2015年11月14日

カキツバタ2015神戸朝日ホール

ピー様ご一行やっと関西へお越しです。ようお越し~。雨を連れて~;;

初日から2ヶ月近くになりますが、聞こえてくるのは
各地でのおいしい食べ歩きの様子だけ
誰が何をどんな風に歌っているのかさっぱりわからず。
ジュリーツアーでは必死でネタバレを避けて回っているというのに
無防備でもまったくモレないにおわない( ̄▽ ̄)ノ

メンバーが思わずツイしちゃった「テーマ」と「ブレイカー」は別としてw
事前のインタビュー記事に載ってた「学生街」と「乙女」
そして加瀬さん追悼で「想い出の渚」をやるかなー。
(あ、別に曲名隠さんでいいのか。そもそも私がネタバレ禁止してないしw)
ぐらいの事前準備で臨みました神戸朝日ホール
6列目センターのお席はバスドラムの正面。二つのシンバルの間
やたー!ピーの顔が隠れない神席だー\(^0^)/

さて、このライブの照明プランはジュリーライブと同じ会社ということで
開演前のブルーの照明もとても綺麗な色でしたが
メンバ-が登場した後、カズ手側。いやカズさんはいないからはな手側かw
とにかくそっち側にライトが付いて、変わった演出だなーと思いながら
ライトが照らす先を見ると、客席後方のドア。
え、もしかしてそこから入ってくるのん?o(^-^)oワクワク
と、思ったらそっとドアが開いた!きゃー!でもそれはスタッフだったww
が、
その後ピーが入って来ました~。キャー!でも私からは遠かった(^^;)
下手側の皆さんおめでとうございました

と、いきなり盛り上がったところでIchirohさんとのツインドラムで始まりました
去年のツアーとはパターンが違った感じだったけど
ドラマー・ピーは相変わらず若くて細くてカッコええ~~
もともと若くて細いIchirohさんは格好良くてあたりまえ~(^^;)

このテンションのまま「Do you Love Me」に突入!
ボーカルは今回初お目見えのKenyaさん。
いかにもロケンローラな風貌ですが
おばちゃん度98%な客席にもめげずシャウト全開!
(あとの2%はおっちゃんw)
ピーはサリーのパート“Watch me now!”を担当しつつ
タイガースの時よりさらに力強いドラムロールを披露
曲紹介の時には「デイブクラークファイブ」がすらっと出てこず
ディープ?ディーブ?…と悩んでいて、Ichirohさんから助け船が

ピーのライブは一曲ずつ曲名紹介をしてくれて親切ですが^^
その間にピーが体力回復をはかるという実利もありますw
最初のあいさつで早くも青息吐息のピーに代わって
若いアリスちゃんがMC担当
「学生街の喫茶店」はソロ。次の「亜麻色の髪の乙女」はコーラスだけど
あら、ピーったら歌もうまくなってる!すごいすごい!!
と、思ったのですが
ドラムを降りてセンターマイクで歌う「花の首飾り」を聞いたら…
前言撤回。いつものピーでしたわww
叩きながら歌う方が音程が安定するみたいね(^^;)

この3曲はすぎやまこういちメドレーでしたが
「花の首飾り」はレスリーマッコーエンのカバーバージョンで
原曲とはまったく違うアレンジ、英語歌詞、ピーの歌唱w
で、サビにいくまで何の曲だかわかりませんでした(・∀・)
(英語版はメロディも変えてあるのでピーの歌唱のせいだけではないことをここに記しておきます)

そして加瀬さんを追悼して「想い出の渚」
しかしドラムもコーラスもパワフルでしんみりする隙間もなく
「先の三曲はすぎやまこういちさんの曲ですが、この曲は誰の曲かわからない」
(と、歌詞カードを見ながら歌をなぞる)
♪水面走る白い舟~ 長い黒髪風になびカセ
「あ、加瀬邦彦さんでした」
と、ピーらしくダジャレで加瀬さんを送りました
お葬式にはサリタロさんと一緒に参列されたそうです
とぽさんは別に参列されたそうですが、連絡は取り合ってたのね^^

この後は曲順も覚えてないし、
一曲ずつ書いてると名古屋までたどりつけないので
感想だけ。

いちばん楽しかったのは「スキニーミニー」
ほぼ全編♪オーオーオー チャチャチャ!♪ の参加型だし^^
でもせっかく盛り上がったのに、次がバラードでみんな座っちゃうのが残念~
次の曲がなんだったか覚えてないけど
緩急が交互だったので立ったり座ったりいそがしかったわw

いちばんコーフンしたのが「ハートブレイカー」
タイガースファンには田コロの映像がフラッシュバックしますよね;;
ネロさんのボーカルとギターも熱かったけど
もう、ピーのドラムに釘付けですよ!申し訳ない
この曲のドラムをナマで見れてよかった!しかも当時にも勝る迫力で
エンディングのバスドラ連打には鬼気迫るものを感じました
しかもその後すぐにセットを降りてセンターマイクで歌うという。
脚大丈夫~?と心配になりましたが

