2007年10月31日

「世界はボクらを…」に細かく突っ込んでみる

さあどこを突っ込もうかとDVDを再生していきなり
宇宙空間を漂うUFO
(注:当時はUFOではなく円盤と呼んでいたような気がします)

 ちゃっちいぃぃ~~

いやでも円谷プロでも飛んでいる姿はこんなものか
地上のセットはまあそこそこ力を入れていたようです

そこへ到着するナルシス殿下の使者
なんで馬車やねーん(ノ`□´)ノ
宇宙空間をどうやって移動してきたのだ!

それにもまして不思議のシルビー
円盤の中ではロングヘア、地上に出るとミディアム
タイガースの付き人をしていたときはショートで
円盤に戻るとまたロング
髪の毛自由自在なのか?(-_-;)
しかもジュリーが名乗る前から「ジュリー」と呼んでいる
他のメンバーの名は最後まで呼ばなかったのに

また、ボーヤスタイルで箱根へ行ったのに
浜辺ではいつの間にかドレス姿に
ジュリーと踊るためにわざわざ持ってきたんかい!!

ところで、メンバーの移動手段として活躍するワゴン車は
黄色と黒の縞模様なんですが

 それは阪神タイガースやろ!!

というのがこの映画への最大のツッコミでございました

この箱根ロケが映画の一番の見所ですが
バスの中ではトッポがうとうとするところも(^o^)
強行スケジュールで撮り直しする時間もなかったんでしょうか

新宿ACBの貴重な映像とか
ジュリー抜きの ♪こっちを向いてとか
♪星のプリンスにトッポのソロがあったりとか
レアな資料としての価値もあると思いますが

メンバーがファンの足下を這って逃げるシーンでは
ミニスカートをローアングルで撮っていて
思わぬお色気シーンが( ̄∇ ̄; 
観客は100%若い女の子なのに、
いったい誰へのサービスだったんでしょう

こっちはファンサービス?と思われる女装シーン
このDVD見るまでまったく何にも思わなかったんですが
サリーが(インドの)サリー着てたのね~ 
細かいツッコミですみません

最後に
タイガースの演奏で円盤が飛行不能になる設定ですが
これって今でいうところの電波障害じゃん
実際に携帯電話で飛行機の運行傷害も起きたから
あながち荒唐無稽なシチュエーションともいえない?

見ている方が恥ずかしくなるのは
花の首飾りのバレエシーンと、ジュリーとサリーの棒読み台詞くらいで
私は大変楽しめました手(チョキ)

いやジュリーの顔見るだけでも十分楽しめるけどね




 

posted by メイ26 at 19:32| Comment(6) | TrackBack(0) | 映画・DVD | 更新情報をチェックする

2007年10月30日

昭和43年の少女たち

世界はボクらを…は、小学生の時に映画館で見たきりで
細かいストーリーはほとんど覚えてませんでした
でも印象に残っていたシーンはいくつかあって
今回40年ぶりに再開しましたが、全然色あせてないわ~

なかでもいちばんよく覚えていたのが
① バンドボーイになったシルビーにピーがドラムのスティックを渡すシーン
ここウケてました^^

② 合宿所?の朝のシーンで、トイレから出てきたトッポが
漫画を受け渡す
シーン 
←コレは私的に大受け

③ 同じく朝のシーン。ジュリーが鏡に向かって顔ストレッチ
きゃーきゃー言いつつも笑っていたのが
最後にウィンクをされて映画館騒然(^0^;)

この朝のシーンはサントラ盤にそのまま入っているので
よけい印象が強く残ったのかもしれません
寝起きのいいピー
すぐに起きるものの、壁にもたれて寝てしまうジュリー
低血圧そうなトッポが
当時のイメージそのままだったし

④ 花の首飾りでちびっこバレリーナと踊る
意図的な記憶喪失か、お姉さんバレリーナの方は忘れてました
しかし誰が振り付けたのか、まるで学芸会だなあ
メンバーは歌っていただけと思っていたんだけど
一緒に踊ってるんだもん
みんなまじめにやってるころが今見ると泣けるわ

⑤ そして有名な?映画館でゴーバウンドのシーン
あれファンが自然発生的にやったのかと思ったら
ちゃんとジュリーが誘ってたんだ(^_^;)
「映画館でご覧のみなさんもご一緒に」て
もちろんスクリーンに向かってやりましたよ、
ゴーバウンド!

ラストの武道館のシーンは
映画よりも、新曲の発表会としてテレビで放送されたものを
よく覚えています

花の首飾りを作詞した方が高校の卒業式と重なったからと
お姉さんが代わりに来られてました
いやーもったいない!学校なんか休めばいいのに
というわけにはいかなかったのね当時は
卒業式の方をお姉さんにでてもらえば…(゚∇゚)

で、メンバーからいろいろ賞品を授与されるんだけど
ドラムセットかなんかを渡すときにサリーが
ついでにピーも差し上げます」みたいなことを言って
いやーん、なんてことを!と身もだえた小学生な私 
←ピーファン

映画のシーサイドバウンドのシーンでは
みんな座ったままハンカチを振り回しています

そう、私が見たタイガースのコンサートがこれだったわー
前に座っていたお姉様方が狂ったようにハンカチを振って
でもしっかり椅子に座ったままお尻も振っておられました
スタンディングなんて誰も考えなかったのねえ

田舎だったからかもしれないけど
当時の少女達は決して叫びっぱなしでも無軌道でもなく
バラードはちゃんと静かに聴いていて
今とそんなに変わりないのに
なんであんなに大人達に責められたんですか?(;_;)

一時のジュリーファンの方がよほど無謀…すみません私も含みます

あ、これはあくまでコンサート会場内の話です
田舎の小学生がそれ以外の場所でタイガースと出会うことはありませんから!(;_;)




posted by メイ26 at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 思い出話 | 更新情報をチェックする

2007年10月28日

世界はボクらを待っている

キターーーー(≧∇≦)ーーーー

すみません、大人気もない顔文字使っちゃいました(^^ゞ

世界はボクらを待っている のDVDが今日届きました
もおぉぉ カワユい~ (((((*^o^*)♪
tigers.JPG
 デジカメの電池がないので携帯で撮りました


ジュリーはどこをとってもかわゆくて
ガラスケースに入れて飾っておきたいほどですが

それにもましてピーが可愛い~
小学生の私がファンになったのも無理はない
一番楽しそうにやってるよ

ほかのメンバーも後に語ったところでは
こんなのやだ、と思っていたらしいけど
心底嫌だったらあんな楽しい表情はでないんじゃないかな

箱根ロケのシーンは
ああやっぱり子供だなあ、という感じで
見てる方が嬉しくなっちゃいますよ

ラストで武道館の舞台に立つシーンでは
素の「タイガースのジュリー」でガラスの微笑みしてますが
演技中のジュリーは意外とひょうきんだ
もともとそういう素地があったのね

内容に関する細かいツッコミ大きなお世話
次回詳しく語りたいと思いますが
一言でいうならば

ジュリーとサリーは大根だ!
後に役者として活躍する二人がナゼ(^_^;)

そして私はこれのサントラ盤を持っているんですが
LPの曲は全部レコードテイクだったと思います
映画で使われているのはほとんど特別バージョンなので

このDVDは買い!です。強くオススメします

解説パンフレットもついてるし
実は映像のオマケもついています。それは買った人のお楽しみ~
他の2作も買うべきだったかしら
と思う私です

ところで、そのパンフレットに載っていた写真
tigers2.JPG
ジュリーのポーズ…クックロビン音頭みたい!(爆)


posted by メイ26 at 19:11| Comment(6) | TrackBack(0) | 映画・DVD | 更新情報をチェックする

2007年10月27日

ミッドナイトエキスプレス90 1990.7.22

いろんなことやってましたね
JR岡山駅駅構内でのライブイベントです
終電が出た後、始発までの時間を利用してだから
開演は深夜0時ですよ(-_-;)

ジュリーの名前はあまり表にはでませんで
一応サプライズゲスト扱いでした
でも当日会場にはどかーんと名前が張り出されて
メインゲストだったんだけど(^_^;)jazz muster付き

何組ぐらい出てたのかな?ジュリーの出演は早めでした
明け方だったらどうしようかと思ったんですが
そりゃジュリーがもたへんわね

いつも言えることですが
どんな場所でもけっして手抜きをしないジュリー
40分ほどでしたが楽しいライブでした
もちろん冷暖房なんかないから
ツアーと同じ衣装のジュリーはめちゃ暑かったと思います

曲はヴァニティファクトリー・ボラロイドgirl・KIMAGURE
晴れのちブルーボーイ・世界はup&fall
ジェラシーが濡れていく・単純な永遠(順不同)

駅コンコースにステージを組んで回りに椅子を並べ
指定席だったんですが
退屈な前座におざなりに拍手し、やっとジュリーが登場したら
座席の前に割り込んでくるガキいやギャルが(-_-;)

「ここ指定席なんですよ」と大人な対応をしてやったら
いいじゃんそんなの、などとほざくので
どけー!!と力づくで隣へ押しやったら
隣の人も順送りしてv ←もちろんこの様子はジュリーにばっちり見られた
ひど~い、となおもほざきつつ私の視界からは消えました

イマドキの逆ギレチルドレンでなくてよかったです
まだ世界は平和だったんだなあ


終わってからは駅のベンチで始発がでるのを待ち
(ジュリーは今頃ホテルのベッドで気持ちよくお寝みよねーと思いつつ)
各駅停車に乗って朝帰りという
ホームレスみたいなツアーでした

やっぱり普通のホールがいい…


 

posted by メイ26 at 19:18| Comment(2) | TrackBack(0) | コンサート | 更新情報をチェックする

2007年10月26日

太陽のハイウェイ

自分の曲をカバーされるのは嫌だ!と言い放つジュリー
でも自分は他人の曲をカバーしてるじゃねーか
と、よそさまのサイトに書き込まれてるのを見て
「いや国内の曲はカバーしてません。同じ市場で、というのが
嫌なんじゃないですか」
と弁護をかって出たことがある私です

でももしかして、ジュリー言うところのカバーとは
新曲としてレコーディングすることなんだろうか
要は人の◯◯で相撲とるな、ってことみたいだし
ライブという閉じられた空間で
特定の人に向けて歌うのはいいんですか? ←ここで聞いても答えはないが

動画サイトでB’sの「勝手にしやがれ」を聞いたけど
悪くはなかったですね
ジュリーの譜面にわりと忠実だったし
と言って好きにはなりませんし
チャートではあくまでジュリーの曲の下にいてもらわないと困るな
と思うけど

カラオケなんかで歌われた場合、印税は歌手には入ってこない
と言っていたことがあるので
それも理由の一つかもしれません

というのも
いっとき('77年から'78年頃)
ロッドスチュワートの曲をよく歌ってたなあ、と思って
ジュリーが歌うから興味を持って聞いてみたら
本家のハスキーボイスはさらにセクスィで ←スィというとこがポイント
実は「セイリング」買っちゃったのよねえ(^^ゞ

その頃歌っていた曲で
「胸につのる想い」や「I’m sexy」は有名なので
ちょっとシブい「太陽のハイウェイ」をご紹介します
といっても歌詞だけです。すみません
ゆったりとしたメロディで
間奏の時に夢見るような瞳でハンドル操作の手振りをする
ジュリーにうっとりしたものでした
 特に最後の4行が好きです

◆ 太陽のハイウェイ ◆     訳詞:小林和子

ハイウェイ 砂煙が背中で渦巻く
青い海 今 心に揺れる
あなたは長い髪風にまかせて
まどろむ瞳は 少女のよう

バックミラー 地図はすべて破り捨て
わずらわしさ後に 自由へと飛ぼう
恋という名前の旅は終わったけど
愛の海へと 二人だけで

太陽のシャワー 体中にまとい
初めて見たよ その笑顔

ハイウェイ ハンドルは軽く遊ばせて
行く先かまわず 気の向くままに
あなたのささやきも 風のうねりの中
だけど言葉などいらないさ

太陽のシャワー 体中にまとい
初めて見たよ その笑顔

ハイウェイ いつのまにか日差しも傾いて
日焼けの腕へと 影を落としているよ
いまだからすべてであなたを愛せる
横顔見てると 心が焦がれる 

明日の占いでもあてにしてみようか
サイを投げれば またあなたに当たる

運命というものがもしあるとしたなら
あなたがそう ぼくの人生そのもの



 

posted by メイ26 at 20:02| Comment(4) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする

2007年10月25日

サーバーメンテナンスのお知らせ

サーバーからのお知らせがありましたので作業終了までトップに掲示しておきます

最新の記事は一つ下にあります

メンテナンスにともない
画面表示が遅くなる可能性もありますが、ご了承ください


下記の時間帯にて
一部Seesaaサービスにおいてデータベース増強にともなう
メンテナンス作業を実施いたします。

■ 作業期間
2007年 10月25日(木) 午前1:00 - 5:00

■ 範囲
Seesaaタグ検索、Seesaaショッピングの2サービス

本作業中は、Seesaaブログにおいて
タグの設定を行うことができなくなります。
また、Seesaaショッピングにおいては
商品の閲覧・購入及び出店ショップによる
ショップマネージャのご利用ができなくなります

posted by メイ26 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2007年10月24日

タイガースマル秘映像と撮影秘話

テレビをつけたらシーサイドバウンドが流れてきて
元レモンちゃん、現落合恵子さんがGSを語っていたので
録画しようとしたらデッキから変な音が(-_-;)
この前切れたテープが残ってるのか?
まあ、東宝GSコレクションが発売されるという話だけみたいだし
と思ったら

CM後はタイガースマル秘映像と撮影秘話

というテロップが出たもんだからさ
もいちどデッキを確認して録画セットしたらば

「映画撮影って、ふつう2週間くらいそれにかかりきりに
なるんですけど、僕らは仕事はそのままで
その合間に入ってきたから、いつ寝るんや、という話で」

とタローが語ったのが撮影秘話だってさ
なめとんのかー!(ノ`□´)ノ スーパーモーニング!

ひょっとしてセットのみについてくるという
特典DVDのことかなー、なんて思った私がアホでした

ま、朝から可愛いジュリーの映像が見られて
気分良く仕事に行けました、というだけの話でした

posted by メイ26 at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2007年10月23日

今では結局薬局だ

1974.1.3 
大阪フェス「沢田研二リサイタル」にて
←チケにそう書いてある

スパイダースの「あの時君は若かった」のメロディで
♪あの時君は若かった わかって欲しい僕の心を♪の部分の繰り返しです
T=ジュリー&サリー、S=大野さん&井上さん

S:あの時キミは若かった 今と違ってモテていた
T:あの時キミはスパイダース その時ボクはタイガース

S:あん時ゃよかったな タイガースより
  スパイダースの方が 人気があった

T:いえいえそれは違います どちらかといえばタイガース

S:それならみんなに聞いてみよう スパイダースの方が好きな人 
  立って(立たない) 立って!
立たない)
 「立て!」「早く立て!」 ←これをピアノで弾く(笑)
 (大野さん裏声で)♪立て、立て声高らかに 
←カッコーカッコーのメロディ

