2015年01月06日

ラジオ日本「ミラクルショット」

本年初のメディアご登場は夜中の2時からのご出演
受信エリアじゃないから留守録もできないし~
と思ってたら、うまいこと6日が休みになったので
ナマで聞きました
番組始まって最初のコーナーで、短い出演でよかった(^^;)
1曲目にピーの「晩秋」がかかりました
そしてすぐにゲストコーナー~~☆☆
ピーの「新年好」の挨拶に続いて、プロフィール紹介

京都出身で、タイガースのドラマーとして「僕のマリー」でデビュー
たちまちスターダムに登りつめ、ジュリーこと沢田研二さんと並ぶスターに
アイドルグループとして見られがちですが
そのドラム演奏は大変高い評価をうけていました
解散後は一人だけ芸能界を引退して猛勉強の末慶応大学に合格
卒業後は高校教師のかたわら中国文学の研究者としても活動
1981年には北京大学に留学されました
仲間とは2008年に再会
2011年からはドラマーとして演奏活動を再開
特に2013年12月のタイガース復活ライブツアーは
全国のタイガースファンが涙する伝説のライブとなりました
さらに日中文化交流の発展にも力を入れ
まさに八面六臂のご活躍です

みたいな。(雑音混じりではっきりとは聞こえませんでした)
この間に雑音で聞き取れなかったのですが
原めぐみさんはバンド活動をされておられるらしく
そのドラマーがスティックの端のほうを持つ
ピーの演奏法を真似ているという話をしてました
そしてメインのお知らせは1月28日からの舞台「仲麻呂と楊貴妃」

脚本もかいて出演もされて、何をやっても完璧!
と、紹介されて
「いえいえ中途半端です」

「舞台で台詞を喋らされるのがいや。自分の台詞は自分で言うんだ!
と思って役者はやめたんです」
(って。役者にはなってないやん~と思いましたがちゃんと補足)
「選択肢として役者はやめて、文章をかくことにした」
ということです
でも結局役者として舞台で台詞を言うのでつらいんですが
「ハラをくくってやります」そうです^^

たった10分ほどの出演ではピーには話足りないらしく
それで-、と続きを話そうとしたら、原さん強引に割り込んできて
えー、ピーの話を最後まで聞いてよー
と、むっとすることが数回ありました
(まあ全部聞いてたら番組終わらんかもしれないけどw)

お芝居の骨子はちゃんと話させてもらいました(^^;)
1300年ぐい前奈良時代の話で
中国では元宗皇帝と楊貴妃が恋愛関係にありましたが
同時代に仲麻呂が生きていて
その当時の世界で日本を代表する知識人だった
19で中国に行って、中国人と渡り合い官僚になり最後は大臣級に
李白や王維とも友達で
日本に帰りたいという思いもあったけどついに帰らなかった
その間に何かあったのではないか?
というお話だそうです
京劇と日本の演劇とのコラボで、主役は中国のイケメン俳優
東京では俳優座で1月28日から2月1日まで
あと、大阪と名古屋でもありますが
瞳みのるさんのお名前で検索するとHPがあるので
そこに詳しく書いてあります。と、いうことでw

ここで原めぐみさんが「私CCC歌ってるんです」とアピールすると
「沢田が歌ってるんですけど、去年のツアーで僕も初めて歌いました。
 楽しい曲です。すごいノリますね。
 後ろでドラム叩いてるより歌う方が楽しいです」
さらに「1/4ぐらい…」と言いかけたらまた原さんが自分の話をして
「あーそうなんですか」で終わってしまいました(ToT)
ここもっと聞きたかったよー

それでは最後にCCCをお届けします。というけど
イントロから音ちゃうやんかー!と思ったら
原さんが歌ってるCDだそうです。えー( ̄□ ̄)

歌そのものはピーより上手いかもしれないけどww
メロディとコーラスがごっちゃになってて、ジュリーなら
「ボーカルの私が歌っているところがメロディです!」
と怒りそうな歌でした~(私も怒る

もっかい聞きなおして細かく突っ込んだろ、と思ったら
ここで録音を止めていたので幻の曲となりました( ̄▽ ̄)ノ





posted by メイ26 at 18:11| 兵庫 ☔| Comment(0) | テレビ・ラジオ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください