2011年08月25日

週刊文春9月1日号

阿川佐和子の「この人に会いたい」第888回

bunsyn.jpg

ピーのサイトでは「同級生でもあり、大変話が弾みました」とありますが
そのへんは(おそらく)カットされて
私たちの聞きたい内容がきちんと書かれています

入学当時は阿川さんよりピーの方が有名人だったため
「あっ、ピーよ!ピーよ!」とか騒いで。その説は失礼しました

と、最初に謝っておられます
きちんとした人やね佐和子さん
やっぱり同級生は騒いだのか。羨ましいぞw

ピーは自分の考えを文章にまとめて用意してきたそうです
「教師の習性です」って(^^ゞ
まずは解散前後のこと
打ち上げのあと「38年間メンバーの誰とも会いませんでした」

阿川「え~、だって岸部さんとはメンバー同士という以前に
    幼なじみでもあったんでしょう」
瞳「ええ、中学校以来のね。僕は彼が好きで、
   一生一緒に仕事ができたらいいなあ、と思ってました」
阿川「なのに、なぜそこまで決然たる別れを?」

今年になってから何度も語っているように
とにかくやるべきことがすごく多かったから、切り替えなきゃいけないと

そしてトッポの脱退について

「彼は自分のやりたい事をしたいと思っていて、でも事務所側は
彼の意に沿わないことでも無理やりやらせていたというか…」

それはトッポだけではなく、ピーも
「もっと楽しい音楽があったはずなのに。そのために東京に出てきたはずなのに」

デビュー当時のタイガースの映像を見れば、それはわかりますす
私の知ってた王子様グループとは全然印象が違うバリバリロックバンドでしたもん
そのままでも人気は出たと思うんだけど…
でも他のメンバーも不満はあったけど、しょうがないなあと感じていたようです

瞳「僕にしたら時間を切り売りしているスポーツ選手と同じ感覚だったんです
   若いときは長くない
   それに見合うだけのペイがあるんだったら多少我慢できるけれど」
阿川「お給料少なかったんですか」
瞳「もちろん、人さまよりはうんともらっていたと思います
  でも自分たちの青春を消費した対価としては
  う~ん、どうも納得できないなあ、という」

時代は違うけど、今の野球選手は20歳そこそこでも実力があれば
年収は億単位だもんね
それも会社員に比べたら稼働期間が短いし、年金も退職金もないからということで
(今は年金制度があるみたいですが)
浮き沈みの激しい芸能界も同じ条件じゃないかと
やっぱりメンバーでいちばん年上で、若い頃から自活していたピーは
しっかり考えていたんですねー
もちろん労組もないし、メンバーで結束して交渉しようとしても

「いや、それが向こうは分割統治しようとしてくるんですね」
「個別に呼んで話したりね。団交なんてやりませんからね(笑)」

実際ジュリーだけお給料高かったみたいですしね
どれくらいの差だったのかわかりませんが
ジュリーはむしろ、ちょうどアイドルの待遇改善時期でいい時代だった
とか言ってるし。
ただ、トッポの脱退はジュリーと仲が悪かったからではなくて

「それはないと思います。
 かつみが一番、枠にはめられるのがイヤな男だったというだけで」

と。
そしてトッポがいなくなって落ち込んだピーは、柴田錬三郎さんの影響などもあって

瞳「思い詰めた末に“辞める”と宣言したんです」

阿川「でもどうして瞳さんの脱退がそのままタイガース解散になっちゃったんですか
 かつみさんが辞めたときは
 岸部シローさんを入れてタイガースを続けたでしょう」
瞳「それは僕が“タイガースの継続は許さない。これでおしまいだ”
  と言ったからです」
阿川「あっ、そうだったんですか」
瞳「そうです、僕がそう言わなかったら、まだタイガースは続けられたでしょう
  でも、僕にはタイガースは
  最初にタローと岸部と僕が作ったグループだという思いがあったから…
  だからタイガース解散の犯人は僕です」
阿川「今、明かされた真実…」

いや、ピーが解散を決めたということは当時から言われてましたが(^0^;)
そのことでピーのことをよく思ってないファンもいると聞きますが
そもそもトッポが辞めなければ、あんな風にはならなかっただろうし
ピーが作ったグループだから、ピーが辞めたらそれで終わりだったと私も思います

で、ちょうど今島田紳助さんの突然の引退でTV局があわあわしてますが

「かつみは突然、仕事を全部キャンセルしてパリに行っちゃった。
 それはやってはいけないこと」

に激しく同意します。いろんな事情があったとしてもね
パートのおばちゃんでも退職は1ヶ月前までに申告することになっていますw
だからピーは
「1年後に辞める。でもそれまでの仕事の約束は守る。迷惑はかけない」
と言って、笑顔を封印したままドラムを叩き続けたのでした(T_T)

対談はまだまだ続き、中井さんとのエピソードも出てきますが
この対談が雑誌に載る直前に、中井さんの訃報が届いたということで
先に阿川さんからのコメントを

bunsyn2.jpg
阿川さんも多くのタイガースファンと同じ気持ちですね
ピーがタイガースに戻るきっかけとなった名刺も大事にとってるんだ;;
ほんとにほんとに中井さん、
最期までタイガースのマネージャーありがとうございました

対談の最後に、ピーが歌うのは「シャウトする曲」って言ってます
きゃ~。奇声も復活かしら。楽しみ(^^ゞ
ルーキールーキーじゃなさそうですねw

posted by メイ26 at 17:40| 兵庫 ☔| Comment(11) | TrackBack(0) | 雑誌・新聞 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今読み終えました。

ピーも、少しオブラートに包んだ話し方かな?

