2020年08月11日

8月も半ば

暦の上では立秋も過ぎてお盆がきてしまいました
8月はもともと申込みもしていなくてどうやって過ごそうかと思ったけど
ジュリーなしでも淡々と過ぎる日々(´д`)
TVで昔のVTRが出ても見る気ないけど
それは一瞬だからで、特番なら見るはず(たぶん)

無観客配信というと仰々しいけど
昔よくあったテレビの特番みたいなものだと思えば。
そのためにはスマホじゃなくて、プロの照明と音響は必須
それでも、ライブの楽しさを知ってしまったら配信じゃ物足りないけど
そこは「大阪の雨合羽」! ←ないよりマシww
2時間は無理でも30分ぐらいなら見たい…

ジュリーのいない日々は野球でも。と思っていたとおり
7月初めに甲子園の有観客試合初日に行ってました
4万5000人入るスタンドに上限5000人はさぞや寂しかろうと思ったけど
思ったより人がいる感じでした
前後左右に人が居ないから広々と席が使えるし
売店もトイレも行列ないし
応援はほぼ手拍子だけ
球がミットに入る音や、選手や審判の声もよく響いて
私にはむしろ快適でした(^^)v
今まで密すぎてうるさすぎたんだ

興行収入が少ないので利益は大幅減だろうから
いずれは元に戻るかもしれないけど
あらたな観戦方式を味わうなら今のうち
その後2週間は様子を見ましたが何事もなくご飯はおいしいです

3月以降、市内から出ることなく過ごしていたので
最初は都会行きの電車に乗るのも緊張したけど
野球観戦がきっかけになって
単独行動なら3密はないし、屋外なら危険はないと思いました
(そもそも毎日電車に乗って通勤してますし)

そして
来月はいよいよコンサートホールへ。まずはクラシックから
兵庫県芸術文化センターではエアカーテンを作って
ステージから客席への空気の流れを止めたり
演奏者同士も距離を取って仕切りをつけたり
コンサート再開への道を模索しているところです

先日宝塚歌劇団でクラスターの発生があり
ステージ上の演者が多い舞台はやはり難しいのかもしれないけど
収束の見通しが見えないなら、工夫してトライするしかない
野球を見に行ってみて
変則的でもライブは楽しい!とあらためて感じたし


「満員のお客さんの前で歌いたい」というのが
売りに出したチケットが全部売れる。ということならば
キャパの半分でもできないものかしら
「ステージの上が疎」という地の利(?)をぜひ活かして
新しいかたちのコンサートを実現して欲しい

とは言いつつも、私はまだまだ他人を避けて生きていますが(^^;)


posted by メイ26 at 00:28| 兵庫 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする