2019年10月12日

あなたの歌声が青春

リンド&リンダースの宇野山さんが同世代のために作った曲
「やんちゃな高齢者」
9月の明月荘サヨナラ記念ライブでピーが歌ったんですが
その時の歌詞はピーが作詞したそうで

原曲はこちら

ライブで聞いた時も思ったけど、ちょっとハスキーでいい感じな声です
ジュリーの歌のカバーは先入観を持って聞く私だけど
宇野山さんの勝手にやDABADAはわりと抵抗なく聞けました
その場の雰囲気にもよるけど(^^;)

その中の
「ジュリーあなたの歌声 それが青春」という一節が心を打ちました

まさにそれ!
きっかけはどうあれ、ティーンエイジをジュリーの歌を聞いて過ごして
その後なんやかんやありながらも老年期まできて
ジュリーの言動を好きになれない時期もあったけど
ジュリーの歌を嫌いになったことは一度もなかった。これは断言できる

もともと歌い手を好きになるより歌や音楽そのものが好きになるタイプなので
ザ・タイガースだけが特別。その中でもジュリーの声が特別だったのだと思う

ピーはこの部分の歌詞をまず変えた、らしいけど
そこをどう歌っていたのか記憶にありません。すみません
ピーには申し訳ないけど私の青春時代にピーはいなかったからね。
これはしょうがない
でも老いらくの青春はまた共にある。。。かも(^^;)


P.S.「生きてるだけでもうけもの」は明石家さんまかーい。と思ったw





posted by メイ26 at 17:23| 兵庫 ☁| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
メイさん、歌のアップありがとう♪歌詞も曲も素敵ですね。
「ジュリーあなたの歌声 それが青春」まさにそうですよね。
振り返ると、私の青春時代、様々な事がありましたが、いつも背後にはジュリーの歌声が流れていました。その一曲一曲を聴くと、(この時、こんな事があった、こんな事をしていた)と鮮明に思い出が甦ります。
ポップな曲調で、ツイストやジルバを踊りたくなります。
これはCD化されているのでしょうか?
Posted by みこ at 2019年10月27日 23:51
>みこさん
コメントありがとうございます
ライブで聞いた時は懐かしいサウンドだ~と思った程度ですが
あらためて歌詞を聞いて共感しました
私もジュリーの歌を聴くと、必ずその頃の自分のあれこれがセットで思い出されます
ただの楽曲ではなく、ほんとに「青春」です
今の声で聞いてもその思いが変わらないのがすごいと思います

ネットの番組で使われることになったという話は聞いたのですが、CD化のことははっきり覚えてません。すみません
YouTubeで聞いて~と言ってらしたように思うので、ご紹介しました^^
バックの映像はいろいろなバージョンがあるようですが、あの時代を振り返る映像のを選びました
これもまた懐かしいです(^o^)
Posted by メイ26 at 2019年10月28日 00:34
コメントを書く
コチラをクリックしてください