ひとしきり爆笑の後、ジュリーがしれっと歌い出す

T:それでは今度は ザ・タイガースの方が
  好きな人だけ 立ってください

  (前1/3くらい立ったのを見て)ほら見てみいな格段の差や

井上さん即座に

S:そんなことどうでもいいじゃないか(ジュリーコケる)
  今となってはささいなことよ

T&S:それでもキミが望んだから 今では一緒にやっている ←ここはサビメロね
    昔はお互い敵同士 今では結局 薬 局 だ

「今では結局薬局だ」というオリジナルソングでした ←と、MCで
まだ元タイガースと言われてた頃の、のどかな一場面でした


この「あの時キミは若かった」という曲は大好きだったんですが
元歌を書こうとしたら
出だしの歌詞がなかなか思い出せませんでした。・゚・(ノД`)・゚・。
30分かかってようやく記憶の底から蘇ってきました
替え歌の方は細部まで覚えているのに…

posted by メイ26 at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 思い出話 | 更新情報をチェックする

2007年10月22日

ハニーサウンドオンライブ 1990.10.26

hanisaundo.JPG
大阪の放送局の公開録音すら行ったことないのに
TBSラジオのなんか当たるはずないよな~、受信エリア違うし
とはがき出したら当たっちゃったよ

お席は早い者勝ちなので、早朝の新幹線に乗って行きました
11時頃到着で、約30人並んでました
整理券の番号順に入場してさらにポジション奪い合いという
なかなか熾烈な争いでしたが、まずまずいい位置を確保しました

スタジオは階段教室状で、
最前列は同じ高さにファンがいるという
ジュリーにはやりづらいシチュエーションだったと思いますが
全15曲、いつもと同じように熱唱してくれました
はるばる来た甲斐があったというものさ
スポンサーが文明堂だったので
おみやげにカステラ巻ももらったし(^o^)b

泊まりじゃなかったので帰りは大変だったんだけど…

曲は up & fall光線ジャストフィットしか記録してません
たぶんその年のツアーとだいたい同じ構成だったと

私は1枚のはがきで招待券をゲットしたのですが
司会の若山玄蔵氏がいうには倍率10倍だったそうです

放送もなんとか聞きました
ガーガーピーピーの雑音かきわけて心の耳で(^^ゞ


でも今年MBSのナイター中継を聴いてたつもりで
田淵幸一氏がえらい横浜寄りの解説してるなーと思ったら
CMでTBSラジオだったと判明したことがありまして

ジュリーより鮮明に受信できたのはナゼ(-_-;)


 

posted by メイ26 at 17:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 思い出話 | 更新情報をチェックする

2007年10月20日

最後のウエスタンカーニバル 1981.1.25

またやっちゃった~
30年前のテープをMDにコピーしてたら
テープが切れちゃった~(;_;)

と言っても、途中でブチっと切れたのではなく
リールに巻き付いている部分の接着剤がとれたみたいで
カセットを開けてセロテープで貼れば復旧可かな、と思いますが
テープ自体の劣化は避けようがないので
大事な物はさっさとダビングしとかねば

てわけで今日は
サヨナラ日劇ウェスタンカーニバルを聞いてます
これはたぶんテープだけの企画ですよね

A面は復活タイガースで
僕のマリー~モナリザの微笑み~銀河のロマンス~タイガースのテーマ~WARDS~シーサイドバウンド~青い鳥~花の首飾り~君だけに愛を
が入っています

ジュリーはもうウルウルで、

人前で泣くのはタイガースの時だけだったですが…
あ、今タイガースです
、ってvv

ファンの歓声もまだ若くて十分にまっ黄っ黄です

ジュリーの声って、タローとは全然ハモらないですね
青い鳥はタローが音外れてるみたいに聞こえてかわいそう

トッポともそういえばハモっているというよりは
まったく性質の違う二つの声がそれぞれ主張していた感じ
それにサリーの低音が絶妙のバランスでした

当時歌ヘタって言われていたけど
それまでの歌手の歌い方とはまったく違っていただけで
ヘタじゃないよなあ、とひいき目なしで思うんですけど

私この頃のジュリーがいちばん好きだわ
復活タイガースではなくB面のオールウェイズの方が(^_^)b

同い年のキーボードの西平クンが好きでした
このころめちゃ可愛かったよねえ
若さハツラツって感じで
見てると私もがんばらなくっちゃ、と思ったものです

このコ「6番目のユウウツ」のレコーディングの時
”ガラスの靴が”のとこ音が違う
ジュリーはナマっている、って言ったんだよね
この時はさすがに、む、コイツガキのくせに生意気な
と私は思ったのですが
ジュリーはもう大人ですから軽くいなしてました