私が食いついた所。
来年1月までの38公演。

今の所仙台入れと32公演。

武道館があって、大阪だって9月一度だけのはずないだろうし、名古屋も有るだろうし、京都が有る、とも風の噂で聞いたし、(ホンマ?)あと、また東京?フォーラムは勘弁して欲しいけど…。

何かまとめて来そう。

ミリタリー?衣装も楽しみ。


少女に戻る準備しなきゃ。



中井さんのお通夜、告別式ともジュリーは行かれてないようです。

告別式にはサリーさんだけ行かれて。

お通夜には行ったけど、告別式にはタローさんもピーも行ってない。

かつみは両日来たそうで。

てっきり5人揃ったとばかり思ってました。


色々あるのかな…。

Posted by ヨコ at 2011年08月25日 19:34
♪ヨコさん
>38公演
あら~。私はスルーしました。印刷ミスとかありえない?
名古屋はジュリーが、京都3回というのはピーが言ってたみたいだけど
早く知っても日程が変わるわけじゃなしw
決まったら悩みますわ

ピーが来たとか、ジュリーが来なかったとか
ヨコさんは参列された方からお聞きになったんですか?
その方は誰が来て誰が来なかったか逐一チェックされてたんでしょうか
ああ、受付の方だったらわかりますよね。すみません
でもそういうことはあまり口外しない方がお上品ではないでしょうか
Posted by メイ at 2011年08月25日 23:13
そうですね、ごめんなさい。

失礼致しました。
Posted by ヨコ at 2011年08月26日 00:04
♪ヨコさん
どうも失礼いたしました
Posted by メイ at 2011年08月26日 19:29
遅ればせながら・・・・やっと今日 週刊文春買えました(^o^)/
内容は メイさんがUPして下さったのでf^_^;画像をしっかり見たくて(笑)

ピー 講演会より また若くなってますね~♪ タイガースに合わせて 髪伸ばしてるのかなぁ(*^o^*)
益々 ス・テ・キ♪

ジュリーも 髪伸ばして欲しいなぁ…
Posted by JULIE at 2011年08月26日 19:37
♪JULIEさん
すみません。ネタバレしちゃって
でも、本を買う人は中身わかっても買うもんね^^
ネットですませるのはもともと立ち読みですまそうと思う人だから
売り上げ妨害はしてないと思います(^^)

>ピー 講演会より また若くなってますね
はい、私もそう思いました!
だんだん「タイガースのピー」に戻って行ってるわ~~
ジュリーはどうでしょうね(笑)
Posted by メイ at 2011年08月26日 20:24
お給料はピーが70万の時 ジュリーは100万で他のメンバーは40~50万だったそうです。普通のサラリーマンが2~3万円の時代でしたから 凄い金額ですが TGの稼ぎには見合っていませんでしたよね?所属プロがいかに儲けた事か…?
Posted by みこ at 2011年08月29日 12:23
♪みこさん
ピーが最後の1年で1千万貯めるのに、タクシーを使わなかったりして倹約したと書いてますよね
普通の生活をしてそれくらい残っていてもよさそうなものだと思います
青春を消費し、友情を壊した代償にしては納得できる金額じゃなかったでしょうね

純真な少年達が海千山千の大人たちにいいように扱われていた図が思い浮かびます
でもピーはお給料もジュリーの2番手だったんですね~
その点は認められてたということかしら
Posted by メイ at 2011年08月29日 19:37
追加です
給料の差はグッズ売り上げなどによる歩合制だったかもしれませんね
人気のわりに基本給が安かったということではないかと

Posted by メイ at 2011年08月29日 19:41
初めてコメントします。文春読み損ねていたので、よかった。ありがとうございました。ピーの再来に狂喜乱舞しているこの頃です。TGのコンサートも、ますます盛り上がってきましたね、おじさんだけどプロだから、きっといいもの見せてくれるでしょう、ピーが高校の先生から、だんだん
TGのピーになっていくようで、不思議です。また先生にも戻れるのでしょうが・・今はファンもTGもおもいきり楽しみましょう!
Posted by noel at 2011年10月01日 21:09
♪noelさん
はじめまして。コメントありがとうございます。

この文春の記事はよかったです
私も40年の鬱憤を晴らすべく、ピー再来に狂喜しております
ジュリーもはしゃいでるし
ピー本人がいちばん冷静な気がします^^

講演会の時とは別人のように今はTGのピーそのものですわ~
でも時がくればまた先生に戻ったり、他の道を歩くこともできるんでしょうね
TGでいてくれるうちにどっぷり楽しみましょうね~
Posted by メイ at 2011年10月01日 22:09
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック