2013年10月29日

月刊トラクラ


image-20131029175547.png
デイリースポーツの新企画「月刊トラクラ」
創刊号スペシャルインタビューはジュリー登場です^ ^
紙面の端っこにちょこっと載るのかと思っていたので
別刷りでどーん!と全面で迫られて朝からびっくりしました
関東では別刷りではなく、紙面の中に入っていたそうですが
裏表二面分の記事量は同じです
ほとんどが真剣な?阪神話ですが、タイガース話もちょこっと語っています
iphone/image-20131029181806.png
ザ・ヒットパレードに出る直前にすぎやまこういちさんに命名されて
えーっ!」と言うてる間にナマ放送ですから。
「えっ、えーっ!な、なんで、何で阪神タイガース?ええのん、これで?」
と、いいながら後で画面を撮った写真を見たら
「ザ・タイガース」って字幕が出てた
「ああ、タイガースになってしもたんや
」と
ファニーズという名前では弱い、となって
「そこはいかへんやろ~」というとこにいってしもたんです(笑)


WEBでも購入できるらしいので
巨人ファンの方もぜひお買い求めくださいませ
私もこないだ、嫌やったけど読売新聞買うたんやから〜(^^;;
あれは全部タイガース話やったけどw

posted by メイ26 at 18:10| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌・新聞 | 更新情報をチェックする

2013年10月04日

今日の新聞

yomiuri.jpg

帰りにコンビニで買ってきて不鮮明な写真を撮っている間に
すでにピーのサイトで紹介されていたという(^^;)
なので記事内容はあちらでお読みください

前回のチケット告知に次いでほぼ全面記事という扱いに驚きましたが
読売って全面広告が多いのね~(地方紙にはそんなにない)
見開きカラー2面ぐらいじゃないと読売読者の目を惹かないかも

「タイガース完全復活」の見出しには
とてもとても愛らしいタイガースの写真がついているので
その横の「たった4年、濃い4年」の記事は
どっか別のオジサンの記事かと思ったわ(^□^;)
でもコンビニの店頭で掲載を確認するためちらっと開いた時
(さすがに全面開く勇気はないw)
目に付いたのはこの写真でした~

記事の内容も好感を持てるものでしたが
タイガースというグループは正しく評価されるのに
40年以上もかかったのかという思いもあります

シローのことも忘れずにコメントを載せてあるのが嬉しいですね
私も毎年やってほしいなあ…

次回は10月18日。トッポのインタビューです
posted by メイ26 at 22:59| 兵庫 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 雑誌・新聞 | 更新情報をチェックする

2013年08月07日

マーガレット図書館

この付録のためだけに買ったw
付録.jpg

でも思ったよりサイズが小さくてよく見えないーー;
67-68.jpg

タイガースが表紙に登場するのは68年から69年のみ
69年はジュリー単独で1回だけなので、実質1年だけか
意外に短い旬でした(^^ゞ
j2.jpgしかもこの衣装他のグラビアの使い回し

創刊の1963年は外国人少女のモデルが表紙で
翌64年からいわゆる「スタア」の表紙が増えます
その後はアイドルからやがて人気漫画家のイラストへ
ジュリーソロの初登場はこれ
j-1.jpgこのモデルさんは見覚えが
ショーケンと2ショットとか、トッポのソロとか
j-t.jpg

なぜか(ごめん)タローのソロもあるのに
tr.jpg
人気2番手だったピー単独の表紙がない(--;) なぜ~

追記:ピーが表紙だった68年の48号だけ写真がないことが判明しました
68.jpg
右端のタロー表紙とわたなべまさこさんのイラストの間にある空白が
ピーの単独表紙があるべき場所だったようです。なんで~?


でもやっぱタイガース全員の方がいいです^^
tg.jpg tg4.jpg
1年間でこれだけって 
tg5.jpg tg6.jpgやっぱ多いですよね
68年のGSブームの凄まじさが計り知れます

タイガース物語は他誌でも連載されました
tg2.jpg

「乙女の宝物」!!GS名鑑
tg3.jpg

私が読んでいたのは64年から75年くらいまで
小学生までかと思ったら意外と長い間読んでたのね~
最後の方は毎週ではなく時々買ってた程度かも

次回は1988年~2013年までの表紙だそうですが
その辺は私には思い入れがないので、これだけで十分です^^


posted by メイ26 at 17:57| 兵庫 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 雑誌・新聞 | 更新情報をチェックする

2012年08月31日

電子書籍「Prints21」

プリンツ21のジュリー特集号が電子書籍で発売中です
p21.jpg
http://honto.jp/ebook/pd_25307900.html

電子書籍ってネットでしか販売しない本でしょ。ぐらいな認識でしたが
PCでしか読めない本なのね~
しかも専用ビューワーが必要(無料DLできます)
しかしなんとか手順に沿って購入して閲覧しましたが

字が小さい!_| ̄|○

フルスクリーンにして画面に眼を近づけてなんとか読めるサイズ
とてもロングインタビューを読む気力はありません(-_-;)
PC画面を拡大表示にしたら読めるかも。
と、いったんアプリを閉じて200%表示で再度読もうとしたら

「なんらかの理由で本を表示することができません」

というメッセージが。なんでやねん(--#)
再度ダウンロードし直しても同じ状態なので、ただいま問い合わせ中です
その間に、他の端末にそれぞれDLすれば読めますよ~
と教えてもらったので、iPodにダウンロードしてみたら
こっちはちゃんとオフラインでも読めるし
文字も拡大できるわ~。こっちの方がいいかもw

1988年冬号。となっていますが
年表は1998年ぐらいまであったような?
追記:表紙には1998年と書いてありました。サイトの表示が間違ってるのね
1988年ならジュリー熱が高かった頃なのになんで買わなかったんだろう?と思ってたけど
98年ならナットク(^_^;)
写真はツアーパンフのものとか見慣れたものが多かったけど
画像はきれいなので、やっぱPCでも閲覧したい~
とはいえ、拡大はもとより、画像の保存も印刷もできないし
hontoの会員登録を削除したら読めなくなるみたいだし
いろいろと面倒

やはり紙の書籍にまさるものはございませんわ^^
書籍の電子化反対!!

posted by メイ26 at 21:46| 兵庫 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 雑誌・新聞 | 更新情報をチェックする

2012年03月16日

NHKステラ

DVC00007.jpg
ネットの画像はサティスファクションだったけど
ステラはジャスティンです(^^)記事はソングスの時と同じ大きさ
posted by メイ26 at 15:17| 兵庫 | Comment(2) | TrackBack(0) | 雑誌・新聞 | 更新情報をチェックする

2012年02月18日

北京にジュリーの歌が 1978

昨日のトークライブでピーが
「時の過ぎゆくままに」は台湾では有名な曲だと言ったそうですが
ほとんどリアルタイムで北京で流行っていたらしいですよ~
1978年の新聞記事の切り抜きです
781104-.jpg

ピーも北京で聞いたことがあるんじゃないかしら
などと思ってしまいますが
(“ニーナ”はご存じなかったみたいですが^^;)
記者さんが聞いたのが北京国際クラブというところなので
一般社会ではそれほど聞く機会はなかったのかな
でも30年近くじわじわ~っと浸透していたんですね

由紀さおりさんも当時からグローバルだったのね~
でも文中にある「今あなたはどこへ」って何?と当時も思ったような
♪今あなたは目覚め で始まる「いきがい」じゃないかと思うのですがw

☆☆スキャナが生き返ったので、デイリー記事もトップに貼っておきました
posted by メイ26 at 18:01| 兵庫 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 雑誌・新聞 | 更新情報をチェックする

2012年02月08日

岸部一徳が初めて語る

という見出しにあおられて
週刊女性2月21日号買ってきました
今度は本屋に直行して(^^ゞ ついでにバーゲンでコート買ってきたw
sali.jpg

(立ち読みした)どっかの記事では、再結成はサリーが中心になった
と書いてありましたが

沢田に「やろう」という強いものがあって
それではじめて「僕も頑張ろうかな」っていうふうになるんですよね
それにしても、武道館で観客に囲まれると圧倒されますよ
遠目では昔と一緒なんです。でも近づくと

「お互い年をとりましたね」って

そないハッキリ言わんでも~
武道館が狭く見えたのは私達が育ちすぎたせいかもしれませんw

ピーもシローに、まずは精神面で立ち直ってほしいと言ってましたが
兄も「自信がないだけ」だと言ってます
元気だった頃の自分と今を比べてしまうそう

でもそんなこと忘れていいんですよ

そうそう。ジュリーもタイガース時代の体型を忘れたから今がある
なんて。茶化しているように聞こえたらすみません
でも歳を取ったり病気をしたりで、それまでできたことができなくなった時
これが今の自分なんだ。と受け入れると
また前向きに生きていけると思います

シローの破産問題とか、ご近所トラブルに見舞われながらも

俳優を長いことやっていて
音楽をやっていたことを忘れてしまっていたんですよ
でも、今回やってみて本当にわかった
僕は、俳優という以前に音楽好きの少年なんです
僕はそういう人間なんだなって気づきました
もう65歳ですから、昔どおり同じことをするギリギリのところでしょう
なるべく早く、タイガース全員でやりたいんです
かつみが出ないのに、またやることはないでしょう
彼もツアーに来れば
こうやって自分はやってきたんだなって気づけるのにな

ジュリーと同じ熱い気持ちを語っています





posted by メイ26 at 20:37| 兵庫 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑誌・新聞 | 更新情報をチェックする

2012年02月05日

ザ・タイガースレコードデビュー記念日

今日2月5日は最初のシングル「僕のマリー」の発売記念日
ということで、タイトルも差し替えました^^
ジュリーはこういう記念日をしっかり覚えてるけど
サリーとタローは「あ、これがデビュー記念日になるの?へえ~」
みたいな反応やったなあ(「ジャスト・ア・ニューデイ」より)

その記念日に。
(ジュリー)
世間の話題に遅れること3日
やっと買ってきました~。女性セブン2月16日号
「ザ・タイガース41年分の絶叫」
DSCN1572.JPG

入手するのに苦労した方ごめんなさいね~
さんざん本屋さんの前を素通りしたあげく
通りすがりのコンビニでおにぎりと一緒に簡単に買いました
帰りによった食品スーパーにもまだ在庫はありましたので
買いそびれた方、今からでも遅くありませんわよ

皆様の評判通り好意的な記事で、ワタクシ思わず涙ぐむところも;;
カラーグラビアのタイガース写真も
トッポの時代とシローの時代を1枚ずつ配置してるし^^
そして。記事の方の表紙は解散時のメンバーの今昔ですが
70年頃の写真ではシンバルですっぽり覆われたピーの顔も
2012年には笑顔で映っていて、グッジョブですことよ(^^)b

しかしタイガース以降のジュリーの写真は
DSCN1571.JPG
↑ これしかなかったのか!? と言いたくなるほど季節はずれ
グラビアの方も水着写真だし~
あとはジュリー祭りと2度目の結婚式写真
きっと他に写真がなかったのであろうと推察w

細かいことを申せば、SONGSの放映年が2005年になってたけど
まあ校正ミスでしょ^^

タローの言葉として
「自分も人気がある。ソロでもやっていけるんじゃないか。と勘違いしてた」
とありましたが
そんなん、みんな同じよ~
ジュリーだって「(タイガースに熱狂していた)あの人達はどこへ行ったんだ」
と何度も言ってましたから^^

一人一人の人気が5倍になってたんじゃなくて
ザ・タイガースというグループそのものがとてつもなく魅力的だったのよ
メンバー以上に事務所が勘違いしていたと思うわ
ジュリーが東京ドームに3万人集めたのは、その後のジュリーの努力の賜
ザ・タイガースの栄光に照らされていたわけではないと思います
他のメンバーもそれぞれの人生を着実に歩んできたから
40年以上たって、5倍どころか10倍にも20倍にも
輝きを増したタイガースが戻ってこれたのです

シローも歌えたし、開演前にいちばん心配していたピーが
誰よりもパワフルで、38公演無事に終えられたこと
いろんな人がモノが護ってくれたのだと思います
posted by メイ26 at 17:17| 兵庫 | Comment(8) | TrackBack(0) | 雑誌・新聞 | 更新情報をチェックする

2011年11月09日

NHK初出演ジュリー編

ピーの日記で私も修学旅行のことを思い出して
行き先は東北だったんだけど、どこへ行ったんだっけ
と、アルバムを探していたら
なぜかジュリーの切り抜きもいっしょに入ってましたw

ジュリーがNHK初出演時の記事
nhk.jpg

リサイタルが昨年暮れと記事にあるから、1972年ですね
タイガース時代よりずっと髪長いんですけど…

nhk2.jpg
nhk3.jpg
「あのころピーキャーいって騒いでくれた女の子」が
40年経ってもまだピーキャー言っていようとは(^^ゞ

で、修学旅行は磐梯吾妻スカイラインと飯盛山の集合写真が見つかりました
会津地方しか行かなかったのかな?もう忘れちゃったw
仙台駅は帰りの夜行列車に乗るためにだけ行ったのを覚えていますが
私の住んでる街より都会やなあという印象が強く残っています
posted by メイ26 at 00:00| 兵庫 ☀| Comment(9) | TrackBack(0) | 雑誌・新聞 | 更新情報をチェックする

2011年09月26日

GSパニック・インタビュー

富山・岐阜とライブが続き
その間隙を縫ってピーがメッセージ更新しているというのに
なんでここは季節外れの編み物特集なんや!?
と、お怒りの皆様へ
二つ前の記事「台風を呼ぶドラマー」のコメント欄に
富山に行かれた方の詳しいレポがありますので、
どうぞそちらをご参照くださいませ~
よろしければ岐阜レポもお願いします(他力本願)

だって自分が見ていないものは語れないもの…

その間私は橋本治さんの本と一緒に借りてきた
「テンペスト」(池上永一著)に読みふけっておりました
その感想文は本館の方にでもあげるとしてw

タイガースブログ(え。いつのまに?!)としては
「GSパニック」について語る方がまだしもでしょうか
これも読んだのはピーとタローのインタビューだけですがw

このインタビューがもっと早く発表されていたら
オープニング曲予想は不毛の論争でしたね^^
ジュリーが加入して最初にやった曲が
「Mrムーンライト」「ドゥユーラブミー」「タイムイズオンマイサイド」
オープニングの3曲そのままやし~
そういえばTEA FOR THREEのラジオで
ファニーズで最初に歌ったのが「Mrムーンライト」だと言ってたわ
「みんなとやる前から僕が歌ってたから」って
そんなこと今頃思い出しても遅い~~

このインタビューのタイトルでピーは
「タイガースの母体を創った真のリーダー」と紹介されています
DSCN3196.JPG
そのピーが
「彼は辞めていったんですから」と
トッポにそこまで気を遣わんと「タイガース」を名乗ればいいのに
と言ってますが
私の気持ちはピーと同じ。
私の中ではトッポは辞めたままで、同窓会はタイガースと認めません。
でも、メンバーも他のタイガースファンも
それぞれに自分の中のタイガースを愛しているから
なかなかひとつになるのは難しいかもね

いつも新曲を歌ってきたジュリーが今回は「昔の曲ばっかり」で
ピーが新しい曲をやりたかったというのもおもしろいなあ
曲は古いけど、アレンジは新しくなってるし
なにより、ボーカルが40年分の重みを増しているので
全然古くさい感じはしないけど

そういえば、最初は「27曲練習した」と言っていたのにツアーでは24曲
あとの3曲はトッポとシローのレパートリー。という声が多いですが
SONGSで「ロンググッバイ」「道」「老虎再来」
という線はないですか~?
ジュリーが「ピーを立てている」のなら
ピーが作った新曲に日の目を見る機会を与えたいとか思わないかな?
そんな感情なんか抜きにして
還暦越えタイガースで「老虎再来」を聞いてみたいだけなんですが

タイガースの昔話としては、タローのインタビューの方が興味深かったです
「タイガースを愛している男」って。他に肩書きはなかったのかw
DSCN3197.JPG
「昔は弾きながらものすごく動いていたんですよ」

これ、昔の映像を見る機会がなかったらピンとこなかったと思うけど
ほんとに、ゼンマイ仕掛けの人形みたいに
「なんでそんな動き回ってるの?」と笑っちゃうほどの動きでした^^
一つマイクで歌うとか、お揃いの振りをするんじゃなくて
てんでばらばらにあっちゃいきこっちゃいきするんですよ
ジュリーがいちばん動きが少ないくらい
サリーのはっちゃけぶりがすさまじかったわ~~

それと、ミックスの話
タイガースのレコードを聞いていると(ライブ版もスタジオ版も)
高音と低音が均等ではなく、曲の途中で突然低音や高音が強調されたり
なんか変だなーと思っていたんですが

「4チャンネルだと全部の音が入らない」←それかー!みたいなw

そういうアレンジなのかとも思ったんだけど
Aメロの途中でバランスがかわるのって変やもんね~
ジュリーの声さえ消えるところがあるしw
シングルの最初の3枚はトッポの声はほとんど入ってないし(^0^;)

他にはタイガースのお宝グッズが多数掲載されていて
これさえあれば、私がちまちま持ってるお宝をネットにあげる必要ないじゃんw
でもチョコの景品で、横長のポスターが載ってない
gspnc.jpgこれじゃなくて
gspanc.jpgこれと同じ時期
ピーが白いカーペット?に寝そべって電話をかけていたような?
もう記憶もおぼろですが

こんなんもあったんや。しらんかったなあ
gspnic.jpgジュリーの字は今と変わらない^^

posted by メイ26 at 18:44| 兵庫 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 雑誌・新聞 | 更新情報をチェックする

2011年09月25日

続・ジュリーのポスターをセーターにする

という記事を書いたのは何ヶ月前だったかしら
そのとき、「図書館で見た」というコメントがあったので
私も検索して予約していました
しかしいっこうに連絡がなく。そのうちピーが帰ってきて
にわかに慌ただしくなってすっかり忘れておったのですが

別の本を予約しようと思って画面を開いたら
あら?まだ予約状態で残っているではありませんか
よく見ると、以前は予約ボタンをぽちするだけで完了だったのに
いつのまにかシステム変更されていて
予約すると、ネットショップみたいに「予約かご」に入れられるだけで
さらに決定ボタンを押さないと予約完了にはならないのでした~

というわけで今頃になって届いた
IMG_0002.jpg
橋本治の手トリ足トリ

ジュリーのセーターの編み方については
以前の記事に載せたとおりで付け加えることはなかったのですが
完成品を着用している図があったので
ツアーとはまったく関係ない話題ですがご紹介しておきます^^
strper.jpg
あら。素敵わーい(嬉しい顔)

strper2.jpgなんか普通に着れそうねw

決してゲテモノではなく実用的であることがわかりましたわ
今から編めば再来年ぐらいのツアーに間に合うかも~ 
無理

本自体はまっとうな編み物指南書となっており
道具の選び方や作り目の作り方も詳しく解説されております
皆様もお近くの図書館でご覧になってはいかがでしょうか(^^)
初版は1983年で、私が借りたのは1989年版でしたが
あまり借りる人もいなかったのか、キレイな状態でしたよ~

ちなみにスタイリストはタケジさんと
かつてジュリーを担当していた大村カズコさんでした

追記:前に書いた記事はこちら ↓ ↓
http://jewel-julie.seesaa.net/article/172732873.html

記事のタイトルもまったく同じだったので、こちらを(続)にしときました
posted by メイ26 at 20:29| 兵庫 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | 雑誌・新聞 | 更新情報をチェックする

