2011年08月26日

週刊文春続き

東京がえらい大雨だったようですが、皆さん被害はありませんでした?
ピーたちは今日も練習してたのかしら

阿川ピー対談の続き
解散前後の哀しい想い出はここらへんでおいといて、教員になってから

阿川「教えることは楽しかったですか」
瞳「楽しかったですね。授業をみんなが喜んで聞いてくれて
 返ってくるものがあって、そして覚えてくれたりすると、
 こっちもすごく満足。音楽と同じですよ
 僕らはエンターテインメントをやってたんであって、
 高尚な音楽を聴かせてやるぞって気は全然ない
 そしてお客さんとの呼応の中で、エネルギーをもらう
 授業でも、僕は生徒からエネルギーをもらってきました
 エネルギーをもらって、授業料をもらって、ありがたいですよね」

ライブの受け止め方はジュリーと同じだなあ
9月からのツアーでもいっぱいエネルギーを受け取って
みんな元気になってもらいたいです

サヨナラ日劇の時かな?私も知らなかったけど
裕也さんが学校に来て暴れた(?)ことを後から聞いて

阿川「どう思われました?懐かしいなあ、会ってもいいかなあ、とか」
瞳「いえ、特に何も(笑)」
阿川「フッフッフッ、裕也さんたぶんこのページ読まれますよ。
  この間出ていただいたばかりだし」
瞳「今度会ったら殴られるかな(笑)」

でも中井さんが訪ねてきた時は

瞳「僕、その日は学校にいなくて、中井さんは名詞を生徒に預けて帰ったんです
 受け取って、“エッ、中井さんが?”ってびっくりして、すぐに連絡しました」

そりゃ裕也さんに殴られるわ(笑)

阿川「ずっとタイガースとの接触を断っていた瞳さんが
 中井さんの名詞に心が動いたのはどうしてですか」

それより以前に、明治唱歌を蘇らせる作業を始めていて
瞳「そういう活動を初めていたところに、中井さんが訪ねてきたもんですから
ああ、自分がまた新しく音楽と取り組みはじめた時に中井さんが来たということは
これでまた、音楽でみんなとつながることもあるのかなあ、なんて思って…」
阿川「縁を感じた?」

離婚したり、ジュリーが「ロンググッドバイ」を歌ったり
いろんな縁がつながって再会した中井さんは

「彼は最初に、『仲のいいグループを台無しにしてしまって申し訳なかった』
 と詫びてくれたんです」

それで、ピーがタイガース時代に抱いていた不信感もとけていき
さらに

「おまえは歌も歌わないし、会社が売り出そうともしなかった。
 なのになんで人気があったと思う?」
「売りだそうとしなかったのに売れた。おまえの人気は本物だったんだ」

と聞いて

瞳「ちょっといい気分になりました(笑)」
阿川「中井さんウマイね」

いやほんとに(笑)
今思うと、TVではほとんど歌ったり話したりってなかったのに
映画を見る前からピーのことが好きだったもんね~
ピーが一番、ジュリーが二番
明治チョコの包み紙を送るのも、まずはピーの分でした(^^)v

それからメンバーに会って、タローが泣いたりシローが療養中だったり
かつみがいなかったりしたので
「僕が間に入って、みんながまとまればいいなあと思って
 かつみとは別に会いました」

が、いろいろあって(笑)
ジュリーのツアーにゲストとして出ることになり

「正式なリハーサルが始まる前、タローと3人で集まって練習したんですけど
 すごく楽しい。4時間や5時間、あっという間に過ぎますよ
 ずーっとやっていたいくらい」

ここ読んで泣けました。もう、ずーーっとやってて~~~~

阿川「一昨年脳溢血で倒れられたそうですが、お体はもう大丈夫なんですか」
瞳「僕の歌うのはかなりシャウトする曲なんで、
 ちょっと選曲間違えたかなあと思っています」
阿川「え~っ、心配~」
瞳「僕がおとなしい歌やっても意味ないですからね。舞台で倒れれば本望です」

その危険な考えだけはやめてー(>_<)
といっても私もきっと一緒にシャウトしちゃうと思うけどw

大丈夫。中井さんが見守ってくれるから!
bunsyun3.jpg
楽しそうやんw
posted by メイ26 at 20:13| 兵庫 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 雑誌・新聞 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
メイさん、こんばんは。

ピー、いい笑顔~~
真面目な正直さとカッコよさが同居しているのね。
珍しい現象だな~と思って読んでました。

「売り出そうとしないのに売れた」のところは
メイさんの「どや顔」が浮かびました(笑)

3人での練習の話・・・たまらないね!
何度でも言いたい!良かったね~~~!!
この時を楽しめ!って中井さんが言ってるようだよ。

それで・・・あの~
ジュリーも気持ちはピーに負けずにタイガースに戻ってると思うわ!
・・・・ただ、体が・・(泣)
Posted by momo at 2011年08月26日 22:55
♪momoさん
>メイさんの「どや顔」
中井さんほんとにいいこと言うわ~(^^)b
事務所はピーのことを売ろうとは思わず、リーダーも下ろしちゃったのに
本物の人気には勝てなかったんですね~

練習するたびにピーはどんどんタイガースに戻っていきます
ジュリーも気持ちと声だけは戻ってると信じてますが…

ま、まあとにかくみんなで楽しくやってもらえば(^0^;)
(一人分スペースも空いてることだしw)
Posted by メイ at 2011年08月26日 23:34
メイさん、私も購入読みました。笑顔がいいですね。ボーカルでもないのに凄い人気だった…やっぱり本物の人気者だったんだよねぇ。
Posted by みこ at 2011年08月27日 18:05
確かにピーはGSの中でもジュリーの次に人気があったと思います。
でも、そもそもタイガースってみんな個性があって
それぞれに人気はあったと思いますよ。
ただジュリーの人気は別格で。

地元にタイガースが来た時は我が小学校でも翌日は
昨夜のコンサートの話でもちきり。
行ってない私はついていけなかった・・・という悲しい思い出があります。
『「タロー!」の掛け声が一番多かったよね』
というみんなの声が今でもはっきりと残っています。

Posted by 直美 at 2011年08月27日 19:35
♪みこさん
みこさんも読まれましたか~
リラックスした笑顔にまた惚れちゃいました^^

ピーはアイドルでなかったとしても、たぶん人を引き寄せる魅力があるんでしょうね
それがTVを通しても感じられたのかも。
というのは後追い分析で、やっぱ当時はかわいかったもん(^^)v
ジュリーはちょっと近寄りがたい雰囲気で、ほんまものの王子様でしたが

Posted by メイ at 2011年08月27日 22:41
♪直美さん
まず、GSの中でタイガースが別格。タイガースの中ではジュリーが別格でしたね
そういう意味ではピーがほんまもんのアイドルだったのかも~

直美さんの小学校ではコンサートに行った人が多かったの?
それはかなりおませさん集団では(笑)
しかも
>『「タロー!」の掛け声が一番多かったよね』
渋い!渋すぎる!(^0^;)
たまたまタローの近くの席だったのでしょうかw

田舎の我がクラスではコンサートの話題なんてまったくなかったわ~
Posted by メイ at 2011年08月27日 22:46
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック