながTVに出てるわけじゃない、出てない人もいっぱいいる。
という話の途中に急に裏声で「ホントダヨ!芦田愛菜ダヨ!」

これ、私には???で、「アシャニャニャダヨ!」ぐらいにしか聞こえなかったけど
芦田愛菜ちゃんのマネをするモノマネ芸人さんのマネだとかw知らんがなww
他にも???な表情の人も多かったのか
その後も「アシダマナダヨ!」を繰り返し(5回言うたらしいw)
周囲が笑ってるのに私だけついていけんかった~
ジュリーお笑い番組好きだなあ
そのくせ、TVで歌が歌えないからといって「私にバラエティ番組が合いますか?」
とファンに問うて否定されると、にかっと満足げに笑う

売れなくなった時どうすればいいかと思って
とにかく一生懸命歌う。自分の歌を大事にする
一生懸命歌って60になってドームで80曲歌ったらまた人気が出た
80曲で12000円だよ。1曲いくら?カラオケで歌うぐらいだよ!
出血大サービス!
私はカラオケでは歌いません。あれはお金を払わなくてはいけない
お金をいただいて歌うという、そういう仕事についたんだから。

還暦で人気出てから9年。早くジジイになりたかった
ジジイになって、なにをやっても許されたい!
歌詞間違えても太ってもいいじゃん!ジジイなんだから!許してよ
何をやっても許されるジジイになるのが目標です

還暦のときは70までだましだましできると思ったけど
今は75までだましだましできるかな。と
私は私で気をつけるから、皆さんもどうかお元気で。
とお願いして、9月の末の挨拶といたします。と、深く深く頭を下げられました

その他気づいたこと(その他かい!)
・チャンスのチャチャチャは4拍子で定着したもよう;;
・麗人の(エア)三つ編み(エア)つまんでふりまわしてた
・勝手にの鞄にめちゃめちゃ詰め込んでいた(気配がするというレベルちゃうw)
・ダーリング、夏が来てが2回あってどっかの季節が消えた(許すけど指摘はする)
・TOKIOの最後、TV時代の振りつけ(演技と妄想でTV画面が見えた)
・ISONOMIA依知川さんに頼らず自分で手拍子した(えらいぞわたし)
・時過ぎイントロで後方から大拍手
・愛待ては前方席だけ大盛り上がり
・そのkissが今日最大の盛り上がりよう
・水吹きは神戸より盛大だった。ステージ下にもちょっと落ちた!(と思う)
・口周りの細い髭は深いほうれい線に見える
・青い鳥イントロで1音、和音が短音になった(タイガースの音には厳しいよ!)
・巴里にひとりの最後、isi~♪でここ!ここ!ここ!と力強く舞台を指さす

どの曲だったか、スタンドマイクの置き位置が気に入らなかったみたいで
何度も何度もやり直していた。三脚の一つを立ち位置の印に合わせて置くと
安定したみたいで、その後は1回でぴしっと立てていた

最初の映像の最後の言葉。初めて「愛してる」にも見えた
角度によるのか?映像機器の違い?
スクリーンを見上げるような前方席でも照明がきれいだった
ステージの奥行きが広いのか
ジュリーのまわりを巡るミラーボールの光もきれいに見えて
このツアーでいちばんいい景色の席だったので
次の会場では後ろの端っこでもがまんします(^^;)
依知川さん側の時はいっつも後ろ…

お疲れなのか帰りを急ぐのか、この日もさっさとはけてしまったけど
最後にジャケットを脱いで
勲章付きのシャツをお披露目することは忘れませんでした










posted by メイ26 at 20:47| 兵庫 ☁| Comment(0) | コンサート | 更新情報をチェックする

2017年09月23日

Ha・Pee・y Birthday2017 in Kyoto

瞳みのるさま71歳のお誕生日を祝し、京都に行ってまいりました
洛中も洛中。御所の隣というリッチな立地の京都府民ホール
初めて行ったけど、きれいなホールでした
お庭も素敵だったけど、じっくり見る機会がなくて残念~

座席表を見て、1階13列しかないとか言ってたけど
私の10列の後ろにもかなり列があったので、それは2階なのか?
5列目くらいから大きな段差があって、見やすかったです
ここは音響がいいということでゲスト兼準備係の坂田氏が選んだそうです
確かに。動画の音声もくっきり聞こえたし
心なしかピーの歌もいつもより力強かったような…?

中央が掘りごたつみたいに低くなってる珍しいステージ
出演者は高齢者ばかりなんだからステージ上の段差は危ないのでは~
と思ったけど、年々若返るピー先生は難なく乗り越えました(^^)/

ピーの暴走をひきとめるべく、冒頭からセカンドスピーカーの坂田氏がつききりでしたが
ちょっと危ない時事ネタと頭髪ネタの連発で眠くなりかけたころ
突然ジュリーのROCK 黄 windが聞こえてきてシャキーン!(`・ω・´)

サブタイトルが「山城ウエスト・サイド物語」で
ピーの故郷を映像でぐるっと一巡りしながらエピソードを語る中での
山城高校の大先輩吉田義男氏の紹介でした
これはナットクしたけど、映像の中でぴょんぴょん跳びはねていたのを
「なんだかわかりましたか?」
これも先輩の釜本邦茂さんを表現していたって。ごめんわからんかった
目玉の松ちゃんご存じですか?と聞かれても、
名前は知っていてもリアルタイムで見たことないし~
反応薄くてすみません

だから途中でゲストとして登壇された「キーやん」こと木村英輝さんも
えらいベタな関西弁の気さくなおっちゃんに見えたけど
次から次へとすごいエピソードが出てきて興味津々
そういえば
「ジュリーの知人で琳派のすごい画家で、ぼくらはキーやんキーやん言うてる」
という話を誰かに聞いたけど、その人か~と思い出した
しかしいつ誰から聞いたのか思い出せないwジュリーかピーかタローだと思うけど

ピー曰く「沢田の初婚の時の」フリーコンサートをプロデュースなさったそうです
当時のプロダクションとしては
帝国ホテルで要人を招待して賑々しくやりたかったらしいけど
木村先生が「そんなんあかん」とおっしゃって「そんならお前やれ」と言われたとか
でも資金は出してくれなかったのでw
バス会社にファンの送迎を持ちかけて、そのマージンを資金にしたって。
あー、そういうことだったのか!
地元の人はともかく、遠方からのファンはあのバスしか交通手段がなくて
そこそこのバス代だったのでフリーじゃないやん。とか思ってた
あれが開催資金になっていたとは(^^;)

それより以前に、京大講堂でのPYGの初舞台も手がけられたし
フランクザッパやジェフベック等を招聘したロックフェスを開催するなど
(実際によんだのは内田裕也さんらしい)
伝説のロックプロデューサーであられた方だそうです。無知で失礼しました

ピーのお誕生会で他の人を語るのは失礼かと思うけど
本人が語るより第三者が語るエピソードの方がおもしろいねんもん~
今日のイベントのことをサリーとタローに話すと
「ピー歌うんやろか。どないなんにゃろう」と言われたとか
「かつみは失敗するとアンプのせいにしてアンプをいらう」とか
「(タイガースは)そんなバンドです」てw
でも、プロがピッキングしたバンドじゃなくて
ビートルズやストーンズみたいに自然発生したとこが「カッコええ」
同じ時期に同じ場所でタイガースとフォーククルセダーズが生まれたのがすごいと

カッコええのがいいやんという木村先生
琳派と呼ばれている俵屋宗達、尾形光琳、若冲なども
裕福な生まれなので、いわゆる御用絵師ではなくて
町中で一般の人に頼まれて描いていたのがカッコええそうです
(裕福といえば。裕也さんもええとこのお子だそうです)

話題豊富なゲストタイムを終了して、全員がいったん引っ込むと
♪ハッピバースデー トゥ ピー と歌いながら登場した女性
あら、どこかで聞いた声。もしや稲村なおこさん?
こちらはほんとのサプライズゲストだったみたい~
坂田氏が段取りしたバースディプレゼントの贈呈式を
新幹線に2時間乗ってきた「可愛い女の子(本人談)」に奪われちゃって
ちょっとむっとする坂田氏(^^;)
そしてここから恒例撮影タイム~。いっせいにスマホとタブレットをかざす客席
「皆さんTwitterとかにあげちゃだめですよー」
と言われたので、画像は私のスマホの中に眠らせておきます
ま、例によってブレブレ写真がほとんどやったけどねw

で、そのプレゼントは木村先生が描かれた虎柄ストールとTシャツ
祇園のショップで販売されているのでお帰りにどうぞ~。ピーとお揃いですよ
と、坂田氏に営業されたせいか
今オンラインショップを見たら同じのがSOLD-OUTになってた@@

撮影会とBIRTHDAYのお祝いがすんだら、ウエストサイドストーリーの続き

何度も出てくる紙屋川(別名天神川)
すみません。わたし初耳です
地図は配布されてるけど、会場内は暗いから当然見えない
スクリーンにも一瞬映るだけですぐ消えるから
位置関係がよくわからなかったけど
スポット自体は数年前右京区を散策した時に見たところが多かったので
あーココ知ってる知ってる!って感じ。(でも川には気づかなかったw)

しかしそれを紹介している映像のピーはダウンジャケットを着ているんですが
いったいいつから準備してたの~

吉田兼好が過ごしていたという双ケ岡。
ならびがおかって読むのは初めて知って勉強になりましたが
そこで当時の僧侶がピーの牛乳パーティみたいなことをやってたという話w
いや、正確にはやろうとして失敗したらしいけど
日本の古典からピーの少年時代、そしてタイガースやPYGの黎明期など
多方面にわたる山城ウエストサイド物語でした。

そして(ピー)お待ちかね歌唱タイム!
まずはフォークルの「イムジン河」
一番と三番にはさんで、二番は歌詞をピーの故郷天神川に変えて

続いて、坂田氏とユニゾンでタイガースの「坊や歌っておくれ」
ちょっと期待したけど、さすがにコーラスは無理であったかw
でもピーが今まででいちばん力を入れて歌ってた気がする

最後にボブディラン「風に吹かれて」
私もリフレインのとこしか歌えないけど、ピーも終始歌詞カードガン見で
タイガースの歌ほど力は入ってなかった(^^;)
3曲ともメッセージ性の強い歌だと思ったけど、ピーには青春の歌でもあるのね

歌コーナーの後だか前だかちょっと忘れたけど
ピーの「寿司友」和洋女子大学の副学長さまからワインのプレゼントと
来年のお誕生会はぜひ我が校で。というお誘いの書状を渡されました

ラストは「三日月」に合わせてピーダンス~
は、いいんだけど、ピーが挨拶しているのにみんな手拍子をやめないから
よく聞こえなかった><
「故郷に錦を飾れてよかった」ようなことを言ってたような気がします
会場一杯やったしね。
年々若返ってませんか、となおこさんにも言われてたけど
ほんとに71歳とは思えない若々しさでした。(遠目だったし)
タイガースのメンバーがみんなお元気なのはほんとにうれしいことです
来年も元気にお誕生日を祝えますようにお祈りいたします

もちろん最後は投げキッスでお別れ














posted by メイ26 at 20:42| 兵庫 ☁| Comment(2) | ピー my love | 更新情報をチェックする

2017年09月13日

50周年記念ライブ 神戸国際会館こくさいホール(4)

衣装替え&MC

私は一ヶ月の間にDVDを見ておさらいしたので、踊る気満々だったのに
周りのひと誰もやってない~(^^;)
しかし、歌っているジュリーからもらえなかった指さしを
あの映像からもらえたww 

そしてスクリーンがあがると、いつものようにVサインのジュリー
シャララ映像について

加瀬さんとは枕元で交信して使っていいか聞いた
生きているメンバーには事務所を通して、メンバーはほとんど映らないけど
と、断って了承を得ました。とのこと

阪神淡路大震災があった後、ポケベルぐらい持つように言われたという話から
スマホdisりのガラケー自慢^^

SNSとかみなさんやってらっしゃるんですか?
私はやりません。あんなんやったら時間なくなるやん
インスタグラムとか。やりたい人はやったらいい
みんなやってるから、やらん方が目立つやんし~(やんし。ってw何語)
わたしなんかガラケーですよ!でも使いこなせてる
GPSついてるから電車の運行情報も出る
神戸にいても東横線の運転見合わせとか出る。
GPSあるんやから神戸の情報出たらええのに。乗らへんけど
(乗らへんのかい!と思わず突っ込んだわ)

万歩計もある。無料のん。昨日12000歩あるいた
12000も歩くと膝ガクガクですよ。
駅前のほらアレ。アレじゃわからんわなw(身振り手振りで説明。歩道橋のことらしい)
歩道橋?最後は階段上がるのガクガク。ここで倒れたらあかん、と思った

無料の(アプリ)いっぱいいれてますよ
「新神戸 居酒屋」で検索するとぱっと出る。ピンからキリまで
ニュースも新しいのはタダで見れるんや。
続きを読もうとすると300円かなんぼかとられる
など、ひとわたり、無料アプリの使いこなし自慢の後

「なんの話ししてたんかな?」
(69歳になっても)まだまだ歌える。杖ついても歌える
から内田裕也さんの話
ユーヤさんの杖の先のゴムが幅広でラッパズボンみたいなんですよ
(ラッパズボン!それはさすがに死語ではw)

「私も杖は用意してるんです。杖ぇ~味方!」(パチパチ^^;)
50代半ばで買ったというその杖の形状を
身振り手振りで説明してくれますが、何がなんだかww
持ち手が大きくて装飾があって本体はしゅっとしてる?んかな?
そうこうしてるいうちにパントマイムのまま杖を振り回し、
最後はシルクハットをかぶる。チャップリンか!

杖話終了。もう(よそで)言ってるけど、車いすでも歌える
どんどん進歩してるからね
足腰弱くなった人に着せて動かすスーツとかあるけど
もっと進化してこのへんにつけて、端から端までぴゅーっと行けるとか
客席の後方にぴゅーっと飛ぶとか。…落ちたら怖いがな

ずっと歌っていくために耳は大事にする。喉は耳が聞こえたらだいじょうぶ
聞こえなくなったら音がとれなくなる
イヤモニとか使うと耳に悪いから
サッシをぴしっ!ぴし!としめてエアで聞く
耳はもう酷使してるから。酷使酷使…国士無双(再びパチパチ^^;

「ここまで歌ってこれたのはみなさんの声援の賜です。
逃げる機会はいくらでもあったけど
ずっと応援してくれて、ありがとう、ありがとう、ありがとう」

やーん。いつもは「わたしの努力の賜。」て落とすのに。どしたん?
目ウルウルやし。そんな素直?なジュリー怖い(´д`)
という気持ちが通じたのか
「まあ私も努力しましたが」

「若い人がジュリーおじいちゃんおもしろいから見に行こう。
なんてことはないから皆さんが頼りです
どうかお元気で。とお願いしてわたしの挨拶とさせていただきます」

50年の歴史話はなく、近況報告に終始
長くも短くもなく楽しい挨拶でした
ガラケーを使いこなしてるのはよぉーーくわかりました
でも今ガラケー向けのサイトって少ないんちゃう?もしやそれはガラケー型スマホ?

そしてラストソング
50.いくつかの場面
歌い出しからステージ奥のミラーボールの光がキラキラこぼれ
エンディングになるとどっかが開いてその全容が!
ものすご巨大なボールやった(。・ω・。)
照明のスケールがいちいちでかい。前方席にはほとんど効果はないけどw
その分ジュリーが光り輝いて見えました^^
涙でぐしゃぐしゃになることもなく、
50年のいくつかをひとつひとつ思い起こしているような
万感迫る歌唱でした

歌い終わるととてもいい表情で、上着を脱いでシャツの勲章を見せてくれました
そのまま袖の中へ見えなくなるまでジュリーの背中を追っていて
さて、カズさんのお手振りを見ようかとふりかえりますれば
あら、ステージにはもう誰もいないではないですか!(・∀・)
バンドの皆さんにご挨拶もせず失礼いたしましたわ

先月の大阪みたいな騒ぎもなく
ジュリーが終始穏やかなので、こちらも自然に笑顔になってしまった
お祝いモードにあふれた幸せなひとときをありがとう


posted by メイ26 at 22:36| 兵庫 ☁| Comment(0) | コンサート | 更新情報をチェックする

2017年09月12日

50周年記念ライブ 神戸国際会館こくさいホール(3)

25.灰とダイヤモンド
あまりに大胆なアレンジなので、かえって覚えてしまったイントロ
♪お泣きなさい 可愛いよ の次
僕の目…~…(なんやったっけ?)目…目の前でな~ら~
と、歌詞もアレンジしてしまい、笑ってごまかすエンディング

26.LOVE~抱きしめたい~
しかし気持ちの切替は早い
というか、2回失敗したLOVEの方に気が走っていて
「灰と…」の方を間違えちゃったのか?(^^;)

怒濤のヒット曲五連発(ウインクがさりげなく紛れ込んでいますが)
27.TOKIO
28.ウィンクでさよなら
29.危険なふたり
30.ダーリング
31.麗人
たぶんTOKIOのイントロだったと思うけど
依知川さんが歯をむき出したなんともいえない形相で他のメンバーの方見てた(^^;)
その間ジュリーはズボンをしっかりズリ上げて、上下運動に備えますw
この時カズさんもぴょんぴょんしていたそうですが、
私の位置からは全然見えませんでしたー
ウインクのI love you、I need youは走りながら1回1回ひざまづいて大変
でも全部あさっての方向だった。しくしく(;_;)
ダーリンも昔TVで見てたイメージのまま
麗人はまさに麗しく、最後に(幻の)三つ編みを一振り!

で、お疲れの皆様にちょっとマイナーなコーナーで小休止(?)
32.SPLEEN~6月の風にゆれて~
コーラスの前に依知川さんが拍子をとり始めるのが好きだ^^
33.きわどい季節
34.鼓動
35.忘却の天才
サビでステージの端から端まで華麗なる欽ちゃん走りを披露
こちらは足下がもつれないか心配で歌に集中できないけど
かなりのスピードで、あっちゅう間に目の前を過ぎていきました

ここまでの4曲。出逢いから時を重ねて物忘れの年齢まで
というストーリーになってる!(・∀・)
特に鼓動の歌詞がいいなあ。

36.ポラロイドGIRL
そしてまたジャンプジャンプジャンプ~。どこまでパワフルなの69歳

37.Pray~神の与え賜いし
38. un democratic love
この2曲は素晴らしかった。澄み切った力強い祈りの声
そしてPrayの美しいコーラスと荘厳な和音
39.こっちの水苦いぞ
それぞれの祈りから1曲ずつ選曲。みたいな感じかな
40.ISONOMIA
何度見ても泰輝さんは背伸びしようとしてるようにしか見えないw
パパン!のとこは依知川さんが毎回丁寧に教えてくれるので
私は覚えんでええか、という気になってきたw

ここまでの40曲がとても速かった。全然なかだるみなかった(^^;)
TOKIOの後でもう1回ズボンをズリ上げてたけど
どのタイミングだったか忘れました

~MC~
皆さんお疲れですか。私はもう疲れました
(なんかほんとに表情が疲れてた)
ここまで40曲。皆さんは40回拍手してお疲れでしょう
私はありがとーね、て手を上げるだけですが
なんでこんなに続けて歌うのか。しゃべり出すととまらないから。
なるべくしゃべらないようにしているんです
50もヒット曲がないもんだから
こういう曲(pray for JAPAN)も歌わなければならない事情をお察しください

41.シーサイド・バウンド
今日もレッツゴータイガース!からヘイもういっちょう!まで聞けた
42.おまえにチェックイン
♪チュルルチュルルで脚を跳ね上げる69歳!
昔のインディアンルックが脳裏に浮かんだわ~
それは一緒にはできないけど♪ほみたいウン!は一緒にやった(^^)v
そんなことやるの私ぐらいだからかw
で、最後のso darlingのとこ。
そ~~って後ろ向きにセンターへ戻ってくる途中
なんか上手の方の人がみんな笑ってるんだけど
私は背中しか見えないので、事情わからず
戻ってくるのが遅れただけかと思ってたら
「darling」が出てこなくて苦笑いしていたらしいw
かなり長い間の後、♪だ~り~ん と歌い終わって
「線が切れた!」と雄叫び

43.サーモスタットな夏
44.晴れのちBLUEBOY
45.6番目のユ・ウ・ウ・ツ
46.愛まで待てない
47.ROCK'N ROLL MARCH
48.そのキスがほしい
そしてこのツアー最大のフンコータイムですが
1曲ずつ見るとこれも緩急交互。のような気がする
歌はともかく、実は動きがそんなに激しくない曲が間に(・∀・)
ぶるーぼーいのリズムは今日は合ってたんでしょうか。何も言われなかったけど
いちばんキャーキャーが激しいのは愛待て
でも足ドンドンが下手の遠い所で寂しかった。広いステージやなあ~
そのkissはほぼセンターだったけど(^^)v

そしてここまできた
49.永遠に
♪いつかここまでたどりついた僕たちの年月
を、おばさん方面に向けて歌ってくれました
その方面の先頭にいたのは私~σ(^_^;(客の年齢見えてるんかーい)
これだけ続けさまに激しく歌ってなお、つややかに伸びる声
最後に圧倒された
posted by メイ26 at 19:03| 兵庫 ☁| Comment(0) | コンサート | 更新情報をチェックする

2017年09月11日

50周年記念ライブ 神戸国際会館こくさいホール(2)

50周年ライブはまだ何回か見に行くので、私も曲順を覚えるために
時系列にそって振り返ってみます(時系列はよそさまのをコピペしましたw)

0.あなたに今夜はワインをふりかけ
スクリーンはあまり見えなかったので、それが上がったステージに
ジュリーの姿を見て初めて、キャー(≧∇≦)
立ち位置は先端より2m近く下がっているので、思ったよりは遠い感じで
でも全身くまなく見えて感激~(近すぎると靴しか見えないこともあるからw)
初日はイントロが長くて、フェイントかけられたよな気がしましたが
すでにフンコーしてるせいか、今日は期待がどんどん高まっていくー
この曲のミラーボールは前方席でもキラキラきれい
曲もキラキラしていて大好き!

みなさんを酔わせたるで宣言の次はジュリーの原点
1.君だけに愛を
2.自由に歩いて愛して
最前列には指さしはないやろ、とタイガースは冷静に聞いていたw
今回気づいたけど、タイガースは私が知った時はすでにスーパーアイドルだったので
夜明け前から知ってるPYGやソロデビュー時の曲の方が思い入れが強いかも
「自由に…」をTVで初めて見た時の衝撃が蘇りました

ごあいさつ
「神戸です!50年だぞ!ここまできたぞ!」
で、早くもじわっときた。
ジュリーが50年ていうたびに走馬燈のようにいろんな思いがよぎって
私死ぬんか?と思ってしまうw

3.僕のマリー
このイントロは「君だけに…」とは違う意味で、やっぱり特別。
ちょっともの悲しいメロディだからよけいそんな気になるんかな
4.青い鳥
5.greenboy
タイガース曲からgreenboyへの流れがいい。とてもイイ(T_T)
リアルタイムではまだほんのちょっと若くて実感がなかった
♪どうしようもなく生きていく という歌詞が心にしみいる歳になって聞けてよかった

6.あなたへの愛
これはねー。イントロ聞くと泣けてくるの。
ソロ期でいちばん最初に好きになった曲だからかな
♪つなぎあう手と手 という仕草が老夫婦みたいなつなぎ方で微笑ましい

