2017年09月23日

Ha・Pee・y Birthday2017 in Kyoto

瞳みのるさま71歳のお誕生日を祝し、京都に行ってまいりました
洛中も洛中。御所の隣というリッチな立地の京都府民ホール
初めて行ったけど、きれいなホールでした
お庭も素敵だったけど、じっくり見る機会がなくて残念~

座席表を見て、1階13列しかないとか言ってたけど
私の10列の後ろにもかなり列があったので、それは2階なのか?
5列目くらいから大きな段差があって、見やすかったです
ここは音響がいいということでゲスト兼準備係の坂田氏が選んだそうです
確かに。動画の音声もくっきり聞こえたし
心なしかピーの歌もいつもより力強かったような…?

中央が掘りごたつみたいに低くなってる珍しいステージ
出演者は高齢者ばかりなんだからステージ上の段差は危ないのでは~
と思ったけど、年々若返るピー先生は難なく乗り越えました(^^)/

ピーの暴走をひきとめるべく、冒頭からセカンドスピーカーの坂田氏がつききりでしたが
ちょっと危ない時事ネタと頭髪ネタの連発で眠くなりかけたころ
突然ジュリーのROCK 黄 windが聞こえてきてシャキーン!(`・ω・´)

サブタイトルが「山城ウエスト・サイド物語」で
ピーの故郷を映像でぐるっと一巡りしながらエピソードを語る中での
山城高校の大先輩吉田義男氏の紹介でした
これはナットクしたけど、映像の中でぴょんぴょん跳びはねていたのを
「なんだかわかりましたか?」
これも先輩の釜本邦茂さんを表現していたって。ごめんわからんかった
目玉の松ちゃんご存じですか?と聞かれても、
名前は知っていてもリアルタイムで見たことないし~
反応薄くてすみません

だから途中でゲストとして登壇された「キーやん」こと木村英輝さんも
えらいベタな関西弁の気さくなおっちゃんに見えたけど
次から次へとすごいエピソードが出てきて興味津々
そういえば
「ジュリーの知人で琳派のすごい画家で、ぼくらはキーやんキーやん言うてる」
という話を誰かに聞いたけど、その人か~と思い出した
しかしいつ誰から聞いたのか思い出せないwジュリーかピーかタローだと思うけど

ピー曰く「沢田の初婚の時の」フリーコンサートをプロデュースなさったそうです
当時のプロダクションとしては
帝国ホテルで要人を招待して賑々しくやりたかったらしいけど
木村先生が「そんなんあかん」とおっしゃって「そんならお前やれ」と言われたとか
でも資金は出してくれなかったのでw
バス会社にファンの送迎を持ちかけて、そのマージンを資金にしたって。
あー、そういうことだったのか!
地元の人はともかく、遠方からのファンはあのバスしか交通手段がなくて
そこそこのバス代だったのでフリーじゃないやん。とか思ってた
あれが開催資金になっていたとは(^^;)

それより以前に、京大講堂でのPYGの初舞台も手がけられたし
フランクザッパやジェフベック等を招聘したロックフェスを開催するなど
(実際によんだのは内田裕也さんらしい)
伝説のロックプロデューサーであられた方だそうです。無知で失礼しました

ピーのお誕生会で他の人を語るのは失礼かと思うけど
本人が語るより第三者が語るエピソードの方がおもしろいねんもん~
今日のイベントのことをサリーとタローに話すと
「ピー歌うんやろか。どないなんにゃろう」と言われたとか
「かつみは失敗するとアンプのせいにしてアンプをいらう」とか
「(タイガースは)そんなバンドです」てw
でも、プロがピッキングしたバンドじゃなくて
ビートルズやストーンズみたいに自然発生したとこが「カッコええ」
同じ時期に同じ場所でタイガースとフォーククルセダーズが生まれたのがすごいと

カッコええのがいいやんという木村先生
琳派と呼ばれている俵屋宗達、尾形光琳、若冲なども
裕福な生まれなので、いわゆる御用絵師ではなくて
町中で一般の人に頼まれて描いていたのがカッコええそうです
(裕福といえば。裕也さんもええとこのお子だそうです)

話題豊富なゲストタイムを終了して、全員がいったん引っ込むと
♪ハッピバースデー トゥ ピー と歌いながら登場した女性
あら、どこかで聞いた声。もしや稲村なおこさん?
こちらはほんとのサプライズゲストだったみたい~
坂田氏が段取りしたバースディプレゼントの贈呈式を
新幹線に2時間乗ってきた「可愛い女の子(本人談)」に奪われちゃって
ちょっとむっとする坂田氏(^^;)
そしてここから恒例撮影タイム~。いっせいにスマホとタブレットをかざす客席
「皆さんTwitterとかにあげちゃだめですよー」
と言われたので、画像は私のスマホの中に眠らせておきます
ま、例によってブレブレ写真がほとんどやったけどねw

で、そのプレゼントは木村先生が描かれた虎柄ストールとTシャツ
祇園のショップで販売されているのでお帰りにどうぞ~。ピーとお揃いですよ
と、坂田氏に営業されたせいか
今オンラインショップを見たら同じのがSOLD-OUTになってた@@

撮影会とBIRTHDAYのお祝いがすんだら、ウエストサイドストーリーの続き

何度も出てくる紙屋川(別名天神川)
すみません。わたし初耳です
地図は配布されてるけど、会場内は暗いから当然見えない
スクリーンにも一瞬映るだけですぐ消えるから
位置関係がよくわからなかったけど
スポット自体は数年前右京区を散策した時に見たところが多かったので
あーココ知ってる知ってる!って感じ。(でも川には気づかなかったw)

しかしそれを紹介している映像のピーはダウンジャケットを着ているんですが
いったいいつから準備してたの~

吉田兼好が過ごしていたという双ケ岡。
ならびがおかって読むのは初めて知って勉強になりましたが
そこで当時の僧侶がピーの牛乳パーティみたいなことをやってたという話w
いや、正確にはやろうとして失敗したらしいけど
日本の古典からピーの少年時代、そしてタイガースやPYGの黎明期など
多方面にわたる山城ウエストサイド物語でした。

そして(ピー)お待ちかね歌唱タイム!
まずはフォークルの「イムジン河」
一番と三番にはさんで、二番は歌詞をピーの故郷天神川に変えて

続いて、坂田氏とユニゾンでタイガースの「坊や歌っておくれ」
ちょっと期待したけど、さすがにコーラスは無理であったかw
でもピーが今まででいちばん力を入れて歌ってた気がする

最後にボブディラン「風に吹かれて」
私もリフレインのとこしか歌えないけど、ピーも終始歌詞カードガン見で
タイガースの歌ほど力は入ってなかった(^^;)
3曲ともメッセージ性の強い歌だと思ったけど、ピーには青春の歌でもあるのね

歌コーナーの後だか前だかちょっと忘れたけど
ピーの「寿司友」和洋女子大学の副学長さまからワインのプレゼントと
来年のお誕生会はぜひ我が校で。というお誘いの書状を渡されました

ラストは「三日月」に合わせてピーダンス~
は、いいんだけど、ピーが挨拶しているのにみんな手拍子をやめないから
よく聞こえなかった><
「故郷に錦を飾れてよかった」ようなことを言ってたような気がします
会場一杯やったしね。
年々若返ってませんか、となおこさんにも言われてたけど
ほんとに71歳とは思えない若々しさでした。(遠目だったし)
タイガースのメンバーがみんなお元気なのはほんとにうれしいことです
来年も元気にお誕生日を祝えますようにお祈りいたします

もちろん最後は投げキッスでお別れ














posted by メイ26 at 20:42| 兵庫 ☁| Comment(2) | ピー my love | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
比叡山、そこそこのバス代???
往復1200円で安いと思いました。
交通混雑が予想されるため乗用車、タクシーでの入場は禁止でした。
Posted by あらら at 2017年09月26日 22:59
♪あららさん

あららさんは安いと思われたんですね
本文を書いた時には料金は覚えてませんでしたが
チケット代だと思えば安いですね
ただ、これに乗らないと入場できません。という分言が
フリーコンサートととしてはどうなの?とは思いました
Posted by メイ26 at 2017年09月27日 21:43
コメントを書く
コチラをクリックしてください