2013年03月11日

Uncle Donald

今年は発売日に届きましたアマゾンさんCD

昼間は職場で防災訓練
夜は我が家で母親の百か日法要
という、祈りの一日でありました

で、法要が終わってからCDを聞きました
歌詞はもう、歌詞であることを離れてジュリーの気持ちそのまま
という感じで
真摯に聞くしかないのですね~
曲調も4曲とも同じような感じで
「カガヤケイノチ」みたいな希望を感じるメロディではなく
正直申しまして、心が重くなりました

その中で2曲目「Uncle Donald」
「僕たちに失望しても 僕たちはあなたを愛し敬う」
という歌詞に、今夜の坊さんの説法を思い起こしました
それはフランクルの「夜と霧」(タイトルだけは知ってるけど読んだことはありません;;)
の中にある言葉だそうですが
「あなたが人生に絶望しても、人生は決してあなたに絶望しない」
というもので
親鸞聖人の教えに通ずるものがあるとかで、坊さん絶賛
ワタクシ聞いたのは今夜で3回目でございますw
が、聞くたびに心にずん、と落ちてくる言葉でもあります

大きな災害に遭わなくても人生に絶望する人は身近にもたくさんいる
というお話でございました

なおタイトル曲「Pray」では
かの暴走老人の発言が織り込まれておりますが
天変地異が天罰だという考えは源氏物語にも出てきますが
それは治世者へのいましめだと横川の僧都が言うとるではないか
元作家のくせに知らんのか~、と当時思いました

とまあ、ライブという至福の空間とはかけ離れた方向へ
思考が巡っていくCDではありましたが
たぶんそういう受け止め方でいいんでしょうね?
posted by メイ26 at 21:50| 兵庫 | Comment(2) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お忙しい1日だったのですね
お母様はもう百か日法要だったんですか?早いですね

考えてみたら去年の今頃も当時、新譜だった「3月8日の雲」について騒がれてましたね。今回も色んな人の感想とかは聞いてますけど、でもまだ新曲を聴いてない私なので何も語れないだけなんです。

今回、澤會からのインフォにCD申込の払込用紙なかったし(最近はそうなんでしょうか)
基本、私CDはいつもライブ会場で買う人でチケットも澤會に頼まなくても我儘さえ言わなければ昔からのジュリ友さん達から声がかかるし、この10年は数年に1度しか行けなかったため何枚かまとめ買いをと思いチェックしたら既に完売で購入できないアルバムが数枚あるのに気がついた私(T_T)

でも1番焦ったのは、ず~ッと待ってたのに11年1月~インフォがパタッとこなくなった事。1年以上云々なんて知らなかった(気が付かなかった)ので結局またジュリ友さんのおかげで、ほぼTG初日と武道館に行けましたが澤會の現主旨を把握したのは武道館で配られたチラシでしたわ~

因みに署名お願いされる方々は今回も各会場にいらっしゃるのでしょうか…TGの時はまさかないですよね(^^♪
Posted by hiko at 2013年03月12日 22:27
♪hikoさん
百か日は早いような長いような。皆さんそうなんでしょうけど

「3月8日の雲」も重い、と言われてたけど、「Pray」はそれ以上でしたわ~。聴くのが苦痛です
澤會でも販売してたはずですが、発送が遅くなると書いてありました
一般でお買い求めください。みたいな言い方は初めてでしたね
最近のCDやDVDはインディーズですからたぶん数量限定だと思います~
こまめにチェックしてると再販してるのもあるようですが

>1年以上云々
一時期ジュリーバブルになりましたから、無駄な郵送を避けたいんでしょうかね~
でもコンサートのない地方の方は、継続のために何か買わないといけなくてお気の毒です;;

>署名
あるあるww
正月ライブでもやってましたよ。前ほど呼び込みはしなくなったけど
Posted by メイ at 2013年03月12日 23:25
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック