2017年09月11日

50周年記念ライブ 神戸国際会館こくさいホール(2)

50周年ライブはまだ何回か見に行くので、私も曲順を覚えるために
時系列にそって振り返ってみます(時系列はよそさまのをコピペしましたw)

0.あなたに今夜はワインをふりかけ
スクリーンはあまり見えなかったので、それが上がったステージに
ジュリーの姿を見て初めて、キャー(≧∇≦)
立ち位置は先端より2m近く下がっているので、思ったよりは遠い感じで
でも全身くまなく見えて感激~(近すぎると靴しか見えないこともあるからw)
初日はイントロが長くて、フェイントかけられたよな気がしましたが
すでにフンコーしてるせいか、今日は期待がどんどん高まっていくー
この曲のミラーボールは前方席でもキラキラきれい
曲もキラキラしていて大好き!

みなさんを酔わせたるで宣言の次はジュリーの原点
1.君だけに愛を
2.自由に歩いて愛して
最前列には指さしはないやろ、とタイガースは冷静に聞いていたw
今回気づいたけど、タイガースは私が知った時はすでにスーパーアイドルだったので
夜明け前から知ってるPYGやソロデビュー時の曲の方が思い入れが強いかも
「自由に…」をTVで初めて見た時の衝撃が蘇りました

ごあいさつ
「神戸です!50年だぞ!ここまできたぞ!」
で、早くもじわっときた。
ジュリーが50年ていうたびに走馬燈のようにいろんな思いがよぎって
私死ぬんか?と思ってしまうw

3.僕のマリー
このイントロは「君だけに…」とは違う意味で、やっぱり特別。
ちょっともの悲しいメロディだからよけいそんな気になるんかな
4.青い鳥
5.greenboy
タイガース曲からgreenboyへの流れがいい。とてもイイ(T_T)
リアルタイムではまだほんのちょっと若くて実感がなかった
♪どうしようもなく生きていく という歌詞が心にしみいる歳になって聞けてよかった

6.あなたへの愛
これはねー。イントロ聞くと泣けてくるの。
ソロ期でいちばん最初に好きになった曲だからかな
♪つなぎあう手と手 という仕草が老夫婦みたいなつなぎ方で微笑ましい

7.許されない愛
8.追憶
OH!ニーナ!の色っぽさは69になってもまったく衰えない。
さすがに帽子と白いマフラー(ジャケットの)は見えないけど
短髪とgreenのジャケットのニーナにぞくっときた
♪お前を二度とは離さない のとこものすっごい力入ってた

9.サムライ
今までは振りをいっしょにしてたけど
さすがに前に誰もいない席では緊張して腕があがらんかった(^^;)
つややかな声に聞き惚れておりました

10.君を真実に愛さなくては他の何も続けられない
イントロで期待して、え、これだけ?な肩すかし感最強の曲w
今日は間違えずに歌いました~

11.ス・ト・リ・ッ・パ・-
前の曲が終わるやいなや、オラオラオラ~という感じでカズさんがせり出してきて
曲順を忘れている私は何事かと思ったww
この曲はビジュアルがカッコよすぎ
見とれすぎて歌詞が語尾上げか語尾下げか覚えてない

12.ヤマトより愛をこめて
ストリッパーで身体がほぐれたら、また直立で聞く曲
後半でもこういう組み合わせがあって、緩急うまくつなげてるなと思った

13.MON AMOUR JE VIENS DU BOUT DU MONDE
ワタクシgreenboyよりこの歌詞の方がよく覚えてます
若い頃の記憶力ってスゴイw意味はわかってないけど
今まで気づかなかった最後の
ma vi commence ici(僕の人生はここに始まる)
という歌詞でステージを指さすシーン。初めて見て泣いた(ToT)
その後「メルシーボクー。フランス生活長いさかい」で笑かしてくれるけど

14.明日は晴れる
犬みたいに叫ぶとこでのどがぐわ~っと開いていくのに目が釘付け
つぶれないようにうまく声を出してるんやろね

15.コバルトの季節の中で
私は春でも秋でも真冬でも大好きな歌ですが
朝夕涼しくなった今の季節に聞くのが最高

16.君をのせて
これもイントロだけで泣ける曲~。
エンディングで横の通路を何かが走っていったように見えて
え?ここで移動する人いる?と思ったけど
そうだ、照明が前から後ろへさーーっとかけあがっていくところだった(・∀・)
あーんな強い光だったのか
と、優雅なお辞儀を見ながら驚いてました

17.憎みきれないろくでなし
ちょっと余韻にひたりたいのに、強引に気持ちを切り替えさせる展開
泣いていては先に進めへんからかw

18.時の過ぎゆくままに
ドラムがほとんどシンバルしか聞こえなくて静かだった
ピーは最初からめちゃくちゃ激しく叩くよ(^^;)
ずっと気になってたイントロもピーの演奏とは違うことをやっと確認した

19.勝手にしやがれ
うぉっ!と、一般客でなく私がビビッドな反応をしてしまいましたw
ほんとにイントロからヒット曲やなあ

20.愛の逃亡者(THE FUGITIVE)
と思えばマニアックな曲でまた緩急をつける
この歌詞もほぼ歌えるw
ウッ!ハッ!は泰輝さんが言ってたのは見た。
私は確認できなかったけど、グレースもやってたらしい
なお、ここまでのコーラスはほぼ泰輝さんとグレース時々依知川さん
カズさんは演奏に集中という感じ
これも「サンキュー。イギリス生活長いさかい」

21.アリフ・ライラ・ウィ・ライラ
還暦の年にひさしぶりに聞いた時は、振り付けがびみょーだったけど
今の方がキレがあってカッコいい(♪野生を呼び覚ませ満ちた月の夜に のとこ)

22.STEPPIN' STONES
これはライブではジュリーマニア以来か?そんな古くない?
あの頃の感情が抜けて、曲そのものを聞けるようになったので
今の方がずっといいです(CDで聞いたらあかんかも^^;

23.チャンス
私が見てない40日の間にチャチャチャ!問題が発生していた
♪身をひくバチ当たり の後。
あれ?演奏の音とズレてる。どこで自分は間違えたのか?
と思って動画を見たら、3拍子であってるやんな(しかし動画の声高いな^^)
4拍子はダーリングでしょ。今さら変えんといて~。
TOKIOのチャチャッ!の時はまだ若いから融通きいたけど~

それとは関係なく、「横目でウィンク」はしてたと思うけど
目の幅が昔よりだいぶ細くなっているのでよくわからなかった(^^;)
コバルトが目にしみる時は両目を細めてましたけど。
一時に比べたら、瞳は常に見えてるけど
あんなに大きかった目がなんであんなに小さくなってしまうのだろう(?_?)

24.ラヴ・ラヴ・ラヴ
とか、動揺してたらLサイン。あ、ラブラブラブか。またわからんかった
たぶん私の脳にはピーの演奏が刻み込まれていて
それ以外の音には反応が遅くなっちゃうのかもねー
ボーカルはやっぱりジュリーの声に優るものはありません^^

~MC~
もんた&ブラザーズはここで出てきたのかな?もっと早く聞いたような気がしたけど
時があまりに早くすぎゆきたのか(^^;)

69歳です。明日…明日は同い年。明後日…も同い年
(同い年って?何言ってんの?と、??だったですが)
来年!来年は70歳! (「来年」という言葉が出てこんかったんかw)
困ったもんた&ブラザーズや!(カズさん不本意にも噴き出す。依知川さん爆笑)
もんたさんたちに文句があるわけではありませんが。

ここまでで24曲。いつもならこれで終わる
いつもは23曲ぐらいで、長い曲があると22曲ぐらい
今日は50曲。といっても全部歌うと帰れまテン→thに近い音でw
別にあの番組が好きなわけではありまテン。
それでは次行きましょう

みたいな感じでした
文字にすると長いけど、ほんとにここまで早かったわー
この後もさらに早く時は過ぎゆくのだけど、続きはまた後で
posted by メイ26 at 01:43| 兵庫 ☁| Comment(0) | コンサート | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください