2017年07月24日

50周年記念ライブ岡山シンフォニーホール

岡山は1階7列
衣装がくっきり見える!ジュリーの頭の形もくっきり!
それで気づいたけど
側頭部と後頭部はそこそこ伸びているのに前頭部が薄い!
そらあれでは、知らん人に禿げたと言われても無理ないわ〜
もうぽよぽよの毛しか生えてこないんじゃないの>_<
まるでカトちゃんのハゲ親父のヅラのようなアタマが記憶にくっきり焼き付いた
それでも、ジュリワンの頃よりアゴがスッキリして見えるのは
ヒゲにごまかされているのだろうか?

今日は音響トラブルなし!最後まで安心して聞けた
声は京都の方がよかったけど、ジュリーものびのび歌っているような気がした

1着目グリーンのジャケットは、新聞では柄しかわからなくて
京都では全体がキラキラ輝いて見えて
岡山でやっと、襟や裾にラインストーンのようなもので縁取りしてあるのがわかった
そこがキラキラしていたのね^^
2着目はジュリワンの衣装をイメージするような水色のジャケットに濃い青のパンツ
どちらも鮮やかすぎない色合いが69歳のジュリーによく似合ってた
シャツは最初白無地に見えたけど、途中から身頃の刺繍がくっきり。汗のせい?
どっちのシャツか忘れたけど、勲章みたいな刺繍もあってお祝いぽい

最初の映像にはわいわいきゃーきゃービビッドな反応だけど
私がキャーキャー言う60代タイガースの記念写真にシーンとしてたり
水の皮膚にも無反応だった岡山のお客さんw
でも最後のご近影にはなんとなく温かい笑い。口許はやっぱりありがとうと見えた
しかし、3階でもはっきり見えただけあってスクリーンおっきい!
前方だとちょっと見にくいぐらい

この映像はジュリーが自分で編集したらしい。
おもしろかった。って京都で言ってたような
えー?還暦の少し前には
パソコンなんか絶対触らへんインターネットなんか見ないって言ってた人がw
いつのまにそんな高度なスキルを身につけていたの

ジュリワン映像のスクリーンが上がると、
最後のポーズを決めたジュリーがVサインで
「笑った?笑った?」(ワロター)「笑かしたった」とご満悦(^^)v

さて、京都ではマイクの不調のせいか
un democratic love でちょと歌詞が出てこなかったのが悔しかったのか
歌い直して二回聞けてお得だったですが
岡山ではそういうハプニングもなく順調すぎてリラックスしたのか
アンコールのMCが予想より長くて、京都とも違った話だった

会社経営の厳しい事情とか
CDが何枚売れたら元とれるか。とか
確か還暦の頃には8000枚って言ってたけど、この日は6000枚と。
あれからまた減ったのか。お客さんは増えたのに(^^;)
お金のかかるセットを早々とやめたのは
「セットを見に来る人はいない!」

ごもっともw
ソロになってから46年。私が覚えているセットは
GS I LOVE YOUとミスキャストと架空のオペラだけだからw
あ、もうひとつ21世紀に入ってから着替えをするシルエットが映るカーテンがあったな
それ以外はどんなに高価なセットも心に残ってませんすみません
早くにやめてよかったです^^;

バンドの人件費もかかるので最小限でやってる。みたいなこととか
メンバーのいる前で言うか~
いや、腹を割って話した方がいいのか

その中で今日の名言
「一所懸命やっても報われるとは限らんけど、一所懸命にやらないと報われへんのや」
には激しく同意しました

TVをやめて全国各地に歌いに行くことを地方巡業という人もいるけど
それは違う。見に来る人はみな同じ
岡山だから軽く行こうなんて考えない
そんなことしたら見ている人はすぐわかりますよ。とも
東京まで出かけるのはたいへんだけど
自分の街に沢田研二が来るなら、冥土の土産に行って見ようと思う人もいるはず

そう、少々機嫌が悪くても体調が悪くても
ジュリーがいつでもどこでも一所懸命に歌ってきたことは私は ずっと感じてきたし
だからずっと見に行き続けたんだと思う

それに、大都市と首都圏でしかLIVEをやらないミュージシャンが多いなか
わざわざ歌いにきてくれるジュリーのありがたさをしみじみ思うこの頃
私の街にはこないけど~。
(でももうすぐ新しいホールができるからその節はよろしく~(^^)/)~

50年は長かったか短かったかというと、長かったでしょう
あの頃18だった私がもう69だし、あの頃13だった方はそれなりに…
わたしも自分のことは管理しますので、皆さんも気をつけて
どうかお元気でいていただきたいとお願いして、今日の私の短い挨拶といたします。
で、オマケのあの曲へ

ミラーボール効果は前方席ではイマイチだったけど
ジュリーの長い歌人生をしみじみと思い起こすにぴったりな歌;;
今までにこの曲を歌った中で、いちばんふさわしい場だった気がする

こんなに立て続けにヒット曲を聴けるのは初めてなので、楽しいのは楽しいんだけど
やっぱり1コーラスでは物足りないのも事実
え、ここで終わる?みたいな曲も多々あるし
もともと短いタイガースの曲なら違和感ないかと思いきや
もうちょっとノリたい!と思うとこで終わってしまって不完全燃焼

でも、そうまでして作った時間は最後にフルコーラスで「いくつかの場面」を
歌うためだったのかと思えば(T_T)

あと、初日は開演前にTigersやPYGの曲がながれたというので楽しみにしてたけど
どうやら、シングルB面をリリース順に流して、毎回違う流れのようです
京都は音量が小さくて「夕なぎ」しか聞こえず
岡山では「バタフライ革命」「お嬢さんお手上げだ」が聞こえた
あんまり進んでないな。4回のライブでまだ80年代?
この頃はシングルの枚数が多いからか(^^;)
この先「揺るぎないやさしさ」までいって、また元に戻るのかしら?
BGMが楽しみなのは2004年(だったっけ?)の六甲おろし尽くし以来w

とにかく、声もすごいし
ジャンプもターンも走りもあぶなげなく
ない髪をかきあげたり三つ編みを振り回したり
69歳のステージとは思えませんでしたわ~

これははっきり岡山で聞いたけど
もう終活に入っていて、トークショーも音楽劇もやめて
あとはLIVEだけ。これはエンドレスでやっていく!とあらためて宣言されました













posted by メイ26 at 20:18| 兵庫 ☔| Comment(0) | コンサート | 更新情報をチェックする