2017年02月26日

「熱中世代」後半

ピーとタローの「熱中世代」後半はピーの歌から始まったので
タイガースファンの前に復帰してからの数年間の
歌唱力が急上昇?していることを感じました
(聞き慣れただけかも〜。ごめん)

前回の予告に北大路欣也さんが出ているのを見て
いったいどんな関係が?と思っていたら
タローさんのプロデュース活動の一環とな。
そんなに手を広げていたのね

そして市川右團次さん
ピーに覚えられていなかったのに
たびたびコメントを求められてかわいそ;;と思っていましたが
「人見先生に教わったことは覚えていない」と逆襲(^^;)

唯一の有名人同級生阿川佐和子さんはまあいいかw
しかし同時代の有名人がピーと石原慎太郎の奥さんとは。(誰だそれw)

ふたりの道が分かれていた頃の話はあんまり聞かんといて〜
とやっぱり思うのだが
同窓会の頃はたまたま北京留学中で
大ヒット!した「色付きの女でいてくれよ」を知らなかったとわびるピー
私も同窓会のことは詳しくないので、このへんは追求せんとこw(歌は知ってるけどさ)
でも当時のことを司会の方に説明した後
いちいちタローに「知らなかった?」「聞いてた?」と確かめるピーがキュート

中野サンプラザのジョイントコンサートのことはちょっと詳しいわよ
と思ったけど、あんな映像あったっけ?
DVDは特典映像しか見てなかったかww
中学校の塀に上る映像は確かそこに入っていたはず(・∀・)

タイガースには友情という土台がしっかりあるので
時々屋根が落ちても柱が折れてもだいじょうぶ。
というタローの言葉には感動しましたが
柱が折れたらちょっと危ないかも…。という気も
でもまた接ぎ木したらええのか(^^)v

古希を迎えた人に聞く今後の抱負
タロさん「ハワイで日米エレキ合戦を」エレキ合戦て!!…死語?!
その他には「健康のためにゴルフを再開したい」そうです
ピーは音楽を重点的にしたいと。私には嬉しいお言葉(^^)/

番組のエンディングテーマは「誓いの明日」というのも前向きで
タロさんピーさんは今週も仲良くて楽しい番組でした

最後に、視聴者が待ちに待った。というか
タロさんのDVDを買うかどうかの判断材料となるwバースデーライブ映像
……微妙やったね(^^;)
一応5人全員の歌と演奏が2曲とも紹介されてるし。
あれでええわ、という人もいたのではないでしょうかw

しかし私は「青い鳥」が気になりました
タロさんが力いっぱいリードメロディを歌っているため
タロのパートでハモるべきか、でも下のメロディよう知らんし。
と迷っているようなジュリーの歌唱!その後どう着地したのか知りたいww












posted by メイ26 at 23:43| 兵庫 ☔| Comment(0) | ピー my love | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月20日

ピーとタローの「熱中世代」

19日に放送されたBS朝日「熱中世代」を見ました
ピーとタローの二人で出演するのは初めてですが
タロー「別にどうってことない」w

「いつも会ってるから」だそうで
おさな馴染みに戻った二人の仲良き姿が見られて嬉しいです^^6673.jpg

この番組を作っているスタッフはタイガースファンなのかピーファンなのか
紹介される映像がファンのツボをよく心得ていらっしゃる(^^;)
ピーのLIVE映像ではハートブレイカーの演奏と北京公演での中国語挨拶
タローの古希祝いLIVEではジュリー渾身のギャグ「コキッ」のシーンを
しっかり押さえていました。(画像はあちこちのジュリーブログでキャプチャされています)

そして二人の中学生時代をよく知る方として、毎度おなじみwの坂田氏登場
お元気そうでなによりでございました^^
そのインタビューで
イガース時代ピーはジュリーに次ぐbQの人気だったことについて

「彼がよく言ってますのでそうなんでしょう」
(タロー「なかなかいいことを言う」)

サリータローピーの中学時代の写真が紹介されますが
三人ともそのままやわ〜
坂田氏はピーのことを「やんちゃだった」と言ったけど
タローに言わせると「ワルモノ」だそうで、牛乳パーティのエピソードを
とはいえ、中学時代はほとんど接点がなかった二人は
その後四条河原町で
ピーとサリーが北行してるところへ、タローとばったり出逢い

「彼は南行してきたんですね。人生も難航してるけど」
懐かしの明月荘は一段と荒廃が進んで
「廂がないですね。ひさしく行ってないから」
さらに、「好きさ好きさ好きさ」のアイ高野のパフォーマンスをすごいと思い
「ドラムが気になるんです。どら息子だから」

と、ダジャレを連発しては進行を止め
鴻上氏に「いつもこういうくだらないダジャレを?」と突っ込まれるw
タローは慶応で覚えてきた。と言うけど
いやいやタイガース時代からですよ。
明治チョコのソノシートでもダジャレで割って入ってスルーされるてるしw
この番組のメインはランキングなので
明星の表紙を飾った回数がジュリーを抜いて一位だったことには

タロー「みんな断ってたんやろ、忙しいから」
6671.jpg
さらに
T「おかしいやろ、ジュリーより上て」
P「ウルサイ」
6672.jpg
 ↑ ふたりとも70歳w

いや私もジュリーより上はないと思うけどね(・∀・)ピーも人気者だったのは事実です

そしてトッポの脱退から解散まで
もう、このへんはね。深く追求しなくていいと思う。
すんだことだし。今さらどうしようもないんだから
明るいピーが戻って来て、再結成も成ったんだからめでたしめでたしでええやん

トッポが急に来なくなることはアマチュア時代からあったので
タローはいつでも弾けるようにリードギターを練習していた
トッポがいるからサイドをやってただけで、みんなリードがやりたいんや
というのをピーも初めて知ったそうで
「あんたはエライ!」と半世紀近くたってから称賛。
タイガース時代はお互いの音をあんまり聞いてなかったそうでw
そやな。再結成でもそんなシーンがww
でもだからこそ、誰かがミスしても演奏がつつがなく進んだんだと思う
たまにやり直しもあったけどw

長い人生にはいろいろあっても今は
「恩讐の彼方」
ありえないことがありえるのが人生

と、タローに「まとめられへん」と言われたピーがまとめて
次回に続きます。2月26日8時からです


そうそう。番組中の写真やビデオはほとんど今までに紹介されたものですが
ひとつだけ
タイガースが黒スーツで自転車に乗ってるのは覚えがないわ〜
なんの映像だかご存じのかたがいらしたら教えてくださいませ






posted by メイ26 at 11:57| 兵庫 ☀| Comment(2) | ピー my love | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月08日

2202上映記念「ヤマトより愛をこめて」


このニュースに関して
「1978年の音源と判明!」とか「沢田研二でヤマトを聞けるとは!」
と、なんかものすごいお宝発見みたいなコメントが
私にはわけわからず。

だってシングル盤でポリドールから発売されてるのよ
そんなレアものじゃないし。YouTubeでいくらでも聞けるんとちゃうの?
それとも、レコードじゃない未発掘の音源なのか?
それなら私も聞きたいぞ

もとよりこのアニメは一度も見たことないけど
そのブームのまっただ中にはいたから評判は聞いておりました
なので、ある日ラジオで「ヤマトより愛をこめて」という曲が流れた時は
え、ヤマトってまさかあのヤマト?と半信半疑で
ラジオから聴き書きした歌詞をアニメファンの友人に見せて
ジュリーがこんなん歌ってるんだけど、ヤマトと何か関係あるの?
と聞いてみたら
その筋?ではジュリーがテーマ曲を歌うことはすでに周知の事実だったらしく
歌詞も発表されていたそうです。でも曲は聴いたことなかったみたい

そんなこんなで
「ジュリーは出てないよ。歌だけよ!」と何度も念を押されながら
その友人らと映画を観に行くことになりましたが
ヤマトファンの方々には申し訳ない。映画の内容はさっぱり覚えておりませぬ
ただひたすらエンディングシーンを待っていて
暗い宇宙空間をヤマトが段々小さくなっていくシーン
周囲では早くもすすり泣く声もきこえる中
(わ〜、このシーンであの曲が流れたら私も泣けるわ〜)
と、期待してもいっこうに聞こえてこず
とうとうヤマトが玉砕?して超新星みたいな光が放出するラスト
(ここ!流すならもうここしかない!)
と思ってもいっこうに音楽は流れず
(えー?もしかしてジュリーの歌が流れるってウソだったの?)
とまで思い始めたころ
真っ暗なスクリーンに文字だけのエンドロールが流れ出してから
ようやく、あの印象的なピアノの音が聞こえてきました
(これ?これでエンディングテーマなの?)

なんか満たされないまま、でもこれを聴きにきたんだし。と座っていたら
同行の一人が「じゃ、帰りましょうか」と席を立ちかけ(^^;)
もう一人が「いや、メイさんはこれを聴きに来たんだから」ととりなしてくれて
いちおう最後までいっしょに聞いてくれました
まあ、台詞や効果音に紛れないで曲そのものをじっくり流す方が
扱いとしてはいいのかもしれないけど
途中で帰った人もいたわよ〜。そりゃそうよね

その頃のジュリーとヤマトにはなんの接点もないような気がしてたけど
その後ライブで何度も歌ったから、ジュリーはこの歌が好きなんだろうな
とは思っていましたが
この話が来た時に「キター!と思った」と言ったのはほんの数年前かな?
映画のテーマとして使われて嬉しかったんだということを知りました(遅い

後日
映画を一緒に見た友人(とりなしてくれた方)は
ジュリーのラジオで聞いた「探偵」も気に入ってくれて
「ヤマトと探偵がカップリングだったらレコードを買う!」と言うので
一緒にレコード店に行ったけど
B面は、よりによってこれ〜?という「酔いどれ関係」だったので
お買い上げならず。残念でした(・∀・)
ジャケットは映画の雰囲気を損なわない美しさだったのにね〜

さらに後日譚
この映画は公開前に、「シリーズ最後」とか「ヤマトにはもう会えない」
とか、さんざん煽っておいて(だからタイトルが「さらば〜」なのだ)
1年たつかたたないうちに続編を作って大顰蹙をかったはずw

















posted by メイ26 at 23:52| 兵庫 ☁| Comment(4) | 思い出話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月05日

祝・50周年

ジュリー、そしてザ・タイガースの皆様

デビュー50周年おめでとうございます

祝い21.jpg
祝い31.jpg

6人揃ってこの日を迎えられたことに感無量です
私はタイガースファンとしては49年
ジュリーファンとしては46年のキャリア(?)ですが
まさかこの歳までコンサートに通い続けているとは思わなかったよw

半世紀ともなれば、いろんなことがありすぎて
思いは年々歳々変わってきたけど
ジュリーの歌に飽きたことはなかったことだけは断言できます
そしてジュリーも歌うことに飽きなかったおかげで
タイガースも心の奥で40年以上生き続けるとこができました

50周年を迎えるのは演歌の人ぐらい。というイメージだったけど
いろんなジャンルの第一線で活躍してきた団塊の世代が続々と50周年を迎えていて
勝手に準高齢者にされたけど、生きてるだけでも奇跡に近い年齢で
なおも新しいパフォーマンスを届けてくださる方々に驚喜します
タイガースも、長い長い休止期間などなかったかのように
ドラムを叩くピーを当たり前のように見られるのも
元気で生きていればこそ。
今日までのいろんな奇跡に感謝したいです

ところで。
ジュリーの50周年記念プランは発表されたけど
タイガースの50周年は〜?
再結成のための大義名分はもうこれが最後かもしれないので
ぜひ何かひとつぐらいは新しい想い出を作っていただければ。と
伏してお願い申し上げます





posted by メイ26 at 00:00| 兵庫 ☔| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月23日

第3回古希の会ご報告

ピーのオフィシャルで、サリーの古希祝いの会の報告がありました


フェスのコンサート終了後、京都に移動したのかと思ったら
道頓堀のうどんやさんで目撃されたりして
もしや今回はサリーと二人きりで!?
…ということはなくて、ピーとタローも集まったのですね

トッポは欠席とはいえ、来れるひとだけ。というポリシーらしいので
3回目も楽しく終了したようでなによりです。寒波襲来の前でよかったね
(今日は滋賀県辺りで大雪;;)

ところがネット社会というのはおそろしいもので
はしご酒?のどこぞのお店でまたまた目撃情報が。
「年配のノリのよいお客様がぞろぞろ」お越しだったそうです〜

こういう場合、ファンでない方が最初に気づくのはサリーみたい
背も高いし、やっぱりテレビによく出るからでしょうねえ
そしてこの方は、そこにジュリーがいたことは最後まで気づかなかったって!
(他の方は気づいておられたようですw)

お誕生会アフターも楽しかったようでよかったです(^^)/
と、わたしが妄想に余韻に浸っている間に、またピーは北京へご出発〜;;



posted by メイ26 at 20:35| 兵庫 ☁| Comment(2) | ザ・タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月21日

祈り歌LOVESONG特集 フェスティバルホール二回目


フェス2.jpg
今日も来ましたー\(^O^)/(懲りずに)
大寒の名に恥じない冷たい風が吹き荒れましたが、雪にならなくてよかった

翌日出勤途中の車内ではなぜかFridays Voice が脳内リピートしていた
それも演奏付きでw
たまたま金曜日だったので思いがことのほか強かったんでしょうか

最初の挨拶で
寒いところから入ってきていい気持ちで寝てらっしゃる方もいるかもしれませんが
いいんですよ寝てて。こっちは勝手にやってますから。って(^^;)

残念ながら?寝る人は少なくて、今日も立ちっぱ〜
まあ私もお出迎えは立ってご挨拶。は礼儀だと思って立つからなw
でも挨拶がすんだら「どうぞおかけください」でええやんね
二時間ぐらい立ってても倒れるような身体ではありませんが
試しに座って隙間から見てみたら、ジュリーは見える
バンドメンバーの顔も見える
しかしベースがすっぽり隠れてしまうではないか〜。これでは楽しみが半減
それに隙間から変な姿勢で見るのもしんどいし、
覚悟を決めてまた立ったけど、今回は途中から前の三列ぐらいが座ってくれて
後半は気楽〜に見られました(^^)/

そしていきなり爺ネタちゃう時事ニュース
ポールマッカートニーがビートルズの曲の著作権を返して〜と裁判を起こしたとかで
Love me do ♪ら〜ぶ らぶ みーどぅと鼻歌(やった、1曲儲けた^^)
以前にデュランデュランが裁判して負けたらしいんだけど
ポールは勝つ気でやるらしいので、もし勝ったら
そういう話がどんどん大きくなって、私もやってみようかなと
(ふと我にかえって)
自分のコンサートでなにを著作権の話をしてるんだ?
この話は本編が終わった後でゆっくりと。

でいったん締めて、本日の出し物紹介
昨日はバンドをお馴染みのオナジミーズです。と紹介しましたが
さすがにこれは定着せんかw 今日は、いつものメンバーです。だけでした
2012年からの曲を全部やるという、皆さんに覚悟を強いる出し物です
どうぞお覚悟を!(ひざまづき)

ヒット曲の合間に聞くツアーと違って今回はこれしか聞くものないから(こら)
歌詞間違いがわかるぐらいには真剣に聞いてたんだけど
やっぱり涙まみれだけはつらいわ

Pray、hiroshima,un democratic love,Fridays Voice,などは圧巻だった
心地良くジュリーの歌に浸れた〜


カガヤケイノチで、昨日に引き続き「ご一緒に」♪ラララ…のあと
さらに「大きな声で」♪ラララ… とコーラスしたし〜

昨日は汗をかいたといいながらなかなかジャケットを脱がなかったけど
今日は早めに脱いでた。でもいつ脱いだかわからなかった〜
知らぬ間に寝てたんやろかw
気がついたらシャツ姿になってて。次の曲で腕もまくり
さらに最後にはシャツのボタンもいくつか外しててて
私が行った3回のうちで初めて胸元のお肌がチラりん♪♪
東京五輪では天井に五輪のマーク。というのを聞いて注意して見ていたら
FAPPではハザードマークみたいなのが
羽が四つだから違うのかもしれないけど。
un democratic love でのたくさんの輪っかは蹂躙の鎖かなとか

フェスは音だけでなくいろいろ楽しみ方があって素敵〜

楽しみといえば。
20日はサリーがボックス席に来てました
開演前に教えてもらって横顔を拝見しましたが
私は反対側のブロックだったので、始まってからはまったく見えなくなりました
アンコール前には退出するのかと思ったけど
ジュリーがずっとサリーがいたあたりを見てしゃべってたので
最後までいたのかな(^^;)確認できず

ステージの上では
昨日私の目を釘付けにしたのはカズさんの廂(ひさし)!
髪を左右から寄せ集めて中央に盛っているのはいいけど
その前方が額よりかなり前にせり出していてまさに廂。
あれってリーゼント。っていうんかいな〜?
名古屋で見た人も騒いでいたけど、意味がわからんかった
百聞は一見にしかず
ジュリーとオナジミーズの髪型はみんな違ってみんないい。だなw

あ、髪型といえば
悪名の話を「ちょっと教えたろかな♪」と言ってから一歩下がって
「大変失礼な言い方をしてしまいました。お教えしましょうか?」
で、きいたのが
「私の希望では朝吉は出家して”マルガリータ”」発言に、会場

