2015年11月15日

カキツバタ2015ウインクあいち大ホール

神戸に続いて名古屋です。
初めてのウインクあいちホール

何度も地図見て行ったのに迷ったー 。・゜・(ノ∀`)・
終演後は駅まで連れて行ってもらったら
真っ直ぐ行けばいいところをめっちゃ大回りしていたことが判明w
でもちゃんとたどりついて、念願のモンブランソフトも食べられた!
(地元にミニストップがないので名古屋まで食べに行ったのだw)

それはおいといて。
今日は7列目センター。昨日とほぼ同じ位置(^^;)
でもステージとの距離は朝日ホールの方が近かったです
こっちの方がステージも客席も広い!
なので、今日はステージ袖から登場しましたよん
でも、出る前にスポットライトが当たるのは同じなのね
そしてIchirohさんとのツインドラムソロ…って。どっちやねん!?
ドラムってリズムだけのようにも思うけど
ピーのドラムには音階に聞こえるところがあって、そこが好き^^
ひとつずつ異なった音色のパーツの組み合わせ方がいいのよね~

昨日は聞き取れなかったところも、さすがに2回続けて聞けば慣れるw
曲順は伝授ブログを参照しようと思ったんだけど
私の記憶と違うところもあって
途中で構成を変えたのか、私の記憶違いか確信がもてないので
やっぱり感想だけにしとこう
でも「スキニーミニー」と「シーシーシー」は続けてじゃなかったよねえ?

ピーライブの客層はジュリーライブよりさらに平均年齢が高いとはいえ
ここまでずーーとお地蔵さん状態で、ちょっとむずむずしてきた頃に
ベースのケンヤさんが「ロックコンサートなんだから」
「立たないと歌えない曲もありますよ~」「皆さん世代的に演歌ファンじゃないすよね?」
と、さんざん煽ってくれて、タイガースのテーマからだったっけ?
ようやく身体ごと楽しめる状態になりました^^
足あげをやれ、ってことらしいけど、それ客席では危険ですからw
気持ちは若くても身体は年齢相応(^^ゞ

だからそこまでしても立ちっぱとはいかなくて、立ったり座ったりだけど
それも一斉にさっと立ち上がる、って感じじゃなくて
周囲をうかがいながらもそもそと立ったり座ったり、みたいなw
タイガース時代しか見てない人はスタンディングの習慣がないからね~

花の首飾りのアレンジがずいぶん変わっていて
旋律も違うので、神戸ではピーが間違えてるのかと思ってしまいましたが
演奏も歌唱もレスリーマッコーエン版のコピーだとわかりました
疑ってごめんね~ピー(^^;)
でも逆訳詞?日本語の歌詞のとこはオリジナルのメロディになってたw

「想い出の渚」
今日も演奏後に「この作曲家が思い出せない」と
長い黒髪風になびカセ~ と、歌いながら加瀬さんを紹介
タイガース時代の先輩への追悼曲として歌いましたが
とにかくパワフルで、しんみり感はみじんもない力強い渚でした

どの曲もドラムが前面に出ていて、それが大音量だから
コーラスもそれに負けじと力が入って元気いっぱい
といえば、新メンバーのキーボードのはなさん。
事前に聞いてはいたけど、全曲くねくねぴょんぴょん飛び跳ねていて
そんなに飛んでいて鍵盤をちゃんと押さえられるのかと思うのですが
これがちゃんと弾いていてw
銀河のイントロとか青い鳥のアウトロとか
お約束のメロディはきれいに弾いてくれるのでした

唱歌はパンフレットにも「日の当たる我が家」と「昔も今も」が載っていますが
神戸では「昔も今も」。名古屋では「日の当たる我が家」だけだったと思う
いや、「日のあたる…」はもしかしたら神戸でも歌ってたかもしれないけど
名古屋では1曲だけでした。それとも、その間私の記憶が飛んでいたのか?
Cポップスもどうしても1曲しか覚えがない…んだけど…?
最近物忘れがひどくなって~(^^;)

「野バラ」は二日とも譜面(歌詞カード?)を見ながら歌いました
ツアー前のインタビューでこの曲のことを語っているのを見て
そういえば私が唯一ドイツ語で歌える歌だった!でもすっかり忘れてる
でも1行思い出したら連鎖的に思い出して
ツアーの前には歌えるようになりましたわ~。
古い記憶を呼び覚ましてくれてありがとねー(^^ゞ
私は最初に覚えたウェルナーのメロディの方が好きですが
シューベルトの曲は可愛らしいですね^^

「三日月」
三日月というイメージと全く違う曲調で戸惑いました
♪リンリンリン というリフの部分はだんだんテンポが速くなって
最後はピーとアリスちゃんがステージを走り回りながら歌う
楽しい曲でした。
歌詞の中に「月が青いから遠回りして帰ろう~」なんてあったりして
それでますます三日月のイメージから離れたんだw

「時よ行かないで」も、二回聞いて覚えたと思ったんですが
やっぱり家へ帰って野球を見てたら忘れました~(^▽^;)

そうだ、いちばん違ってたのは
一部の衣装は神戸では白無地のパンツだったのが
名古屋は柄物。右足に赤い星のような模様とあとはグレーの迷彩のような
そして、二部のスーツの中は神戸は白にキンキラ、
名古屋は黒にキンキラシャツでした
白も似合うけど、上下黒だと細身がますますひきたって素敵~
他の方の衣装が日替わりだったかどうかは記憶にございません(^^ゞ
もしもピーに合わせてオシャレしてたらごめんね~

「銀河のロマンス」は二日とも「シルビーマイラブ」と紹介
名古屋ではシルビーのとこでピー!と叫んでた方がいたw

「白夜の騎士」をセトリに入れたので
札幌では作詞者の有川さんが来られたようで、ピーのサイトにその様子が
名古屋でも花の首飾りの菅原さんにお声をかけたようですが
こちらはお会いできなかったようです

名古屋のご当地短歌は
「勝つ身 負ける身 人は皆  尾張名古屋はフライ・味噌勝つ」だそうです
これは9割ぐらい覚えてた、食べ物が入ってると記憶に残るw

勝つ身は(加橋)かつみを詠み込んだそうで、かつみが怒るかも~って。
この歌は短冊を持って即興で詠むのではなく
おっきい紙にあらかじめ書いてきた物を読み上げ方式です
そしてしょもないダジャレにはIchirohさんが鐘一つ鳴らすことになりましたw
どんどん鳴らしていいから~

今回のツアーはベースがダブルキャストで、そのうちの一人ケンヤさんが
この名古屋でラストということで
アンコール終了後、なにか挨拶を、とみたいな雰囲気になったのですが
そこで当のケンヤさん含めピー、Ichiroh、アリスが何やら打ち合わせを始め
ダブルアンコールを期待する手拍子が大きくなると
ピーが真顔で「ちょっと待って。ほんとに時間がないんだから!」って。
そない怒らんでも~

で、すぐにメンバーが定位置についてオマケの「タイガースのテーマ」
時間がないと言うからショートバージョンでやるのかと思ったら
フルサイズやったわww
しかし最後もロックテイストで終われて楽しうございました

私のピーライブがやっと始まったと思ったら、もう終盤で
あと4つです。私はその半分。寂しい~

​音響も照明も去年よりショーアップされたように思います。
神戸では床に何か模様が見えたけど、機材の影みたいにも見えて
二階のないホールで床に映しても見えへんわーと思ったら
名古屋では後ろのスクリーンに映してました。(老虎再来の時は虎柄(^^;;)
ピーのスネアアタックに合わせてのフラッシュも効果的だし
進化してるのはピーのドラムだけじゃなくってよ〜












posted by メイ26 at 23:06| 兵庫 ☔| Comment(2) | ピー my love | 更新情報をチェックする