その「ハウンドドッグ」が前半最後
ドラムでパワー放出しすぎて歌唱はちょっとパワー落ちてたけど
ピーダンスは全開~(・∀・)
ネロさんと向かい合ってのダックウォークもこの曲だったと思います
そしておきまりの、踊りながらの退場
ここまですごく短く感じた。え、もう終わり?みたいな

15分休憩の後
しっとりと黒いスーツで「フランクミルズ」
タローとのジョイントライブでは叩きながら歌ったと思うんですが
この歌はよかった(中野ではあまり印象に残らなかったけど)
よかったけど、次の日にはもう曲名を忘れていて(^^;)
ええ歌やわ~、と思ってから曲名を聞いて、ああそや。昨日もええ歌や思たわー
と一人コント状態でしたw

唱歌タイムは歌詞を見ながらのドイツ語「野バラ」
日本語歌詞はアリスさんが歌って、ピーはドラムに
もう一曲は「昔も今も」
私はなぜか歌詞ではなく、ドドレミミファソラソミ♪と音階で覚えてたw
でもパンフレットで歌詞を見たら思いだしたー ♪垣に赤い花咲く 
ついでに二部合唱の下のパートまで思い出した(^^;)

新曲。22世紀バンドとしてのデビュー曲です
「三日月」はタイトルからしっとりとした曲を予想してたので意外
CDを聞かずに初めてピーの歌で聞いたので旋律がようわからんかったw
リフの部分は覚えて帰ったんですが、野球を見てたら忘れましたー
サッカーの入場時の音楽みたいだったわ

Cポップスは今回はあまり印象に残りませんでした
去年の千秋楽で聞いたような若々しいポップスサウンドだったと思う

ナマで聞けてよかったと言えば
ハートブレイカーと曲調はまったく違うけど「白夜の騎士」
もっとも、神戸ではイントロのキーボードの音が聞こえにくくて
歌に入るまで???だったんだけど(^^;)
ボーカルはアリスさん。甘い歌は女声担当にしたのかな
ピーのアクションは全体にタイガースの時より控えめ
というか、スティックがちょっと太短くなっていたのか?
でもそのスティックを逆手に持ってのスネア連打には魅せられましたわ

もうここでしか聞けない?タイガースメドレーはほぼ定番化
「シーシーシ」ーはピーがドラムセットを降りてセンター位置に行くまで
ベースを弾き続けます。早よギターにいって~
「君だけに愛を」はKenyaさんがソロ。指さしにキャーはなし(^^;)
「誓いの明日」はアリスさんがメインで、全員でコーラス
ヘイ、ピー!はないけど、二人のドラムソロつきです
続けて「怒りの鐘を鳴らせ」シャウト系の歌はKenyaさんにまかせて
ピーはドラムに専念
スティック円舞が小さめになった分、キックとアタックはめちゃ激しくなってた!
でもドラムは壊れなかった!今年は頑丈にセッティングされたのでしょうw

エンディングは去年と同じく「蛍の光~悲しき叫び」
Auld Lang Syne のコーラスをバックに
ピーの挨拶とメンバー紹介です
神戸ではノリが良かったようで、「神戸の客はよくノる客だ」と
そういえば札幌は去年もおとなしめだったし
なんせ関西初お目見えでしたから、みんなたまってたもんね~
あ、ここでご当地短歌を披露することになっているようです
神戸と頭(こうべ)をかけたダジャレだったんだけど、
下の句の「頭を垂れて故郷を思う」しか覚えてないw
上の句は六甲の月を詠っていたと思うのですが

※ピーのHPに掲載されました
「首(こうべ)挙げ 明月眺む六甲に 首をたれて故郷を想う」でした
6割ぐらい合ってた?(^^;) 「首」でこうべと読むのかー

そして時はあまりに早く過ぎゆく「LOVE LOVE LOVE」
ピーはイントロだけ叩いてセンターで歌います
なのでラストのバスドラ鬼連打はIchirohくんの担当。ガンバレー^^
ピーのLサインも綺麗なフォルムだなー
でもラストはLサインよりとにかく踊りたいんや!
もうすっかり馴染んでしまったピーダンスw
しかし最後にお決まりのギターリフはネロさんが美しくきめてくれました

アンコールはこれも定番「老虎再来」「楽しい時は歌おうよ」
ピーの歌は「老虎再来」がいちばんいいわ~^^
サビの部分の可愛い振りは去年はなかった。ような。気がするw

最後に「オマケです!」と三日月のエンディングのリフだけ

二ヶ月まった甲斐あって、始めから終わりまでとってもとっても楽しかったです
最後は第二ボタンまではだけて白い肌も見せてくれたし~
もちろん投げキッスも忘れずにね~

さあ次は名古屋名古屋











posted by メイ26 at 23:16| 兵庫 ☔| Comment(4) | ピー my love | 更新情報をチェックする