オールウェイズでは
ヴァニティ・ファクトリー~おまえがパラダイス~NOISE~GS I love you
を歌っています
NOISEの時は加瀬邦彦さん、渡辺チャッピー、亡き井上大輔さんも参加していて
めちゃめちゃはじけてました
ジュリーも興奮しすぎて歌詞も忘れ

♪ ネクタイが曲がり ジッパーが下がり
   オマエとあんたと あんたとおのれと ♪

などと歌ってます。なんじゃそら(^^ゞ
ラストの GS I love you は名曲です
♪ why was'nt I smart

なんて今はもう涙なくして歌えないよー。・゚・(ノД`)・゚・。
この哀愁漂うメロディを書いたときは
まさかもう一度タイガースで歌えるとは
思ってなかったんだろうな、ジュリー



posted by メイ26 at 21:39| Comment(2) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする

2007年10月17日

でんでんむし食べた?

紅白歌のベストテンという番組だったと思います
堺正章さんが司会で
紅白歌合戦とザ・ベストテンを混ぜたような

確かタイガース解散の記者会見をしたのも
この番組の時ではなかったかと思うのですが
タイトルや内容を変えてわりと長く続いた歌番組です

テーマ曲が
 赤 まっかな太陽に
   白 ぽっかりしろい雲
    ほら みんなで歌おうよ
      まっかっかのまっかっか 真っ白けのけ
とかいってなかった?うろ覚えですが(^^ゞ

いやそれはどうでもいいんですけど

ジュリーが「酒場でDABADA」で出演した時
前トークでマチャアキに
でんでんむしの歌ですよね、って言われて

ジュリー「?」
マチャアキ「沢田デンデンムシ食べたって歌ってるじゃない
J「違いますよ、ダバダディーディダバダディーダです
でもそういう風に聞こえますね(笑)」
と和やかに歌に入りました

スーツ姿の元祖ハンカチ王子バージョンでかっこよく歌うジュリー
しかしそのエンディングで

ダバダディーディダバダディーダ

 サワダデンデンムシタベタ

って歌っちゃいました~。普通の顔で(ノ゚∇゚)ノ
その瞬間カメラにとらえられた
うわ~、ほんとにやっちゃったよ、この人は
というマチャアキのリアクションの方が面白かったです

ホントにいろんなことやってきた人ですが
歌番組の生放送で自分の歌を茶化したのも
ひょっとして日本初でしょうか?

ライブでは
ロマンスグレーにどっぷりつかった笑える奴
てのがあったけど


posted by メイ26 at 23:33| Comment(4) | TrackBack(0) | テレビ・ラジオ | 更新情報をチェックする

2007年10月15日

怒りの捨て場

ジュリー怒る、の続き

③ 1990.3.25 ACTボリスヴィアン神戸
この年は毎回通っていたのでMCも何度も聞く話だけど
「ごぞんじですか?」と聞かれると
小首をかしげてぶりっこしていました(最前列だったので)
しかし反対側から「知らーん」と大声で呼ばわる人が(-_-;)
これに興をそがれてひとしきり怒る
私は他人事なので、ゆーたれゆーたれなどと思っていたら
「そんな大声で知らん言わんでもええやんか。みんな知ってるけど、初めて聞いた顔してるのに。こっちもわかっててゆうてんのや」
と突然こっちを振り向き

「 な あ ?」と同意を求められた

え?そ、そんな急にこっちに振られても。
知っているのに知らんふり、って私のことですか ̄∇ ̄
とどぎまぎしたのも楽しい思い出でした ↑追っかけばれてるし
               
いや地元だからこれは追っかけちゃうよね

④ 同じくACTシリーズ。何の時だったか忘れちゃいました
(この辺の日記はワープロに書いているので読み出せないの~)

芝居の最中に突然素に戻り
係員に「あそこでビデオ撮影をしています。やめさせなさい!」と怒る
係員がオロオロしていると
「今隠したけど、私には見えてました。あの人です」と指さす
みんながざわざわしだして
「やめるまで舞台やらないよ。なぜ止めない?なんか不都合があるのか?係員ができないんなら私が取り上げようか!」
と客席にずんずんと降りて行きました
それでようやく係員が対処したみたいですが

これはジュリーのわがままじゃなくて
プロとしての権利に関することだから
本気で怒っていて、いちばん恐かった経験です

とはいえ、自分が怒られたわけじゃないんで
このまま舞台が中断したらどうしてくれるのよ!という気持ちの方が強かったんだけどね

と他人事ばかり書いてきましたが
さあ、いよいよ自分が怒られた話をするか~(;_;)

<続く>

posted by メイ26 at 09:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 思い出話 | 更新情報をチェックする

2007年10月14日

怒りの鐘を鳴らせ

「生きてたらシアワセ」ツアー
無事に終了したようです
最後はアカペラのおまけもあったようで
参加された方、楽しかったですね。よかったですね

その頃家でクライマックス・セを見て落ち込んでいた私は
ネガティブな思い出にひたっています(;_;)


20代のジュリーはステージでよく怒りました
何をそんなに怒ってたのか今はもう忘れちゃったけども
立つな座るな声を出せ声をだすな手を叩け静かにしろ、など
特定の誰かのことを怒ってたんじゃなくて

自分が気持ちよく歌える環境を作りたかったんだと思う
そんなこと、お客さんに要求するのもどうかと思うが
あの頃のジュリーは
「私は何をやっても許される身なんですよ」
と素で言える存在だったのです

なんでお金を払って怒られなあかんのよ、
と考えるまっとうな人(…)は淘汰されていき
残った観客が
ジュリーに気持ちよく歌ってもらおうと努力を続けてきた結果が
大阪名物「まいど」「おいど」になりました(違)

初めてステージをご覧になった方は
追っかけマダムたちの統制のとれた動きに興味を持たれるようですが
あれはそういう長い歴史の果てにたどりついたもの
今ではジュリーの目の動きを見ただけで

ここは手を叩くところか静かに聞き入るところか
泣くべきか笑うべきか瞬時に悟ってしまうように
しつけられてしまいました(ノ゚∇゚)ノ ←調教されたとも言う

さて、そうやって怒り続けたジュリーも
レコ大とってから優しくなった、と言われ
観劇ならぬ観コン?マナーについては
あまりうるさく言わなくなりました
ただしMCへのツッコミにはいまだに怒り狂います ←言いすぎ?

以下、私が目撃したジュリー怒る、の図
ただしソバージュ時代のジュリーは心の病だったと思うので
私の中ではなかったことにしています(笑)

① 1978.4.5神戸
原因不明。出てくる早々何が気にいらなかったのか
演奏を打ち切らせてこんこんとお説教
その頃流行っていたKENZO風の白い衣装でしたが
「こんなカッコで怒ったら出前のオッサンやないか!」
と怒ってるんだか笑いをとってるんだかわからんことを言い
なんと、オープニングをやり直しました
もいちど袖に引っ込んで、演奏も最初からやり直して
きゃージュリー!って
ライブですよ。公開放送のビデオ撮りじゃないんだから(-_-;)
こんなこと他でもやってましたか?

② 1978.1.6大阪
レコ大裏話。前日にテレビでコンサートの様子が放送されたため
ネタバレでした
それを舞台にかじりついていちいち突っ込んでいた子がいて
初めは無視していたジュリーも堪忍袋の緒が切れ
「あんたさっきからうるさいよ!テレビ見てない人もいるんやから
いちいち先走りせんでもええわ。
だいたいそこ自分の席ちゃうやろ。席にもどりなさい!」
てなことを言いだしたので
後ろの方できちんと座って見ていた人も拍手
言われた子は素直に戻って行った(ように見えたのですが)
ふてくされた表情でもしていたのか
その背中に
「ふん、帰れ帰れ!」さらに
「そこまで言わんでも、という意見もございましょうが
世間はそんなに甘いものではないということを
ボクが知らしめてあげようと思って」
などと追い打ちをかけたのでした(^_^)b ←(^_^)bって

<続く>

posted by メイ26 at 18:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 思い出話 | 更新情報をチェックする

2007年10月12日

発掘ビデオ CM集③

kuiku1.JPGkuiku2.JPG
タイガース同窓会で明星カップ麺のCM
もう一つ「色つきの女でいてくれよ」でコーセー化粧品もありましたが
私はこっちの「銀河旅行」の方が好きでした
トッポは相変わらずやる気なさそうな感じでしたね。 (じゃ、やらなきゃいいのに(-_-;))

kuri-pu.JPGkuri-pu2.JPG
森永クリープ。このジュリーがいちばん好きかも(^o^)
商品にジュリーのマグネットシールがついてたのもよかったです
お手頃価格で買いやすいし。クリープおいしいしねぇ 

doda.JPG就職情報誌DODA
尾見としのりとのシリーズでわりと長く続きました
一番好きなのは出がらし編
急須をあけて「ちぇっ、出がらしか」という尾見くんに
「出がらしじゃないよ。これからだよ、おれは!!」
と叫ぶジュリー
妙にリアリティがあったのよねえ…



megane.JPGmegane2.JPG
メガネスーパー。これもわりと長くやってました
右側の少年野球編は、骨折してた頃で片手でバットを振っていた貴重な?映像
着物で疾走するシーンは太ももむきだしで色っぺ~

ああそれなのに…
aderans.JPG世間で大不評だったアデランスの花咲か爺(-_-;)

ファンでない友人からわざわざ手紙で
「何、あのCM。情けない!もっとかっこいいのやってよ」
と言われて思わず すいませ~んm(_)m

なんで私が謝らなあかんねーん(ノ`□´)ノ
これはシリーズ化することなくさっさと終わったと思います


posted by メイ26 at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ・ラジオ | 更新情報をチェックする

2007年10月11日

発掘ビデオ CM集②

paruko.JPGparuko3.JPG
パルコのCM。関西では放送されなかったので、ナマで見たことはないです
こんなのがお茶の間に普通に流れていた時代って…

juri.JPGほぼ幻の(?)CM。天竜の酒樹里
2,3回しかみたことないです
これは第二弾で、このカットの前は
ロックンツアー’79のパンフレット最後のページと同じ図
ビートルズの「サージェントペッパーズ(以下略)」のパロディで
井上さん大野さんも登場してました

第一弾の方も同じパンフレットに使われていた
ピンクの着物バージョン。これを初めてTVで見たときはしばし呆然
我に返ってから「今のは何だったの?幻覚?」と思ったものでした

nissan.JPGnissan2.JPG
日産ブルーバードのシリーズ。これもかっこよかったなあ
シリーズごとにCMソングも新しくなりました
毎朝聞いていたラジオに日産がスポンサーのコーナーがあって
ジュリーの歌声と共に目覚める素敵な毎日でした

nissan3.JPGこちらはちょとコミカル編
チョウチョみたいにぱたぱたして
「君もブルーバードになってみないか?」などと言っております
(この台詞は「エロイカより愛をこめて」に使われてました)

CMソングがジュリーの歌じゃなくなったのが寂しいけど
ポスターはなかなか素敵でした


CMに出てたからタダで車くれるかと思ったら、さすがにそれはなかった
まあかなり安くしてくれたけど、などと言ってました
posted by メイ26 at 19:33| Comment(2) | TrackBack(0) | テレビ・ラジオ | 更新情報をチェックする

雑誌バラエティ・余談

9/20の記事
中島梓氏のことを「ほんまにファンやったんか?」
みたいなことを書いたんですが

偶然というかシンクロというか
ご本人がブログでそのことを書いておられましたわ
  ↓  ↓
http://homepage2.nifty.com/kaguraclub/2007-8-10.html

なんだ、やっぱり私が思ったとおりじゃん

この文章、高校生ぐらいの子が書いてるのかと思いました
でも記事の書き手を「私」って言ってるしなあ
と、ホームに戻ってみたら

本人かいっ!?

と驚いたしだいでありました
posted by メイ26 at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌・新聞 | 更新情報をチェックする

2007年10月09日

発掘ビデオ CM集

カビははえてなかったけど、さぞやファンの間をかけめぐったのであろう
ダビングをくりかえしてガビガビの画像でした
動画でならなんとかジュリーとわかるけど
静止画では宇宙人の写真みたいだ(-_-;)

しかもですね
なんとかいいいショットを選ぼうとして再生巻き戻しを繰り返したら
年代物のテープが切れました  ̄□ ̄

なのでこれが最初で最後の公開です。・゚・(ノД`)・゚・。
ああもうDVD買うまで古いテープは触らないことにします

manzuwain.JPGmawain2.JPG
マンズワイン第一作「二人なら翔べるのに」 と 第二作「あなたに今夜はワインをふりかけ」
第一作の時は夜ヒットのスポンサーだったので飽きるほど見ましたね

arufa.JPGarufa2.JPG
ナショナルTVαデジタル 
このシリーズはキレイなジュリーがいっぱいだったなあ。
でも肝心のとこはポーズにすると画質メタメタ。最後の普段着のとこしか。・゚・(ノД`)・゚・。
右側は京都編で牛若丸に扮したジュリーと素のジュリーがすれ違うシーン

nasyonaru.JPGmakuro-do.JPG
ナショナルでもこちらはテレビデオ。男「新しくテレビとビデオが一体になった商品ができたんです」
J「で、テレビデオとかってネーミングなら怒るよ」 男「…」
みたいな掛け合いでした。よく覚えてません
右側はマックロード。ニコ動にアップされてますね。
ロレンス(かっちょええー)に見とれているケバいジュリーもまた素敵ハートたち(複数ハート)

パルコのCMもここにはいってましたー
それはまた後日






posted by メイ26 at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ・ラジオ | 更新情報をチェックする

2007年10月07日

ジュリーin紅白を一気に見る

今頃田辺では盛り上がっているのでしょうが
ライブを見られない私は寂しく過去のVTRを見る

ニコ動を見てたらつい時間を過ごしてしまった
今日は栗のシロップ煮を作ろうと思ってたのに

栗くり坊主ってご存じですか?
栗の皮むき専用の道具です(これ
いちど実演で見て興味をひかれたのですが
年に1回しか使わへんし、とその時は購入に至らず
去年ホームセンターで安く売っていたので
この値段なら、と買ったんですが

おもしろいよ~これ
クセになります^^(
私がもともと栗むきが好きなだけか?)

しかし両手を使うのでPC操作しながらは無理
で、自前の紅白ビデオを見ながら
くりくりむいてました

ひさしぶりに大量の過去ジュリーを見て思ったんですが
VTRを見ると
そのときの自分の環境やジュリーへの感情や
様々な諸々を思い出してしまいますね
そりゃ画面はカッコいいしキレイだけど
それ以上にそこに付随してくるものの方が大きいのです
100%歌に入り込めないっつーか

番組でちょこちょこっと見る分にはいいんですけどね

ひょっとしてジュリーが昔のVTR出したくないのもこれ?
なんて思ったりなんかしちゃったりして

やはりライブで聞く喜びに勝るモノはございませんわ
たとえどんなに変わり果てようと…

それに、身体と同時に声にも厚みが増しています
同じ歌い方でも今の声だとまた違った魅力があります
身体が楽器」というのもある程度事実かも
ある程度だよ、際限なしじゃないから!(;_;)


そんなわけで紅白のジュリーへのコメント
女神 → 髪型が葉加瀬太郎に似ている
ストリッパー → 衣装(ハチマキ)が志茂田影樹に似ている
6番目のユウウツ → 顔がカールスモーキー石井に似ている

晴れのちBlue boy → 全編ハレーションやんか。
       カメラもアップで撮ろうとしてるけど
       近づくとホワイトアウト(^^ゞ
       ナマで見てたときはこれがいちばん衝撃だった
       でも今みると全然顔映ってない~ _| ̄|○
       しかも音めちゃくちゃ(本人が言ってた)

生放送ならではの様々なアクシデントに見舞われながらも
狼狽を顔や声に出さずきちんと歌いきったのは立派!
と心から思います

なんとかきれいにまとまったかな(^_^;)
       

posted by メイ26 at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2007年10月06日

ニコニコ動画

若いお嬢さん(?)が見ただけで妊娠するという
ウワサのニコ動を見てきました

前評判で期待しすぎたのか
選んだ画像が偏っていたのか
座布団あげたいようなコメントは見つかりませんでした
脚短いとかチビとか
うっせーよ、と思ったけど(事実だし(-_-;))

確かにヒロミゴーやヒデキサイジョー ←なんでカタカナなん?
に比べるとスタイルは悪く見えます
しかーし!
比べる事が間違っています
当時のジュリーの体型は女性に近いのです
男女が並んでると思えばちゃんと釣り合いとれてるはず

歌番組の映像は自分のビデオ見りゃいいやと思って
それ以外のを優先的にみたんですが
志村けんさんとの鏡あわせコントが面白かった~
歌ってるジュリーがキレイなんはあたりまえじゃん

歌 手 なんだから!

志村と同じことやっても顔が崩れないのが凄いわ
コメントにもあったけど
後向きになったヒップラインの美しさとか
今ではもう失われてしまった(哀)ものがいとしい…

指先もキレイでしたよねえ(遠い目)
ジュリーが歳をとって何が悲しかったって
アノ黄金の指が
おっさんの指になったことなのよ
ぬか床をかきまぜたらすべすべになるはずなのに
なぜあんながさがさに(;_;)

コンサートで源氏物語の裏話をしてて

画面に手先がからみあうシーンが映るんだけど
いしだあゆみさんの手より僕の方が細くて女みたい

て自分で言ってたんですよ。・゚・(ノД`)・゚・。
ああ、♪今はもう昔 グレている老いた日 
それに比べたら太っ腹なんてたいしたことないじゃん!

いやそんなことはないかやっぱり(-_-;)

樹里2.jpg


 ← 
これでもオトコ
すみません。ここに貼った樹里の画像ですが、
パンフレットに使われたものと思ったら
写真家さんのオリジナルだったようなので削除しました

見逃した方は↓↓で探してみてください。どっかにありました
http://alao.cocolog-nifty.com/the_eye_forget/

posted by メイ26 at 21:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2007年10月01日

9月30日大阪フェス 余話

ミツミで立ったまま寝てたのはジュリーにはナイショだ
  
↑そもそもそんなタイトルちゃうし

・終演後左側の扉から出たら高橋社長がいた。あの人はいつもロビーで何をしているのだ。リサーチか?
私たちは「首が痛い」「脚が痛い」といいながら通り過ぎたが
それがフィードバックされて
「みなさんも元気で」とジュリーに言わしめるのだろうか

黒いピエロのキーボードメロディはリズムを変えると
「くるみわり人形」に似ている

明日の ♪My Life のとこ、ものすごい力が入っていた

・MCはくだけた関西弁じゃなかった
歌に力をいれて緊張していたのだろうか

・神戸から大阪までの1ヶ月で、増加していた私の体重が元に戻った
ブートキャンプより効果あるジュリーキャンプ?
(いえ、原因は優勝目前で失速した阪神の急上昇急降下のせいだと)

 ◆MCで思い出したこと◆

・虫の声が聞こえないが、
小さい声で悪口を言われるとよく聞こえる
老齢化現象ではなく、職業病で
素人さんより耳の構造が複雑になっている
 
↑悪口だけ聞こえるのは老人の特徴だと思う

・東京へ出てきて40年。40年前には
カミサマでさえ今日の私の姿を想像できなかったであろう

・40年前は「将来は歌って踊れて芝居ができる
ミュージカルスターに」と言われた
内心(そんなんなれるか、アホか)と思っていた
で、タイガースというグループでやっていて…
あ、阪神タイガースじゃないんですよ

〈この間二行ほど(昨日の記事参照)阪神タイガースの話題〉

…どこまで話したか忘れた ←たった二行で忘れたんかい!
話を元に戻しまして…(昨日の記事に続く)

・話は元に戻らず結局タイガースの話は尻切れトンボのままでした(-_-;)
posted by メイ26 at 14:07| Comment(2) | TrackBack(0) | コンサート | 更新情報をチェックする