2016年07月31日

un democratic love2 岡山シンフォニーホール

中一日で岡山!
okayama.jpg
京都より暑かった><

そしてステージも熱かった\(^O^)/
京都よりはぐっとステージに近づいたせいでしょうか
歌わなくても登場した瞬間ジュリーだとわかったわ~(そこか)

ジュリーにも近づいたけど、ベースはさらに近かったので
私のベース愛が再燃!
ジュリーが向こうに行ってる間は依知川さん(のプレイ)堪能させてもらいました
福幸よのベースがすごいカッコよかったのよー
誰も賛同してくれなかったけどw
TOKIOの電子音みたいなのもベースで再現!
やっぱりベースええわ~。毛髪はちょっと長すぎるけど~
ロングヘアだと髪の重みが頭頂部にかかるから将来危ないわよ~

伊藤銀次さんに「ギターが歌っている」と評されたカズさんは
なんかの曲で口も歌ってたw
いつもの(?)ぬお~、だけじゃなくて音色に合わせてアウアウ言うてたw
演奏後もしばらく半開きのまま(^^;)

前方席は床がフラットだったので、立つと見えにくいかなと思ったけど
視線の先の一列目の人が着席していたので思ったより見えた~
でも
冒頭。こんな年寄りのために集まっていただいて。
あ、メンバー目当ての人もいるかもしれませんが。
上機嫌でやるけぇ!と岡山風挨拶
の後、跪かれると、前列の人にジュリーがすっぽり隠されてしまったのであった

それでも
京都では白無地に見えたシャツも一着目は水玉、二着目はストライプだとわかった
そしてジャケットお揃いの白い花がストライプシャツにもちらっと(^^;)
シャツの濡れ具合は京都の方が激しかったわ~

岡山では京都ほど長々とは喋らず、終了7:15くらい
でも50周年と古希には触れた。(触れただけ;;)
長くやってるからいいとは限らんけど
阿久さんや中村紘子さんが70そこそこで亡くなられたことを思うと
遺された時間は短い><
と言いながらも、周りにはまだまだ元気な人もいるし
短命な家系ではないし
どんな姿になっても続けていきたい(のようなこと。言葉は忘れました)

とにかくごはんがおいしいから。
痩せてる人はあまり食べないから僕が全部食べる
母親に、ご飯を残したら目がつぶれるとかいわれてたし
お弁当のご飯粒でも、しきりを全部とって隅々まで見つけますよ。と実演w
隅に隠れてる米粒を見つけた時の顔が嬉しそうだった^^;

時事ネタはなかったけど
事故に気をつけようというところで自転車で怪我をした自民党幹事長の話
でも谷垣という名前が出てこなかった
後期高齢者になったら運転免許返納しろと言われるけど
車乗ったら便利ですもん~雨の日なんか。と、なんやらパントマイム
私は???だったけど、豪雨を避けて車に乗り込むとこだったみたいw
??といえば、窮状の後
ピアーノ、コーラスーノ、とか変なアクセントでメンバー紹介
京都ではその後で「ミナサマニカミノオメグミヲ」と元阪神のマートンみたいなことなど
ところどころ意味不明のシーンもあったけど
私も、その場ではうんうん言いながら、後で「今なに言うてたん?」と聞くタイプですww

テレビで若い頃の姿を見てこられた方はジュリーはどこ?と思いながら
そのうちに真ん中に居るのがそうだとわかってもらえるだろう
あるいはわからぬままに帰った人がいるかもしれない
鏡を見ていちばんガッカリしているのは自分ですが、しょうがない

皆さんも長生きしていただいて、その人生の何億分の一かの時間を
私のライブに足を運んでください。と
それぞれが自分のことに気をつけて元気でいましょう
みたいな感じのご挨拶でした

ポラロイドの純情なポーズ。京都ではぷりっっとやってて
岡山では目の前に来たから期待したらやってくれなかったー(´д`)
ジャンプは一応上がってたわよ~

紀の片恋。岡山ではちゃんと歌えました^^
彼方への空はやっぱりテンポ遅い
エンディングに天を指すポーズありました
次のカサブランカもだいぶゆったりしてるなあ
しかし水ふきは絶好調!
途中で落としたペットボトルを拾おうとしてちょっとよろけて危なかった;;

TOKIOの土俵入りタイム。雲竜型と思われるスタイルをより本格的に
せり上がりまでやろうとしたとこで間奏が終わってしもたw
♪スイッチ一つで のとこで、えいやっと足を振り上げて床のスイッチをふむと
ライトが♪真っ赤に燃え上がり~ます

極楽ではステージ2周ぐらい駆け足。スピードは68歳のそれなりですけど
そういえばMCの時も、トークショーみたいにあちこち移動しながら喋ってた
いつもは定位置のままなのに。

新曲達の後の若者よ」もすっごいパワー入ってたなあ
マッサラのブレイク部分での拍手はちょっと盛大すぎw
緑Kissは四文字なのでスムーズに♪岡山の空から~(たまにわかやま?)
そういえば、京都の方が音が聞き取りにくかったわりには
はっきり再稼働と聞こえたけど、岡山では象やったかな?

ヤマトの前にスタンドマイクをセットする時、すこし下げようとしたけど下がらず
2,3回(これで歌えるか?)みたいに口の位置を合わせてたの
笑っていいのかどうかわからないけど笑ってしまいました(^^;)
そしたらギターがものすごい爆音で
ボーカルマイクが遠かったんやろかww

京都では最後に自分を紹介するのを忘れてましたが
岡山では「ジジーでしたー!」あり
そして両日ともスキップで退場♪

しかし今回のセトリ ↓

ポラロイドGIRL

渚のラブレター

世紀の片恋

感じすぎビンビン

彼方の空へ

カサブランカ・ダンディ

君をのせて

アルシオネ

届かない花々

我が窮状

犀か象

福幸よ

Welcome to Hiroshima

un democratic love

若者よ

マッサラ

お気楽が極楽

TOKIO

緑色のKISS KISS KISS

ヤマトより愛をこめて

サムライ

コバルトの季節の中で

ス・ト・リ・ッ・パ・-


あらためて眺めてみると。ええわ~。私の好きな曲ばかり
いや嫌いな曲はあんまりないけど
特に中でもお気に入りは
ラブレター、彼方の空へ、君をのせて、kiss×3、コバルト
ジュリーの声が心地よいのはアルシオネ

花々から若者まではジュリーの今の気持ち
最初と最後は一気に盛り上がって

ほんとに楽しいライブでした~
演奏はいろいろと新しいアレンジがあるんだろうけど
ヒット曲のイントロを忠実に再現してくれるのがうれしい^^
最初の一音で歌の世界に入り込めるわ

歌うことを楽しむジュリーを楽しめることも幸せ
いつかジュリーが言ってたけど
私のジュリー愛もいろいろあって今は草原に立っているみたいだなあ
その向こうはまだ見えていない。と思う










posted by メイ26 at 22:38| 兵庫 ☁| Comment(0) | コンサート | 更新情報をチェックする