2016年01月27日

1月26日フェスティバルホール続き

最後の三曲ではしゃいだり、呆然と見とれていて疲れたので
みんなが引っ込んだ後は魂が抜けたように座り込んでしもた
ええのよ二階端っこは。誰も見てないから(^^;)

アンコールでちょっと変わってたのは
拍手してたら開演前みたいにステージが一度暗転したこと
あら?今までは薄明るいままだったよね?節電?
そしてもう一度明るくなってジュリー再登場

この辺のMCほとんど覚えてない
開口一番は「暑い!」「26度!頭がぼー。足もぼー。」
そうなの。ずっと暑かったのよー。26度もあったんか

「全部バリアフリーにしてほしいわ」という話から
昨日お店の透明アクリルのドアに頭突きかましてメガネへしゃげた、と
あー、それ私もあるある;;歳のせいか視力のせいかわからんけど

「今年68でしょ。来年69でしょ、その次は60や
って。ウソウソ〜。70ですよ。
沢田研二が!あのジュリーが!こんな歳まで歌ってると誰が思った?
60年代にタイガースをやって、そのうち人気もなくなるやろうと
なくなったらなくなったでええやん思てたらなかなかなくならなくて。
若い時は調子に乗ってギンギンギラギラ一等賞なんて言うてた時もあったけど
だんだんテレビに出なくなって
世間がどうしてるんやろ思った頃に東京ドームと大阪ドームでやったら、
それまで何も言わなかった人がジュリージュリー言い出して」

毎日を一所懸命生きる。という話で
「この歳になったら、朝生きて起きるということも仕事ですよ
私より年上の方もいらっしゃるでしょう。
私も気をつけるけど、皆さんも健康に留意して
あと3年、70になるまで皆さん元気でいてくださいよ。お願いします」

というようなことを。

ジュリーのお友達二人が体調不良で当日来られなかったそうで
「不良だったんですよ。昔は不良、今体調不良。お後がよろしいようで」
というのはちょっと待ってねタイムで言ってたらしい(^^;)
あと、どっかでガッツポーズしてたように見えたのは
まいどおいどの反応がよくて満足気だったとか。若い人はよく覚えてるー

そしてメンバー紹介。
「戻って来てくれました。依知川伸一!」の後
「後はおなじみのメンバーで」とはしょろうとして
泰輝さんとグレースがカクっとなりましたが、可愛いすぎです。
そこはずこーっとコケてあげるのが大阪のノリだっせ〜

「遠い夜明け」
最初は左手でマイク、右手でスタンドをしっかと握って歌う姿に
スタンドマイクにすがりついて立っているのかと思ってしまったけど(^^;)
途中からは両手を広げて歌い上げ
それまでジュリーを巡る星のようにふりそそいでいた
たくさんのわっかの照明がだんだん同心円状に収束してきて
最後に一つの輪になって
その中に立ち ♪ゆずれない人生は終わるときわかるのだろう
と歌うジュリーに泣きました

あまりに感動したので次のカサブランカに気持ちが乗らず。
ふと気づいたらジャケットの前を広げてシャツを見せていたので
そうだ、模様を確かめなくちゃ。と双眼鏡でガン見したけど
なんの模様だかわからなかった〜
でも背面水ふきはなかったことだけは覚えているw
んで、なぜかここでもう終わりだと思っちゃったのよ〜

来たるべきカニカニピースのことを忘れてましたww
正真正銘のオマケみたいに聞こえた(^^;)
なので私もカニカニポーズでこたえて
これが終わったらカニカニエクスプレスの申し込みしなきゃ。
と、頭の隅にメモしときましたw

最後はバンドを讃えた後(ワァオ!があったかどうか忘れた)
ジュリーひとりだけ長々とお辞儀してたら
依知川くんが「オレもするの?しなくていいの?」と迷って
ジュリーの方を見ながら半分だけ頭を下げているのが初々しかったよw
前の時もそういうとこが好きだったの(^^)
カズさんなんかもう貫禄で、
ジュリーが去った後、右代表のように全方向へ最後までお手振りしてました

ジュリーは珍しく一回立ち止まっただけで
いつものビールの缶を開けたり舟に乗ったりの小芝居もせず
すんなりと袖に消えていったのですが
もしかして、まいどおいどのように、それも忘れていたのかもw
NHKホールで思い出して二回分やってくれるかもね^^

最初の挨拶で「今日の日を心待ちにしてくださった皆さん」
というべきところを
「今日の日を楽しみにしていました!」と言い切った通り
ずっと楽しそうで穏やかなジュリーを見られて幸せでした

満足しすぎて、帰ったら体重増えていた!
ライブの日に太って帰ったの初めてです!終わってから食べたからか


posted by メイ26 at 18:47| 兵庫 ☀| Comment(2) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
メイさん

フェスレポたくさんありがとう。
NHKホールも無事、関東一本〆で打ち上げました。
いい楽でした。

初日とは違った雰囲気で、全体にラフな感じ、愛嬌が増した感じ(笑)
ワォーも体験しました。
名古屋、フェスでのことを知っていたからかな、客席に向けたワォーが来る前から、みんなワォーを返してました♪

メイさんのレポを読んでジュリーのラフな親密さもそこからの続きがあったかも知れないな、と思いました。
初日はジュリー緊張していたと思う。だって、「明けましておめでとう」のご挨拶が無かったんだものww
今回、ありましたわ、29日に新年のご挨拶が(笑)

MCもアンコールの拍手しながら、着替え中の想像をしているんだろう(具体的に言ってた)とか、チケット代があの人(明らかに格下と思ってる人を指してる感じ)と同じだと思ったりしてるでしょ、とか、ジャズ喫茶や初めの頃のコンサートみたいな感じでしゃべってました。

歌はどれも素晴らしくて、「砂丘でダイヤ」「君をのせて」「我が窮状」「サムライ」は凄いな、と思いました。
「女神」はやや乱調気味で、そこがまた良かったの〜〜♪
この歌に、これほど心奪われる日が来るとは・・

とても、熱い、興奮するファイナルでした。
かえり道、凄く喉が渇いたのも、フンコーのせいかしら。
Posted by momo at 2016年01月31日 01:29
♪momoさん
私たちのお正月も終わっちゃいましたね^^
東京でもちゃんと明けましておめでとうがあってよかったですね。
明けてもいないのに締められないもんね〜

初日はいつも緊張してるみたいで
大阪も1回目と2回目ではラフ度が大幅に違ってましたよー
(なんせまいどおいども忘れてたほどで)

>ワォー
私も名古屋レポを見て待ち構えていましたから
そんな毎回反応せんでええわ!と思われそうなぐらいワオワオ返しました(^O^)

MCはわりと真面目な話が多かった(おもしろおかしく語ったとしても)ので
着替えの様子を想像しててやらしい!とか今の拍手はよかった!とか
直に語りかけてもらったNHKホールのファン羨まし。です

それで、声がますますすごくなりましたね
一緒に歌わなくても手拍子しなくても聞いてるだけで気持ちよくなって
(でも歌ったり手拍子しちゃうんだけど)
「砂丘でダイヤ」はきゅんきゅんで、「サムライ」は圧巻!
見終わった後に楽しかった余韻が残る。という感じが久しぶりでした
わりとゆったりしたスケジュールなのが(お互いに)よかったのでしょうか?

あのジュリーが還暦!と驚いてから早10年
還暦イベントのことを口にするようになったのがちょうど10年前の今頃でした
そのジュリーがもうすぐ古希!(@_@)
しみじみと感慨深い思いが今年の正月ライブの蜜月ぶりをよんだのかな?
「元気でいてください」という言葉にほんとに心がこもってました

momoさんもお元気でいてくださいね〜。またどこかでお会いできたら嬉しいです^^

Posted by メイ at 2016年01月31日 02:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]