7.許されない愛
8.追憶
OH!ニーナ!の色っぽさは69になってもまったく衰えない。
さすがに帽子と白いマフラー(ジャケットの)は見えないけど
短髪とgreenのジャケットのニーナにぞくっときた
♪お前を二度とは離さない のとこものすっごい力入ってた

9.サムライ
今までは振りをいっしょにしてたけど
さすがに前に誰もいない席では緊張して腕があがらんかった(^^;)
つややかな声に聞き惚れておりました

10.君を真実に愛さなくては他の何も続けられない
イントロで期待して、え、これだけ?な肩すかし感最強の曲w
今日は間違えずに歌いました~

11.ス・ト・リ・ッ・パ・-
前の曲が終わるやいなや、オラオラオラ~という感じでカズさんがせり出してきて
曲順を忘れている私は何事かと思ったww
この曲はビジュアルがカッコよすぎ
見とれすぎて歌詞が語尾上げか語尾下げか覚えてない

12.ヤマトより愛をこめて
ストリッパーで身体がほぐれたら、また直立で聞く曲
後半でもこういう組み合わせがあって、緩急うまくつなげてるなと思った

13.MON AMOUR JE VIENS DU BOUT DU MONDE
ワタクシgreenboyよりこの歌詞の方がよく覚えてます
若い頃の記憶力ってスゴイw意味はわかってないけど
今まで気づかなかった最後の
ma vi commence ici(僕の人生はここに始まる)
という歌詞でステージを指さすシーン。初めて見て泣いた(ToT)
その後「メルシーボクー。フランス生活長いさかい」で笑かしてくれるけど

14.明日は晴れる
犬みたいに叫ぶとこでのどがぐわ~っと開いていくのに目が釘付け
つぶれないようにうまく声を出してるんやろね

15.コバルトの季節の中で
私は春でも秋でも真冬でも大好きな歌ですが
朝夕涼しくなった今の季節に聞くのが最高

16.君をのせて
これもイントロだけで泣ける曲~。
エンディングで横の通路を何かが走っていったように見えて
え?ここで移動する人いる?と思ったけど
そうだ、照明が前から後ろへさーーっとかけあがっていくところだった(・∀・)
あーんな強い光だったのか
と、優雅なお辞儀を見ながら驚いてました

17.憎みきれないろくでなし
ちょっと余韻にひたりたいのに、強引に気持ちを切り替えさせる展開
泣いていては先に進めへんからかw

18.時の過ぎゆくままに
ドラムがほとんどシンバルしか聞こえなくて静かだった
ピーは最初からめちゃくちゃ激しく叩くよ(^^;)
ずっと気になってたイントロもピーの演奏とは違うことをやっと確認した

19.勝手にしやがれ
うぉっ!と、一般客でなく私がビビッドな反応をしてしまいましたw
ほんとにイントロからヒット曲やなあ

20.愛の逃亡者(THE FUGITIVE)
と思えばマニアックな曲でまた緩急をつける
この歌詞もほぼ歌えるw
ウッ!ハッ!は泰輝さんが言ってたのは見た。
私は確認できなかったけど、グレースもやってたらしい
なお、ここまでのコーラスはほぼ泰輝さんとグレース時々依知川さん
カズさんは演奏に集中という感じ
これも「サンキュー。イギリス生活長いさかい」

21.アリフ・ライラ・ウィ・ライラ
還暦の年にひさしぶりに聞いた時は、振り付けがびみょーだったけど
今の方がキレがあってカッコいい(♪野生を呼び覚ませ満ちた月の夜に のとこ)

22.STEPPIN' STONES
これはライブではジュリーマニア以来か?そんな古くない?
あの頃の感情が抜けて、曲そのものを聞けるようになったので
今の方がずっといいです(CDで聞いたらあかんかも^^;

23.チャンス
私が見てない40日の間にチャチャチャ!問題が発生していた
♪身をひくバチ当たり の後。
あれ?演奏の音とズレてる。どこで自分は間違えたのか?
と思って動画を見たら、3拍子であってるやんな(しかし動画の声高いな^^)
4拍子はダーリングでしょ。今さら変えんといて~。
TOKIOのチャチャッ!の時はまだ若いから融通きいたけど~

それとは関係なく、「横目でウィンク」はしてたと思うけど
目の幅が昔よりだいぶ細くなっているのでよくわからなかった(^^;)
コバルトが目にしみる時は両目を細めてましたけど。
一時に比べたら、瞳は常に見えてるけど
あんなに大きかった目がなんであんなに小さくなってしまうのだろう(?_?)

24.ラヴ・ラヴ・ラヴ
とか、動揺してたらLサイン。あ、ラブラブラブか。またわからんかった
たぶん私の脳にはピーの演奏が刻み込まれていて
それ以外の音には反応が遅くなっちゃうのかもねー
ボーカルはやっぱりジュリーの声に優るものはありません^^

~MC~
もんた&ブラザーズはここで出てきたのかな?もっと早く聞いたような気がしたけど
時があまりに早くすぎゆきたのか(^^;)

69歳です。明日…明日は同い年。明後日…も同い年
(同い年って?何言ってんの?と、??だったですが)
来年!来年は70歳! (「来年」という言葉が出てこんかったんかw)
困ったもんた&ブラザーズや!(カズさん不本意にも噴き出す。依知川さん爆笑)
もんたさんたちに文句があるわけではありませんが。

ここまでで24曲。いつもならこれで終わる
いつもは23曲ぐらいで、長い曲があると22曲ぐらい
今日は50曲。といっても全部歌うと帰れまテン→thに近い音でw
別にあの番組が好きなわけではありまテン。
それでは次行きましょう

みたいな感じでした
文字にすると長いけど、ほんとにここまで早かったわー
この後もさらに早く時は過ぎゆくのだけど、続きはまた後で
posted by メイ26 at 01:43| 兵庫 ☁| Comment(0) | コンサート | 更新情報をチェックする

2017年09月10日

50周年記念ライブ 神戸国際会館こくさいホール

40日ぶりのジュリー!ベストな心身で行きたかったけど
とりあえず今日だけは夢の中にいることにして
予定より早く着いたらもう開場していて
タイガース1982のBABABANGが聞こえた。
ので、そのまま客席に入ってしまい
しばらく聞き入っていたので記念写真を撮りわすれ
慌ててロビーに出て入り口を撮った
kobe.jpg
どこのホールかわからへんやん!インスタ映えせえへんww

BGMは1980年代
私的には好きな曲が多いあたりでうれしかった(^^)/
ずっと聞いていたかったけど、なんせ今日は1列目~
このホールは両サイドは2列からなので、1列はセンターの12席しかないのだ
たとえS会さんの封入ミスだとしても、もろたらこっちのもんや!
選ばれし12席に失礼のないよう、いったん出て身だしなみを整えてきましたw
開演直前は「CHI SEI」と「デビューは悪女として」!これも私的大ヒット
最初から縁起よく始まりましたよ~

って。近すぎてスクリーン見にくいww 
プラネタリウムか!というぐらい仰角なので下半分だけ見てた(^^;)
最後の口元はそれぞれ好きに解釈したらよろしやん。と思います
ただ、私は2音目にラ行の舌の動きを確認した!

そのあとはひたすらジュリーをガン見(のふりをしながら依知川さんもチラ見w)
あれ、ほんとに顔痩せてる!<直前の映像比>
腹は出てたけどw
そして髪は坊主よりも短髪という感じまで伸びてる!
せり出してきた時はついでにカズさんも確認したけど
脚ほそっ!!パンツ幅がジュリーの半分!もしかしてピーより細いかも?
あんな細い脚で盛り上げた頭部を支えられるのか。といらん心配してしもた
あ、依知川さんのパンツ幅もカズさんの2倍だったので、
特にジュリーだけ太いということはなかったです。
泰輝さんも細くなっていて(比較期不明)グレースはシンバルの影でほぼ見えずw

声は最初の方、時々ひっかったような感じがあったけど
歌い続けるうちに気にならなくなって、バラード系はどれも素晴らしい伸びと厚みだった
音響トラブルもマイクぶつかりもなくて完璧~

歌詞は一番と二番を混ぜてたのか間違っているのか微妙(^^;)
唯一、灰とダイヤモンドの ♪僕の目の届くところでな~ら
が、♪僕の~…~~…目の前でな~ら~。って。範囲狭なってるし!

でも69歳で曲順も歌詞もあれだけ間違えずに歌うだけで立派~;;
私は曲順ほとんど覚えてないので、新鮮に楽しめました(^^)v
ジュリーも楽しく歌ってたように見えたし~

最初のMCだったかな。
50年は早かったのか。早かったんでしょう。
100歳を超えた人もあっという間だったと言ってたし
100歳にはとうてい届きませんが、69歳、明日、明後日は同い年、来年は70
困ったもんた&ブラザーズ
という不意打ちに私もウケたけど、カズさんも吹きだしていたww
その後はほぼ無表情だったので、笑かされてしまったのが不本意だったのでしょうか
もんたは神戸出身なので一応地元ネタ?



















posted by メイ26 at 23:22| 兵庫 ☁| Comment(0) | コンサート | 更新情報をチェックする

2017年09月09日

ようやく

8月1日にフェスに行ってから40日。長かったわ~
長すぎてどんな曲歌ってたのか忘れてしもたわw
でもやっと明日、神戸に行ける(^^)/

チケットが届いてからずーっと楽しみに待っていて
忙しかった8月も終わって、やっと落ち着いてきた頃に
思いがけぬアクシデントに見舞われ
ストレスからの食欲不振で2.5キロ減ったのは嬉しいやら哀しいやら
ちょっと体力も落ちてしまって、二時間半立ちっぱはつらいかも;;
MCぐらいは座らせていただきたいのでどうぞよろしく
て、誰に言うてんのやらw

しかし私の体重は食べ物でできてたんだなとあらためて認識した
運動なんかしたって3日で2㎏も減らへんで~
まあ私が怪我や病気をしたわけではないし(お腹が空いてちょっとふらつくけどw)
今回は珍しくお誕生月のお祝い席をいただいたので
明日は何もかも忘れて心まで酔わせてほしい!O(≧∇≦)O

そや、髪の毛が伸びているというウワサも確かめねば!





posted by メイ26 at 17:07| 兵庫 ☀| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年08月06日

ピーとタローのジョイントライブin大阪

今日はウエスタンリーグ阪神戦を見に行く予定でチケットも買ってたけど
ちょっと縁あってピータロライブに行って来ました
ボニーラ.jpg
チケット代は畏れ多くもジュリーの2倍近く!!
なので、うまく歌えなかったらチケット代返さなあかん!
とタローも思ったようですが

「たとえ音程が外れてもミスしても失敗しても
最後に楽しかったと思えたらいいのよ。それがプロとアマチュアの差や!」
という森本音楽プロデューサーのお言葉で、返金はありませんでした~
まあ、昨日行かれた方に助言をもらって飲食もしっかり確保したしなw

メモはしなかったけど、思い出したら20曲ぐらい歌ってた
タイガースのシングル曲とカバー曲
どちらかというと、ほんわりしっとりした曲ばかりだったけど
タローとピーが歌うからほんわりして聞こえただけか…?
美しき愛の掟などは22世紀バンドのネロさんの声の方がしっくりするんだけどな

でも演奏はソリッドだったわよ~
ピーは言うに及ばず、タロさんも真面目に弾いてた
二部の開始前には真剣にハーモニカを見つめていたので
曲目バレバレw
んで、ハーモニカ持っている間だらーんとしてるギターのネックが
私の席から見えるピーの顔に重なるんだ!
シンバルには隠れないような配慮はしてくれたらしいけど、
ネックがネックとは(>_<)

わたくし的に今日の目玉は「イエローキャッツ」!
たぶんライブで聞いたのは初めて…だと思う。
私がタイガースファンになったキッカケの曲なのよん^^
猫踏んじゃったピアノもレコードの通り!シンセサイザーやけどw
そして歌い終わりにピーが「にゃーん」
タローに「それなら手もつけな」と言われて、猫手で「にゃ~ん」
かわええ(≧∇≦)歌詞間違えても許すw

2日続けてのライブで、初日はサリーが来てたそうです
サリーは東京から京都に来ていて、
二人のライブを見るためにわざわざ大阪へ来てくれたので
「サリーがせっかく来てくれたのに1軒で帰すわけには行かない」
と、ピーは前夜3軒飲み歩いたそうで
タローは「明日仕事やから」と1軒で別れたとかw
「えぇ~、僕も仕事だよ」って。ジョイントやねんからいっしょや!
でも朝帰り?したわりには元気なので感心感心
Smile for me の高い音は出てなかったけど、それはお酒のせいじゃないしw
ジュリーにも出ない音を出すのは無理だってば~

曲の合間。というより1曲終わるごとに
MCつーか同級生トークつーか夫婦漫才みたいな会話が延々と(・∀・)
「ピーは変化球でツッコんでくるから受けられない」というタロさん
それ変化球じゃなくて暴投では…とひっそり思ったら、ピー自ら言ってたw

あ、夫婦漫才というのは。
タローがピーをいじってたら客席から
「ピーをいじめないで!」というマジっぽい野次がとんだので
「これは愛があって言うてるんや。夫婦げんかみたいなもんや」
とタロさんがソフトながらも真剣に言い返してたから(^^;)

その愛ある会話の一つ
花の首飾りを歌う前のピーに
「よう歌えるなあ。さすがに僕はかつみの歌は歌わへんわ~」
からの「タイガースで4番目と5番目に歌上手なんオレらやで」
「でも今はルックスで沢田に勝ってる!」という大胆な発言
ピーなんかタイガース時代から体型維持してるし
僕は5㎏ほど太ったけどこの通り。と脚を動かしてみせ
沢田にはこの動きはできひん。沢田はこうや。と、どすこいポーズww

むっ。ジュリーはくねくねダンスはできひんけど、欽ちゃん走りはできるんだから!
聞きながら、これ絶対いいつけてやるー!と思ってました
「Twitterに書いたらあかんで!」言われたからブログで(^^;)

さらにタロさんに「歌は声がいいとか高い音がでるとかだけがうまいんじゃない」
「たとえ音程が狂っていても」と、ピーにプレッシャーをかけるので
ピーがもう帰らせてもらいますと言い出し
「ピーは歌わんでもジュリーの次に人気があったやんか!」
と持ち上げてました。まるですねた子どもをあやすみたいにw
でもやっぱり緊張してたような「花の首飾り」でした
タロさんはピーが歌う時はコーラスパートを歌いますが
コーラスって、リードメロディがしっかりした音程であってこそ美しいのよね~
タロさんの音程は正確だと思う(^^;)
淋しい雨もコーラスはしっかりしていてメロディが~~

でもピーは歌うの好きなのね
タイガース時代は「歌わせてもらえなかった」って
それにタローが「作曲家の先生の耳は確かやったと思うわ」てトドメをw

バンドの皆さんは今回は二人に遠慮して?か、バックに徹していた
Ichirohさんはピーが歌う時だけ、どこからともなくやってきて
ドラムに座ったり、リードタンバリンになったり。
Smile for me のタンバリンがレコードではなかなかカッコ良くて私は好きなのに
そこをやってくれなかったのはちょと不満。次回はお願いね
しかしラブラブラブは(私が見た中では)初めてイントロから演奏
やっぱりピーとはちょと違う~。でも他の部分はもう聞き慣れた

ルーキールーキーは楽しい曲やね。と言う話から
タイガース時代は沢田がドラム叩いていた。あとヘンリー八世と。
悲しみをぶっとばせは叩いてなかった。あれはタンバリンだった
客席から(チューイチューイも)と声が上がったけど
それは覚えてないって(^^;)

で、タロさんはジュリーの50周年ライブを見に行ったのか
タイガースの曲を5曲歌っている。それも沢田が選んだ曲
「その中に「青い鳥」も入っているんです~(喜)」に会場拍手^^
ピーはそれ知ってた?と聞かれて

ピー「Twitterで見た」

って。そ、それ誰の!?((((゜Д゜))))


まあそれはおいといてw
タロ「あわてもののサンタ(ピー作詞)ははいらんかったなあ」
ピー「やるわけないやん!」
タロ「ええ曲やん(タロー作曲)」
といいながら、イントロを弾き始めるとバンドも演奏。お客さん手拍子
ちょっとだけ歌も聞けてお得でした^^

なんせ狭い会場なので普段のメガネでも見えるだろうと
私は近視用のメガネも持って行かなかったんだけど
遠近両用って上目遣いで見ないとピント合わないんだった(´д`)
油断してました。顔をあげられへんかったw

そのせいでもないけど、タローに指さしされても無反応でごめんね~
このトシになると黄色い声は事前に準備しないと出えへんのよ(・∀・)
タローの「君だけに愛を」とピーの「ラブラブラブ」はタイガースの曲とは似て非なる物でした
特にラブラブラブはリズムからして全然違う曲になってるよww
どうしても激しいドラムのリズムで歌ってしまうのね~
ただしギターは柴山さんよりネロさんの方がタイガース的。これはずっと思ってた

シーサイドバウンドは
(たぶん踊り慣れてる)お客さんのステップの方がキレキレだったわw

聞いた話では
初日はミスが多くて、今日はリハーサルで明日が本番とか言うてたそうですが
今日は今日とて、「やっぱり本番は東京かな」って。おい
それなら代金半分ぐらい返してもらってもいいのよ~
ま、ピーの略式土下座を見れたので請求するのは控えときます

ジュリーライブのようにハイテンションにはならなかったけど
あとから思い返すと、ほんわかと楽しくなってくるライブでした
とにかくピーとタローが仲良しなのはよくわかった!
サリーには九州に遊び人のお友達がいることもww

そしてピーは日々新選な親父ギャグを披露していることも。
(新しく選ぶだけで新鮮ではないらしいw)聞いてる方は疲労するけど~































posted by メイ26 at 23:07| 兵庫 ☀| Comment(4) | ピー my love | 更新情報をチェックする

2017年08月02日

50周年記念ライブ フェスティバルホール

8月1日。
この記念ツアー初めてのフェス\(^O^)/
私はフェスティバルホールは地名をつけて呼びません
私にとってフェス言うたら大阪のフェスしかないねん!
ジュリーにとっても世界一好きなホール。今日も言うてくれた^^

しかし、そのホールで最初のMCタイム。
機嫌良くまいどおいどの挨拶を交わした直後になにやら不穏な空気がーー;
私はよく聞こえなかったんですが、どうやら座れコールがあったらしい
そこでジュリーが
「座れ言われた人は座ったらよろしい」と擁護したかにみえた後

「私の話より座ることが大事なんですか?私の話は聞かなくていいんですか」
「五十周年やんか!」
「お祝いに駆け付けてくれたんちゃうん?!」

と、地団駄ふんで悔しがる
ヤメテー(>_<)まだ3曲しか聴いてないのに。と大多数が固まったけど
続けて
個人的なことなんだから大声出さなくても、足蹴りするとか服を引っ張るとか

「パンツをおろすとかしなさい」

と言ったことで笑いがうまれたところに
すかさず3度目のまいどおいどで、ようやく気を落ち着けたご様子。ほっ
ネコの毛づくろいのようにジュリーを癒やすおいどコールであったw
これからもムカっときたら「まいど!」と呼べば「おいど!」とこたえてあげる~

その後の2曲はまだ声が固かったけど
グリーンボーイからは平常心になって、その後はトラブルもなくてよかった;;
それどころか、ここまで聞いた3回の中でいちばん歌への愛が感じられた
声とか細かい演奏技術じゃなくて、歌うことが好き!という強い思いを
私が勝手に感じました。とてもよかった

頭髪は前回より伸びた感はあったけど、まだ頭のかたちがくっきり^^
横と後ろは黒髪もあってごま塩状態なのに、前は白いまま~

でもフェスティバルホールめちゃめちゃ暑かってん(゜Д゜)
炎天下を歩いているかのごとく汗が噴き出し
自分の手拍子でおきる風で涼むというw
倒れるかと思いました
アンコール前に水飲むぞ~。と乾きに耐えていたのに
シャララが聞こえるとつい踊ってしまって。水分をとったのは帰りの電車に乗ってから

ジュリーも途中で「熱中症には水…水や…水屋にまんじゅう忘れてきた」
などとうわごとを(^^;)

最初の映像に出てきた親戚の連中は「研タ、研スケ、研ボウに研子も」だそうで
後半の「ぷっとしたとこだけ私です」
この「ぷっとした」がお気に入りで「このぷーは1日にしてならず!」と

階の床の下の席だったので
最初の方はやっぱり音が届かない部分がある。と感じるけど
ミラーボールがすごいきれいだった
ではラストも!と期待したけど、ラストはやっぱり上から見た方がきれいやな~

前日のTVのことも阿久悠さんのことにも触れず
還暦祭りの時に逃げたイベンターに思い出し怒りw
「沢田研二」ではドームは入らないと言われたけど
「(今日は)満席!」と誇らしげに
フェスと同じビルに入っているらしいから、聞こえるように言うたんかww

長いお付き合いがあるんだからご祝儀でやってくれてもいいやんかと思ったけど
社長が代替わりしたら冷たいもんでしたそうで;;
でも「捨てる神あれば拾う神あり」
東京はディスクガレージさん、大阪はページワンさんがやってくれて
京セラドームでは声をセーブしたけど、ライブの出来は京セラドームの方がよかった
と、いちおう関西を持ち上げ~

でも「この日をずっと忘れませんと言ったけど、もうほとんど忘れた」って。
忘れたといえば!
ファニーズの初舞台を「神戸の映画館」って言われたのがいちばんショック!(゜Д゜)
姫路や姫路!忘れんといて~
そりゃもう、その映画館がどこにあったか市民も知らんけどw

歴史はこうやって改ざんされていくのかと寂しくなりましたことよ;;

その話は、歌人生をナンバ一番でのライブから始めた。という話からで
これからも倒れるまで歌っていくから、共に朽ち果てましょう。を聞けて満足しました

最初の不穏な空気をジュリーもメンバーも全力で吹き払おうとしたのか
カズさんTOKIOでぴょんぴょんしたし
イチさん愛まで待てないイントロでジュリーと対ヘドバン
私も隣の方も押しも押されもせぬおばはん(すいません勝手に)やったけど
愛待てもそのkissもキャーーー!!と黄色い声で叫びましたことよ

そして若干アレンジが変わったのか?
ラブラブラブのイントロにちょっとだけドラムとあのぎゅわ~んなギターが入って
今日はすぐにわかった!
さらにシーサイドバウンドでは「レッツゴー!タイガース」も出た!
奇声からイエィイエィイエィからヘイヘイワンモアタイムからもういっちょう!まで
フルで聞けてシアワセ~
シーサイドステップを横向きでもやってくれたし^^

いや、タイガース曲だけではないです
どの曲もジュリーの愛がこめられていとおしかった
STEPPING STONEも初めていい曲だ!と思ったよ
チャンスも昔の振り付けのままだけどあの体型あの髪型でも違和感なかったw
ワンコーラスでは物足りないけど、もっと聞きたい!と思う前に次の曲が来るから
騙されている間に50曲聞いてしまう。みたいな

水分が汗で全部流れたから涙は出なかったけど
2時間半ずっといい気持ちでいられて、帰宅しても余韻が続いていた

50年やってきたなかで力を貸してくれる人もいたし、そうでない人もいた
「でも力を貸してくれない人もエネルギーにする術を手にできた」そうです






posted by メイ26 at 20:01| 兵庫 ☀| Comment(2) | コンサート | 更新情報をチェックする