2011年09月17日

ザ・タイガース40年目の絆

私も買ってきましたよ~。恥ずかしい雑誌

って。どこが?
野田内閣「屁のような醜聞」という見出しですか?
うむ。確かに。こんな内閣を戴くのは国民として恥ずかしいことだ
ということではないですよね?
あれか?袋とじ企画か(^0^;)
それならむしろ買うのが恥ずかしいのは男性ではないでしょうか
もちろん私はタイガースのグラビア以外は捨てますので
袋とじが欲しいかたはどうぞ挙手をw 
そのほうがよっぽど恥ずかしいわ

すみません。前置きが長くて
post1.jpgこういう記事です

デビュー当時から国際フォーラムのステージまで
写真の選択もいいし、文章も好意的で
言うたらなんやけど雑誌全体のトーンからは想像できないくらい
いい特集なので、TGファンの方はぜひご一読くださいませ
あ、雑誌名書いてなかったな。週刊ポスト9月30日号です

かつて一緒に住んでいた目黒ハイツ前でのタローとピーの2ショット付き
これが、建物の高さを入れるためか下から撮影されているので
懐中電灯で下から照らしたような顔になっているのがちょっとww


「いろいろと不安もあったけど、本当に楽しいステージになりましたね」
と語るタローですが
3人で初めて音を出した時は、「シーサイドバウンド」が
「だんだんバラードみたいなスローテンポになっていくんだもん」

バラードの「シーサイドバウンド」!それはレアな!聞いてみたい(^^;
でもそんな報告を聞いて不安になったジュリーが
リズムボックスを携えて(?)見に行った時には「現役バリバリ!」
になってたんだものね。どんだけ練習したんでしょうね

そんな楽しい練習を続けていた8月17日。
「沢田がマイクを使って中井さんの訃報を告げて『休憩』とだけ言った。
 誰も自分の場所から動けなかった」
この4人が集まることができたのは中井さんがピーに会いに行ってくれたから
それなのにどうして…
「あと3週間あったら僕達の晴れの姿を見せてあげられたのに」

このツアーは中井さんが命がけで実現させたもの。とも言えます
ライブが一級品であることは誰もが認めるところなので
あとはみんな元気でファイナルを迎えて
中井さんにツアーの成功を報告してほしいです

そして最後にタローの希望
「ツアーが終わっても、絶対的な別れまでは今のような状態でいたい
 回数じゃなくて、会いたいと思ったときに会える関係でいたい」
私も心からそう願っています。もうロンググッドバイはなしにしてね

こんな素敵な特集だったけど
1枚だけ、同窓会の写真を「新生タイガース」として紹介している
というミスはすでにあちこちで指摘されていますがw

私が注目したのはこちら
post.jpg
最初は「アレ?ジュリーこの時セーター着てたっけ?」と思いましたが
よく見たら、マイクを持っているのはシローでした
ジュリーはタローの横でギターを弾いています
え~?こんな場面あった?ワタクシ記憶にございません
テレビではカットされていたのでしょうか

貴重な写真を見せてくれて、週刊ポストさんありがとう~
でも来週号は買わないと思うけど(^0^;)
posted by メイ26 at 22:45| 兵庫 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 雑誌・新聞 | 更新情報をチェックする

2011年08月26日

週刊文春続き

東京がえらい大雨だったようですが、皆さん被害はありませんでした?
ピーたちは今日も練習してたのかしら

阿川ピー対談の続き
解散前後の哀しい想い出はここらへんでおいといて、教員になってから

阿川「教えることは楽しかったですか」
瞳「楽しかったですね。授業をみんなが喜んで聞いてくれて
 返ってくるものがあって、そして覚えてくれたりすると、
 こっちもすごく満足。音楽と同じですよ
 僕らはエンターテインメントをやってたんであって、
 高尚な音楽を聴かせてやるぞって気は全然ない
 そしてお客さんとの呼応の中で、エネルギーをもらう
 授業でも、僕は生徒からエネルギーをもらってきました
 エネルギーをもらって、授業料をもらって、ありがたいですよね」

ライブの受け止め方はジュリーと同じだなあ
9月からのツアーでもいっぱいエネルギーを受け取って
みんな元気になってもらいたいです

サヨナラ日劇の時かな?私も知らなかったけど
裕也さんが学校に来て暴れた(?)ことを後から聞いて

阿川「どう思われました?懐かしいなあ、会ってもいいかなあ、とか」
瞳「いえ、特に何も(笑)」
阿川「フッフッフッ、裕也さんたぶんこのページ読まれますよ。
  この間出ていただいたばかりだし」
瞳「今度会ったら殴られるかな(笑)」

でも中井さんが訪ねてきた時は

瞳「僕、その日は学校にいなくて、中井さんは名詞を生徒に預けて帰ったんです
 受け取って、“エッ、中井さんが?”ってびっくりして、すぐに連絡しました」

そりゃ裕也さんに殴られるわ(笑)

阿川「ずっとタイガースとの接触を断っていた瞳さんが
 中井さんの名詞に心が動いたのはどうしてですか」

それより以前に、明治唱歌を蘇らせる作業を始めていて
瞳「そういう活動を初めていたところに、中井さんが訪ねてきたもんですから
ああ、自分がまた新しく音楽と取り組みはじめた時に中井さんが来たということは
これでまた、音楽でみんなとつながることもあるのかなあ、なんて思って…」
阿川「縁を感じた?」

離婚したり、ジュリーが「ロンググッドバイ」を歌ったり
いろんな縁がつながって再会した中井さんは

「彼は最初に、『仲のいいグループを台無しにしてしまって申し訳なかった』
 と詫びてくれたんです」

それで、ピーがタイガース時代に抱いていた不信感もとけていき
さらに

「おまえは歌も歌わないし、会社が売り出そうともしなかった。
 なのになんで人気があったと思う?」
「売りだそうとしなかったのに売れた。おまえの人気は本物だったんだ」

と聞いて

瞳「ちょっといい気分になりました(笑)」
阿川「中井さんウマイね」

いやほんとに(笑)
今思うと、TVではほとんど歌ったり話したりってなかったのに
映画を見る前からピーのことが好きだったもんね~
ピーが一番、ジュリーが二番
明治チョコの包み紙を送るのも、まずはピーの分でした(^^)v

それからメンバーに会って、タローが泣いたりシローが療養中だったり
かつみがいなかったりしたので
「僕が間に入って、みんながまとまればいいなあと思って
 かつみとは別に会いました」

が、いろいろあって(笑)
ジュリーのツアーにゲストとして出ることになり

「正式なリハーサルが始まる前、タローと3人で集まって練習したんですけど
 すごく楽しい。4時間や5時間、あっという間に過ぎますよ
 ずーっとやっていたいくらい」

ここ読んで泣けました。もう、ずーーっとやってて~~~~

阿川「一昨年脳溢血で倒れられたそうですが、お体はもう大丈夫なんですか」
瞳「僕の歌うのはかなりシャウトする曲なんで、
 ちょっと選曲間違えたかなあと思っています」
阿川「え~っ、心配~」
瞳「僕がおとなしい歌やっても意味ないですからね。舞台で倒れれば本望です」

その危険な考えだけはやめてー(>_<)
といっても私もきっと一緒にシャウトしちゃうと思うけどw

大丈夫。中井さんが見守ってくれるから!
bunsyun3.jpg
楽しそうやんw
posted by メイ26 at 20:13| 兵庫 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 雑誌・新聞 | 更新情報をチェックする

2011年08月25日

週刊文春9月1日号

阿川佐和子の「この人に会いたい」第888回

bunsyn.jpg

ピーのサイトでは「同級生でもあり、大変話が弾みました」とありますが
そのへんは(おそらく)カットされて
私たちの聞きたい内容がきちんと書かれています

入学当時は阿川さんよりピーの方が有名人だったため
「あっ、ピーよ!ピーよ!」とか騒いで。その説は失礼しました

と、最初に謝っておられます
きちんとした人やね佐和子さん
やっぱり同級生は騒いだのか。羨ましいぞw

ピーは自分の考えを文章にまとめて用意してきたそうです
「教師の習性です」って(^^ゞ
まずは解散前後のこと
打ち上げのあと「38年間メンバーの誰とも会いませんでした」

阿川「え~、だって岸部さんとはメンバー同士という以前に
    幼なじみでもあったんでしょう」
瞳「ええ、中学校以来のね。僕は彼が好きで、
   一生一緒に仕事ができたらいいなあ、と思ってました」
阿川「なのに、なぜそこまで決然たる別れを?」

今年になってから何度も語っているように
とにかくやるべきことがすごく多かったから、切り替えなきゃいけないと

そしてトッポの脱退について

「彼は自分のやりたい事をしたいと思っていて、でも事務所側は
彼の意に沿わないことでも無理やりやらせていたというか…」

それはトッポだけではなく、ピーも
「もっと楽しい音楽があったはずなのに。そのために東京に出てきたはずなのに」

デビュー当時のタイガースの映像を見れば、それはわかりますす
私の知ってた王子様グループとは全然印象が違うバリバリロックバンドでしたもん
そのままでも人気は出たと思うんだけど…
でも他のメンバーも不満はあったけど、しょうがないなあと感じていたようです

瞳「僕にしたら時間を切り売りしているスポーツ選手と同じ感覚だったんです
   若いときは長くない
   それに見合うだけのペイがあるんだったら多少我慢できるけれど」
阿川「お給料少なかったんですか」
瞳「もちろん、人さまよりはうんともらっていたと思います
  でも自分たちの青春を消費した対価としては
  う~ん、どうも納得できないなあ、という」

時代は違うけど、今の野球選手は20歳そこそこでも実力があれば
年収は億単位だもんね
それも会社員に比べたら稼働期間が短いし、年金も退職金もないからということで
(今は年金制度があるみたいですが)
浮き沈みの激しい芸能界も同じ条件じゃないかと
やっぱりメンバーでいちばん年上で、若い頃から自活していたピーは
しっかり考えていたんですねー
もちろん労組もないし、メンバーで結束して交渉しようとしても

「いや、それが向こうは分割統治しようとしてくるんですね」
「個別に呼んで話したりね。団交なんてやりませんからね(笑)」

実際ジュリーだけお給料高かったみたいですしね
どれくらいの差だったのかわかりませんが
ジュリーはむしろ、ちょうどアイドルの待遇改善時期でいい時代だった
とか言ってるし。
ただ、トッポの脱退はジュリーと仲が悪かったからではなくて

「それはないと思います。
 かつみが一番、枠にはめられるのがイヤな男だったというだけで」

と。
そしてトッポがいなくなって落ち込んだピーは、柴田錬三郎さんの影響などもあって

瞳「思い詰めた末に“辞める”と宣言したんです」

阿川「でもどうして瞳さんの脱退がそのままタイガース解散になっちゃったんですか
 かつみさんが辞めたときは
 岸部シローさんを入れてタイガースを続けたでしょう」
瞳「それは僕が“タイガースの継続は許さない。これでおしまいだ”
  と言ったからです」
阿川「あっ、そうだったんですか」
瞳「そうです、僕がそう言わなかったら、まだタイガースは続けられたでしょう
  でも、僕にはタイガースは
  最初にタローと岸部と僕が作ったグループだという思いがあったから…
  だからタイガース解散の犯人は僕です」
阿川「今、明かされた真実…」

いや、ピーが解散を決めたということは当時から言われてましたが(^0^;)
そのことでピーのことをよく思ってないファンもいると聞きますが
そもそもトッポが辞めなければ、あんな風にはならなかっただろうし
ピーが作ったグループだから、ピーが辞めたらそれで終わりだったと私も思います

で、ちょうど今島田紳助さんの突然の引退でTV局があわあわしてますが

「かつみは突然、仕事を全部キャンセルしてパリに行っちゃった。
 それはやってはいけないこと」

に激しく同意します。いろんな事情があったとしてもね
パートのおばちゃんでも退職は1ヶ月前までに申告することになっていますw
だからピーは
「1年後に辞める。でもそれまでの仕事の約束は守る。迷惑はかけない」
と言って、笑顔を封印したままドラムを叩き続けたのでした(T_T)

対談はまだまだ続き、中井さんとのエピソードも出てきますが
この対談が雑誌に載る直前に、中井さんの訃報が届いたということで
先に阿川さんからのコメントを

bunsyn2.jpg
阿川さんも多くのタイガースファンと同じ気持ちですね
ピーがタイガースに戻るきっかけとなった名刺も大事にとってるんだ;;
ほんとにほんとに中井さん、
最期までタイガースのマネージャーありがとうございました

対談の最後に、ピーが歌うのは「シャウトする曲」って言ってます
きゃ~。奇声も復活かしら。楽しみ(^^ゞ
ルーキールーキーじゃなさそうですねw

posted by メイ26 at 17:40| 兵庫 ☔| Comment(11) | TrackBack(0) | 雑誌・新聞 | 更新情報をチェックする

2011年08月12日

GS BEST3対談

ジュリーに似ているというアダムスのボーカルさんの記事を
探してみたけど見つからず
代わりにGS時代のBEST3対談をば。みんな若いわね~
IMG_0001.jpgIMG.jpg

クリックしたら字が読めるサイズなので、切り貼りはせずにおきます
めんどくさいも~ん(^^ゞ それにたいした内容じゃないしw
当時のアイドル対談はみんなこんなものです
それでもみんなうれしそうに読んだのよね(たぶん)

IMG_0003.jpgIMG_0002.jpgこのゲーム覚えてる。しかしなんで畳に裸足w

IMG_0005.jpgIMG_0004.jpg好きな物嫌いなものは40数年前の話ですから

まあこういう時代もあったのね~。と生ぬるく見てください^^






posted by メイ26 at 18:43| 兵庫 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑誌・新聞 | 更新情報をチェックする

2011年08月01日

8月になったとたん

トークショーレポで浮かれているのは私だけではなく
今日はマスコミ解禁?みたいで
夕刊紙に復活記事登場

とても親切な方がわざわざ買いに行ってくださったので
詳しくは右上のつぶやきでw 
Nさんありがとうございます!

夕刊フジはネットにあがっているのと同じ記事のようです
でも、あれだけジュリーがこだわってるのに
「完全復活!」
なんていうとまた話がこじれるじゃないかー!

でも聞くところによると
KKさんは9月10月と、ジュリーライブと同じ日にコンサートご出演とか
・・・
わざとじゃないの?

どうやらまっとうに取材したのはゲンダイの記事のようで
こちらにはそんなにやこしいことは書いてないんですが
また聞きで書いたのか、タローの話をちゃんと聞いてなかったのか(^^ゞ
タローも浮かれていてつい口がすべっちゃったのかもしれませんが

○スポにもなんか書いてあったようですが、それは問題外w

この記事でわいわい騒いでる間に、東横線でのJ目撃情報まであらわれて
よけい話がややこしくなっております
ジュリーは隣の人のipodが気になったようでございます
メ~ト~ロポリタ~ン、ナポ~リ~タ~ンを思い出したのかも^^

いきなり騒がしい8月の始まりでした

追記:いつも仕事が早いピーのサイトにも早速記事があがっています
    急いでスキャンしたらしい手仕事感がいいわ~(^^ゞ

posted by メイ26 at 22:43| 兵庫 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑誌・新聞 | 更新情報をチェックする

2011年04月28日

TVコスモス91年12月号

フィギュアの世界選手権・男子
高橋君がまさかのアクシデントで残念でしたが
小塚くんが堂々2位!フリーは完璧でしたね~
阪神のふがいない負け方のストレスを払拭してくれましたわ(ノ∀`)・゜・。
阪神は震災の年も最下位だったし、「覚悟」っつーもんが感じられへんわw

あ、ここはジュリーブログでした、失礼しました(^^ゞ

こないだスキャンしたTV情報誌は「スペースチャンネル」
オークションに出ていたのはNHKの「STERA」ですね
本家?だけあって、表紙も含めカラー5pで
ファニーズからジュリーマニアまで網羅しておりますが
写真自体はどこかで見たようなものばかりです

もうひとつ「TVコスモス」という情報誌が前編白黒ながら3p特集してくれていて
butai.jpg

jm6.jpgこの右側!
これが音楽劇「ドン・ジョバンニ」の非行(飛行)青年ですわ~
映像は公的には残っていないので、かなり貴重なショットでございます
左側は松浪先生じゃなくて、「貧民倶楽部」のなんとかさんw ←役名忘れた
記事を拡大してみました
kiji1.jpg
セゾン劇場の作品が映像化されてないのはほんとに残念です
おもしろかったのになあ

こちらは映画作品リスト
eiga.jpg

全部斜めにスキャンされているのは私の心が曲がっているためですすみません
posted by メイ26 at 23:38| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌・新聞 | 更新情報をチェックする

2011年04月23日

We love JULIE

調子不安定なスキャナが今日は作動したので
なんか取り込む物はないかいな、と物色してみました
IMG_0003.jpg
NHKBSの25周年記念番組を特集したテレビ雑誌です

jm.jpg
jm3.jpg
この頃はSMAPはいなかったのかな?光GENJIと比べられてる(^^ゞ

井上さんはこういう特集ではいつもコメントをくれます
jm1.jpg
いつものエピソード。寝顔とウンチ^^

その他いろいろな人からも(笑)
jm5.jpg
jm2.jpg老けすぎの女三宮役でしたね(毒)
jm4.jpg ←
これが雑誌名です。12って何やろ?
posted by メイ26 at 18:35| 兵庫 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 雑誌・新聞 | 更新情報をチェックする

2011年03月11日

今日はジュリー

昨日ピーの記事を載せてくれた神戸新聞夕刊
今日はジュリーです~(^^)v
kobe03.jpg

でもスキャナの調子が悪くて読み込めません
kobe0311.jpg

ま、同じ新聞をとっているさんごさんがアップするでしょうから
記事はそっちで読んでください^^
ピーの記事よりかなり大きく、1面にも写真付きって
ジュリーに気を遣ったのかしら

昨日に続き、当日の記事を載せてしまったw 
一応ちっちゃくしといたからいい?(^^ゞ

posted by メイ26 at 17:10| 兵庫 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑誌・新聞 | 更新情報をチェックする

2011年03月09日

人生に遠回りも近道もない

昼間に、「読売夕刊にピーが!」という書きこみを見て
オンラインで探したんですが見つからず
阪神のオープン戦を見た後は
「ジャスト・ア・ニュー・デイ」の続きを聞いたりで忙しく
今やっと夕刊を開いたら
pe1.jpg
pe2.jpg

自分ちの夕刊に載ってた~\(^^)/
ってことは各紙共同?

その日の新聞記事はアップしないという
自分なりの基準を守って来ましたが
夕刊が来たのは2時半頃。8時間たったらもう資源ゴミや~
と都合のいい解釈をしました。だってピーの記事だものw
恋する乙女は(誰がや)規則を破るものなのよ~

「5人は今、再結成に向けて練習を重ねる」

5人?

ともかく練習をしてるのね~

追記:ピーの記事はわざわざここに貼り付けなくとも、オフィシャルサイトで
   素早くアップされるようです。どこぞのオフィシャルとはえらい違(ry
   ピー、神戸新聞も貼ってね~

posted by メイ26 at 22:27| 兵庫 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 雑誌・新聞 | 更新情報をチェックする