2020年12月21日

ジュリーオフィシャルからのお知らせ

今日の早朝、ちょっとした(ちょっと?)衝撃が走りました
澤會が解散するというお知らせ

ちょっと。というのは出勤前でじっくり読む時間がなかったのと
ファンクラブの解散は2度目なので少しは免疫ができていたせいかも
ココロが解散するわけじゃないんだし。

ちらっと読んだ時も、いつもの文体とは違って
ジュリーの言葉をそのまま文章にしているような感じを受けましたが
今じっくり読んでみて
ジュリーのライブ再開はまだまだ遠いのかな、という感じ
ピーも佐渡裕さんも、
どうやればコンサートをできるのか、という前提で
とにかく前へ進む!という強い気持ちを感じましたが
ジュリーは安全に楽しめる時まで待つつもりなんでしょうか
それは何十年もかかるとは思わないけど
ジュリーとファンの年齢を鑑みればけっして短い時間でもないと思う
もちろんコロナを克服した開放感を味わうまでは
なんとしても生き抜いてやる!とは思っていますが

それにしても、ジュリーは古希、私は還暦をすぎて
これから楽しい人生を、と思っていたのに
苦難の道が続きますねえ…
こないだ聞いたトスカの「歌に生き、恋に生き」を思い出しちゃったわ
「私は歌に生き、恋に生き、誠実に生きてきたのに
 なぜ神はこのような報いをお与えになるのか」
というような歌詞で
恋人が死罪になる絶望を歌ったアリアで、今の状況とは違うけど
ジュリーに幸福な報いあれ。と祈ります

澤會は前回のファンクラブ解散をうけて32年も続いていたのね
ほんとに長い間お世話になりました

ピーのことも40年待ったんだから
お互い生きていれば、この1年(あるいは数年)もいつかは過去の話になるはず
posted by メイ26 at 00:51| 兵庫 🌁| Comment(8) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
正直なところあまり衝撃は走りませんでした。
会社を畳むわけではないし、第一ジュリーが歌うことを辞めると言ってるわけではないので。
なんせ自転車操業らしいのでw稼ぎ手が稼げない状況では経費を削減して耐えるしかないと思います。
それもええかもなーと思いました。

無理してツアーを組んでもいつ何時イベント自粛要請がでるかわかりませんし、そうなるとまた払い戻しだなんだと経費がかさむことになります。
また、客席数を減らしてともなると収益も上がらないでしょうしねぇ。
自分やスタッフ、ファンの健康のことも神経つかいますし、きっぱりと「しない」ことに決めたんでしょうね。
早々にやらないと表明してくれた?ことは私としてはありがたいです。
やるんか?やらんのか?あるのか?中止か?とモヤモヤする方が嫌なので。

でも確かに70を超えたジュリーとファンにとって2年は長いですね。
一年一年が今までの一年とは違いますもんねー。

しかしながらジュリーが元気いればもう何でもいいかというところに落ち着きます。
自分自身も気晴らしはしつつ用心していくしかないなぁと思います。
Posted by tukiyo at 2020年12月21日 15:56
メイさん
こんばんは。

昨夜遅くなって知りました。
文章を読んでジュリーらしいなと。
お見事としか言えないな。
エンタメ業界は大混乱していると思うし、それぞれが自分のやり方を続けられる状態じゃない中で、これができるというかしちゃうことは素敵じゃない?

先日、高田賢三さんのドキュメント番組を見ていて(メイさんも、見ていたのね)いろいろ腑に落ちたところもあって、その時にジュリーのやり方の潔さとか困難さを感じたりしたことを思い出しました。

歌うことを止めると言っているわけじゃないし、不幸ではないおっしゃっているのでOKです←ナニサマ(笑)
声のコンデションのことは心配だけど、それはジュリーが一番わかっていることだから余計なお世話だわね。

メイさん、あちこちに出没なさって、うらやましいけど、どうぞご無事でね。
Posted by momo at 2020年12月21日 20:28
>tukiyoさん
突然だったんでびっくりはしましたが、
やることもない部門を遊ばせておく予算はないってことかな。と
でも、この時期に仕事がないってことは来年のツアーはないのね~
とがっくりしました
(ぴあなどで委託販売はできるけど)

それよりも、ジュリーはwithマスク&キープディスタンスのライブを
やる気はないのかということが衝撃で(ノД`)
まあそんな気はしてたけど。
変異種も出てきたことだし、やり過ごすには思ったよりもっと長い時間がかかるかもしれません
といって、配信ライブはもっとやりたくなさそうだし
(タローさんに誘われたらやるのか?)

悪いことばかり考えてもあかんけど、「コロナはただの風邪」というのも無防備すぎるし
ジュリーとファンに残された日々はそんなに多くないのも現実だし
とにかくみんな元気で生き続けるしかないですよね

この事態を察知して土方さんLoveが復活したのか、
私は気晴らしを超えて幕末へ旅立ってしまいそうですが
ジュリーが戻ってきたら呼び戻してね~(^^;)
Posted by メイ26 at 2020年12月21日 23:05
>momoさん
こんばんは。私は早朝の出勤電車の中で知りました
引退宣言ではなく、不幸でもないとおっしゃるのでひと安心ではありますが
不完全な形でもツアーを再開する気はないのか~、と><
まあそんな気はしないでもなかったけど
2021年が歌手人生で初めてライブのない年になるのかと思うと。

佐渡裕さんは劇場の監督だから独自の検証実験もできたけど
(それに大人数のオーケストラの生活もかかっているし)
劇場へ歌いに行く立場の歌手は自分が納得できるライブができるかどうかわかりませんもんね
でも、最近はドームやアリーナでRockコンサートもしてるみたいだし
ちょっとは希望を持ってたの
2年も歌わなくて喉は大丈夫なんか、とやっぱり気になるし
このままフェイドアウトすることだけはないことを祈っています~

高田賢三さんは「おらが町の出世頭」なので、華々しい活躍だけは知っていましたが
あのドキュメント番組は目からウロコなこともいっぱいでした
世界遺産をバックにしたファッションショーで故郷に錦を飾ったことに触れられなかったのは残念(^^;)

しょうがないのでNHKのDVDでも見てがまんするかなあ
でも過去のジュリーはもう別人でしかないから、心の穴はうまらないだろうなあ
やはり幕末への旅にでるかw

momoさんも十二分にご自愛くださいね。またお会いしたいです





Posted by メイ26 at 2020年12月21日 23:35
小学生の頃、「新選組始末記」という番組があって土方さんにはまった過去がありますー。
土方さんは古谷一行さんでした。
そこから幕末にはまり幕末ごっこなるものをしてましたw
例えば吉田松陰ごっこ。
須磨海岸へ行き、吉田松陰役の子が波打ち際に立って腕組みをして海を眺めます。
そこへ別の子がゆっくりと近づき「先生、何をご覧になっているんですか?」と訊く。
すると松陰がゆっくりと腕組みを解いて海を指しながら重々しく「日本の夜明けだよ」
な~んてことをやってましたーーアホ。
Posted by tukiyo at 2020年12月22日 20:45
>tukiyoさん
え?小学生で古谷一行の土方さん?
ちょ、そんな年齢差あったの~。ショック 。・゜・(ノ∀`)・゜・

私の古谷一行像は金田一耕助だったので違和感ありありだったし
もうごっこ遊びをする歳でもなかったわw

沖田君はかわいければいいけど、土方役には強いこだわりがあり
栗塚旭以外で許せたのは村上弘明と山本耕史だけです (`・ω・´)
Posted by メイ26 at 2020年12月23日 00:24
そんな差はないですよ?
年が明ければすぐに誕生日がくるのでGOGOですよ。
だから7、8歳の差でしょ?
10代なら精神、見た目ともにこの差は大きいですけど。
50過ぎたらそれほど変わらんでしょ~。
そして出ましたね!栗塚旭。
土方と言えば出るお名前。
見たことないんですよねー。
ジュリーに土方さんやって欲しいなぁと思った時期もありましたよ。
子虎ジュリーなら沖田総司。
30代ジュリーに土方歳三。

木原敏江さんの「天まであがれ」が読みたくなってきた。
Posted by tukiyo at 2020年12月23日 17:36
>tukiyoさん
いや、7,8歳の差は大きいよ。
栗塚さん見たこないなんて~。という私も見たのは再放送ですがw
というのも「天まであがれ」を読むまで新選組を知らなかったのでww

しかし30代のジュリーに土方さんやってほしかったのはいっしょやいっしょ\(^O^)/
イケメン喧嘩師そのままやし♪
沖田君のイメージは全然なかったけどね~

ジュリーツアーが復活するまでここ土方さんブログにしちゃおうかな、とか思ってます(^^;)
Posted by メイ26 at 2020年12月23日 23:21
コメントを書く
コチラをクリックしてください