2018年09月26日

避難訓練コンサート

本日ジュリさんは真駒内にてコンサート中
開演前情報によると、こないだの福岡同様
スタンドの上の方までいっぱいだそうで。ジュリーすごいな(今さら)

私はこういうのに行ってました
0926.jpg
避難訓練コンサート。
前から気になっていたけど休みがなかなか合わなくて
五回目の今年やっと参加できました
ジュリーもかつて数回来たホールです(タイガース時代にはまだできてなかった)

コンサート途中で地震による火災がおきたという想定ですが
いつ訓練が始まるかは観客には事前に知らされません
ちょっと緊張しつつ開演

何曲か目の途中で緊急地震警報!ドキッとする><
職場の訓練では放送だけですが、ホールなので音と映像の演出付き
臨場感ありすぎ~(。・ω・。)
いったん照明が落ちてから非常電源になり、スタッフの誘導で避難開始
1600席のホールに参加者は100人ちょっとぐらいかな(避難場所での目視で)
客席はすっかすかで、スタッフも多いので、混乱なく外へ出られたけど
満席だったらたとえ訓練でも出口に殺到するよね~
ホール内は耐震設計でいちおう安全なので焦ってパニクらないようにしないと

会館前の広場でしばし待機していると、消防車が3台も来たけど
特にパフォーマンスもなく、館内の安全確認が終わったら訓練終了
もういちどホールに戻ってコンサートの続きを聞きます

この訓練、幼稚園児も団体で参加していましたが
慣れているのか、しつけがいいのか
コンサートの曲目も園児向けでないのに
思ったよりも大人しく聞いていてびっくりです
時々とんだりはねたりがやがやする子もいたけど
手拍子もちゃんとリズムとれてるし、MCのご挨拶にもこたえるし(^^;)
人が話している時にわめいてばかりいる大人にも見習ってほしいですわ

今回はカルテットだったので警報も大きい音で聞こえたけど
ROCKがガンガン鳴り響いて盛り上がっている時にはどうかな?と思った
客席まで警報鳴るのかな?
本番はないにこしたことはないけど、これだけ災害続きだと想定はしとかないと
と思った次第でございます



posted by メイ26 at 16:09| 兵庫 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年09月22日

ハッ!PEEバースデー!

昨日書類の日付を書きながら、
あ!明日ピーのお誕生日やん!と思い出しました
(ちょっと忘れててすみませんw)
あらためまして

ピー、お誕生日おめでとうございます
同じ戌年同じ乙女座として心よりお祝い申し上げます
今年もお元気でいてくださいね~
遠方よりピーのご健康と幸福をお祈りいたします

私ごときが祈らずとも関東方面では元気に活躍中のようですが(^^;)
わたしは11月の関西LIVEまでおあずけ
それまでジュリー見とくわww

50年前の王子様たちが平成最後の年まで変わらずご健在なのは
ほんとにほんとにありがたく幸せなことです
平成の次の時代も共に生き抜きましょう!


posted by メイ26 at 18:55| 兵庫 ☁| Comment(0) | ピー my love | 更新情報をチェックする

2018年09月20日

9月19日 福岡国際センター

かすかに海の香りがしました
ハカタ.jpg
お隣のサンパレスにはずいぶん前に来たことありますが、ここは初めて
アリーナ(というか体育館の床)は超フラットで椅子も真っ直ぐに並んでいるので
これはスタンディングになったら何も見えないわ~、と早々に諦めたけど
いざ幕が開いたら前列の男性二人が中央のスタンドマイクをすっぽり隠して
ほんまに何も見えへんやーん 。・゜・(ノ∀`)・゜・。

と、全員が思って全員が微妙に左右にずれたせいか、途中から隙間ができたw
ステージがかなり高いので、そのままでも見えてたけど
FAPPで前方席の方が座ったら、ドミノのようにセンターブロックがざざーっと座って
カズさんもようやく視界にww(カズさんが見えるほどの隙間はなかったのよ)

隣のおばちゃんが自分ちのお茶の間のごとく大声で会話してたのは気に障ったけど
歌っている間は黙ってたし、ジュリーへの声かけでもないのでまあいいか
歌もギターもおばちゃんの声に負けないぐらい特大ボリュームだったしw
声かけは別方面から2回ほど聞いたけど、争いになるほどでもなく(^^;)
穏やかな雰囲気で楽しめました

最初のご挨拶で
「古稀を迎えました。長生きはしてみるもんだ。みなさんも死ぬな!生きようぜ!」
と、言ったのは樹木希林さんのことを思ってのことかと感じました

座席表でざっと計算したら4000人ぐらいのキャパで
3階のスタンドまでぎっしり入っていてよかったけど
私の後ろの席の人は「え、鉄人バンドおらへん!」て言うてたから
知らずに来た方もいたのではないかと思うとアレですが
初めて来たひとにはこれがデフォルトなので問題はないかと

カサブランカは神戸の時よりだいぶテンポアップしていたけど
その分RRMがゆるくなってた~
ゆるいテンポだから、間奏のくるくるもゆるやかでキルトはひるがえらず(-_-;)
早いテンポでゆるゆる回ると足下がおぼつかないせいと見られるから
わざとゆるいテンポにしたのか!と思える宴会ノリ、もといOldGuysRockでしたw
カサブランカとACBとRRMが毎回テンポが違うような気がするわ~

マンジャーレの前フリは「知っとうと~?」でした
これなら意味わかる。「わかるのことある」とか「わかることのはず」よりはずっと
初めから普通に言うたらええねんw
それよりも初期の「それ行け-」の方が私は好きですが
知っとう?と聞かれても(知らんとよ)とこっそり心でこたえてしまうから

こっそり、と言えば。
マンジャーレの後のありがとうサンキューのどさくさに「まいど!」「おおきに!」て
なんで九州まで来て関西弁やねん。
さすがにおいどは小声でこっそりとしか言えへんかったわ(言うたんかい

マンジャーレではダダダ♪と転調した後、一瞬でもとのキーに戻して
器用やな。横森良造かw と思ったんですが
転調するのは1コーラス後じゃなくて最後なので間違えたのね~(^^;)

照明は会場によってパターンをかえているみたいで
ここでは大阪城ホールみたいに、両サイドからの照明がアリーナにもちょっと当たった
そういえば、ACBの時のスポットライトがくるくる回るヤツ(昔の歌謡ショーみたいなw)
今日は気づかなかった。視界が狭かったからね^^;

風は知らないの時にごごごーという地鳴りみたいな音がずっとしてたのは
音響ミスなのか演出なのかわかりませんでした
風の音を表現してたにしては強風すぎるしw

アンコールの拍手はあまり強くなかったので焦らなかったのか慣れたのか
着替えてくるのが初めの頃より早くなったような気がします(^^;)
「古稀のお祝いをいろんな人にしてもらいましたが、今日がいちばんうれしいです!」
と左足ぴょん
MCは二人体制にしたいきさつの説明
岡山の隠微なバーの名前は…と気を持たせて
「教えない!」ということでした
カズさんから「やりましょう!」と返事をもらってからは花が咲いたようで今も満開
「カズさんは花咲かじいさんです」と、爺さんに強制編入w

今日も「根っからのギターマン」と紹介されたRRMのエンディングは
このツアー最長!(わたくし調べ)
初日の三倍くらいの時間になってた!(個人の感想)
ジュリーは満足げですが、これ以上長くなると私は間が持たなくなりますw
歌VSギターをやりたいのなら、ジュリーも負けずに声を伸ばしてください(死ぬw

しかし本編のDon't be afraid to loveもアンコールのヤマトより愛をこめても
いつにもまして素晴らしくて聞き惚れてしまいました
最後は帽子はとらずに退場
(あの帽子はタモシャンターというそうです。神戸でやってるタータン展からのニワカ知識)














posted by メイ26 at 16:23| 兵庫 ☔| Comment(2) | 70YEARS | 更新情報をチェックする

2018年09月09日

9月9日 神戸国際会館

今日はうって変わって3階席~
エスカレーターの場所がわからんくて階段で上がった
年寄りにはキツイ道のりでした。ハァハァ

上から見ると、ほんとにステージを無駄遣いしてるのがわかるw
カズさんスペースだけまーるく結界はってあって
右半分はなーんもなし!
神戸もステージの奥行きは広いけど
その天井より高い席なので、縄文杉の上半分は見切れていて
見えるのはボレロの舞台だけ~
あの白いギザギザってギエムが踊る舞台を表現していたのか!と知る

ジュリーは衣装のせいもあって、ピエロのフィギュアがちょこまか動きまわってるみたいで
あんまり現実味が感じられなかった(^^;)
開演前のスクリーンのサイズで上階席用に映像を出してくれませんかね~

今日は台風お見舞いで始まりました
こんなとこ来ていていいんですか?
こんなややこしい時に来てしまってすみません。と跪き
でも来ちゃったんだから最後までごゆっくり、と

朝から兵庫県全域に大雨警報が出ていたんだけど
その話から「兵庫県のバン…?タンバは丹波だし?」
と、なにか読めない地名があったもよう
バンは播磨の播だと思うけど、それがついて読めない地名ってあったかな?
と謎だったけど
その後MCでもいっさい関西弁を使わなかったから
あー、もう関西人でいることはやめたのね~。それなら読めなくてもしょうがないわね~
と、突き放すことにしときました。

そういう心理的にも物理的にも距離があったし、1列目だったから
ほぼ全曲座って見てましたよん。
ROCK'N'ROLLMARCHだけ立ってHEY!HEY!HEY!に参加

カサブランカがもっのすごテンポ遅くて、手拍子できませんでした
毎回テンポが違うよねやっぱり
ACBもジュリーの前フリと曲に入ってからのテンポが違うし。あれはわざと?

関西弁は使わないけど、奈良よりは感情がこもっていて
2着目衣装で「これが着たかったの」と左足ぴょん
と、「ジジイ二人がやんちゃな音出してやったらどれだけカッコッキ」
を生で聞けてうれしい~
カッコッキってカッコイイと古稀をかけているのかと思っていたけど
聞いた感じではそんな気はしなかった(^^;)
そしてRRMのくるくるは奈良の方がサービスよかったですw
今日は控えめで上から見ても物足りなかったw

なんでこんな出し物にしたのかということをタイガースで人気が出て。
から始めるので、途中でなんの話だったか忘れましたが(私が)
もう古稀になったからやりたいことをやる!
「やらねばいや~んいや~ん。ルーキー新一。わかる人だけわかる」とか
「ギターを横森良造風に使うのではなくて、歌VSギターでやりたい」とか
年寄り向けのネタをありがとうございました

窮状で歌い出しの音が出なくて、マイクのせい?と思ったんですが
「加瀬さんのイタズラ」ということにして、何事もなく歌い直し
これはこのツアーで初かな?
Don't be afraid も歌に入るのが遅れたと思うけど、ここはスルー

雨だれの挽歌の雨だれとか風は知らないの風とかafraidの水玉とか
最初の頃は客席全体に照明がかかっていてきれいだったのに
今はステージだけなのね~
そのほか、最初からだったのか途中からかわったのかしらないけど
照明はバラエティに富んでいてキレイだったです~

ギターの変化はRRMの後奏が顕著で
カズさん今日も前髪小刻みに揺らしつつ頑張っておられました
そういえば毎回変化があるのはカズさんの髪の立てかたかもね!

今日はこのスタイルであと10年。80歳まで!と言ってくれて安心しました(^^)v
私が定年退職して自由の身になるまで続けて~













posted by メイ26 at 22:29| 兵庫 ☔| Comment(4) | 70YEARS | 更新情報をチェックする

2018年09月08日

9月8日 なら100年会館

たぶん還暦ツアー以来の奈良
あの年は私の誕生日だったので行ってみたけど
今年より曲が多くて終演も遅くて帰るのに時間がかかったから
それ以来行ってませんでした
今回なんでチケット買ったのか。自分でも謎w
開演が早かったからかな^^;

20180908232449737.jpg
で、久しぶりに見た100年会館
ステージが広い!セットがシンプルだからなおさら広い!
座席の足元も広くて快適でございます
奥行きが広くて天井も高いから照明がとても映える
カサブランカの水芸に虹が立ったのを初めて見た!
縄文杉の映像も今まで見た中でいちばん荘厳

それはこのツアーを初めてセンター席でみたせいかも
しかも4列め!ありがとうございます
衣装もくっきりはっきり見えました
6回目にして初めて全貌が明らかになったみたいなw
音響もよいのかジュリーの喉の調子がよいのか
声も素敵~。

しかしMC は関西弁じゃなかった
台本通りに語っているみたいで
物理的には近いのに心理的には遠かった
構想12年といいつつ、具体的な年はぼやかし。
のわりにはカズさんに告白した舞台設定は詳しくなっているような
福岡で話をしたことを「正式なオハー」と言ってしまい
「オファーです。オハーはこれ」と慎吾ママのおっは~。を(^^;)

そういえぱ「古稀はいろんな人にお祝いしてもらいました」と
タイガースや音楽劇仲間の名は出さなくなりました
かと思えば
右側の空間に時々来る人を
加瀬さん、久世さん、堯之さん、ムッシュかまやつ、ZUZU、と具体的に。
時々仲間が来る。という言い方をしたので
ゲスト出演と勘違いされてるような空気を感じて説明したみたいな。

マンジャーレだけだな楽しかったのは
芸術観賞としてはすごくよかった
カズさんとの新婚感も薄れての、長年連れ添った夫婦みたいな
初日に比べたらカズさんの緊張感がとれてよく笑ってたなあて感じ

他の楽器がないから声がよくきこえるとか
逆にギターがうるさくて声の邪魔してるとかいう声をきくけど
私はそういうふうには感じない
人間の耳は聞きたい音だけ聞くもん
ISONOMIAを初めて聞いたときはギターうるさいと思ったけど
今回は歌詞がクリアに聞こえるし

キルトは
「これが着たかった!街中で着てたら逮捕されるからここで」
ロックンロールマーチ間奏は相変わらず後ろへ下がったものの
クルクルは軽快!前方席の恵みをぞんぶんに享受いたしまして
眼福眼福。ありがたや
どこまで拝めたかは私の胸のうちに(ひひひ

今までクルクル回らなかったのは単に足元が悪かっただけかも
奈良は木材の香り豊かなステージで回りやすかったのかも^^
エンディングは弾きかたもかわってすごく長くなって
最後は前髪小刻みに揺らして熱演する見せ場になってたww

そのぶん、称賛に気づかずあわててお辞儀する小芝居がなくなってた
まだ完璧でなく、切磋琢磨していくとは、こういうことね(たぶん違う)

何歳までとはいわなかったけど
このスタイルでエンドレス。倒れるまでやる宣言
二人だけのヤマトをきくと停電高槻での生音生歌を思い出しました

明日は、高いところから照明を堪能しに行きます
posted by メイ26 at 23:25| 兵庫 ☔| Comment(0) | 70YEARS | 更新情報をチェックする