「えぇ〜〜〜〜〜っ!?」

「50曲で1コーラス」の時もだけど
大阪のおばちゃんの「え〜〜?」は遠慮がないなあ(^^;)
そんなとこまでコーラスせんでええっちゅうねんw
ま、私もその一員だったけどw

マルガリータ、と口にしたので「トマトでしょ♪バジルでしょ♪」と架空ピザを作り
架空生地まで作り始めたが
ピザ生地って麺棒で伸ばすか、くるくる回しながら放り上げるかで
両端持って上下に振るのはラーメン生地ではないかい?
と思いながら丸刈りジュリーを想像してました。えー想像できないー><

あ、その前に。アンコールMCで続きを語るはずだった著作権問題は
歌ってるうちにどうでもよくなったみたいです
世界を相手にしているポールといっしょにしたらあかんわな。ということで(^^;)

「いつもより多くしゃべってしまった」ので、前後がごちゃごちゃになってしまったけど
50周年は
1コーラスで損したと思ったらあかん。50曲聞けるからお得なんや!
と思い直してください。ということでした

悪名で音楽劇は終了して、その後はエンドレスで歌に専念します
皆さんも元気でいてください
今日ここに来られた方がこれからも元気で居られるようにエールを送ります。
と、小さく三本締めの後、拳をぐっと握り
三方に「頑張れ!」「頑張れ!」「頑張れ!」
なんか阪神淡路大震災の時の皇后陛下の仕草を彷彿とさせて
パワーが漲ったところで

新曲

3回聞いてやっと覚えた歌詞は
最後の♪無〜支配イソノ〜ミ〜ア というとこだけ
あと、途切れ途切れに ♪原子力nono 無支配OK
豊かな山川里ビューティホーワンダホー
震える山川里なんとか〜(英語)
あの爆音の中でこれだけ聞き取った自分をほめたい(ほめすぎ)
CDがどんなアレンジになっているのか早く聞いてみたいわ

なお、手拍子は1コーラスに4回パンパンパパン!があるのだけど
依知川さんがパパン!のとこだけ大きく手を広げて「ここだよ!」と合図
とーってもわかりやすかったです

もう1曲の♪揺るぎないやさし〜さ〜は聞いてる間だけ覚えてましたw
今はまったく(^^;)

最後にメンバー紹介のあと、「ジュリーでした−!」って。
あれ?と思ったら
「ジジーでした!」と言い直し。



posted by メイ26 at 17:28| 兵庫 ☔| Comment(4) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月19日

祈り歌LOVESONG特集 フェスティバルホール

フェス1.jpg
初日で洗礼を受けたから覚悟はできていたものの
最前列の人はわりと座ってたけど、そこから後がほとんど立ちっぱで〜
前半はわりとポップテンポだったのでそれほど苦行でもなかったけど
後半からちょっと足が痺れてきて。座れコールはさすがに気が引けるので
”座りましょ念力”を送ってみたけど届かんかった(゜´Д`゜)
2時間の修行に耐えた自分をほめたいw
最後の曲の腕上げ体操はいつものツアーならやらないけど
今回は身体が固まらないように動けるとこは全部参加したわー

まあ修行とか言ってるけど。いいメロディが多いですよ
まとめて聞くとその思いはさらに強くなる
せっかくのメロディにもう少しやわらかい詞をつけてほしいなーとは思うけど
やっぱり終演後は気持ちいいわ^^。
ほんとです!ええかっこしいやないです!

Fridays Voiceとかun democratic love とかWelcome to Hiroshima

とか圧倒されました

カガヤケイノチの♪ラララ部分では「ご一緒に」と言われる前に
私の周辺ではみなさん歌っていたので、
ジュリーが一回マイクを外して観客だけでコーラスして感動!
その余韻からの三年想いよで泣けたわ〜; ;

いつもより多めの拍手だとか、暖かいご声援がありがたいとか
ジュリーも今回のセトリが受け入れられるか気になっていたのか
大阪の皆さんが覚悟して結集したのに気をよくして
「正月からかましたった!」と開きなおり

初日の時にも思ったんだけど、「桜舗道」のひらひらと花びらが舞うようなピアノがきれい
そして照明が桜色だったことは今日初めて気づいた
3階席で照明が見えなくて、1階7列目で見えるとはこれいかに
「恨まないよ」では壁に波のような照明とか

大阪では東京名古屋より汗をかいたというわりには
ジャケットを脱いだのはカガヤケイノチで、腕まくりは限界臨界
東京ではもっと早くから脱いでたのに〜
なのでシャツ姿はあんまり見られなかった

オケピに降りてきたのも最後の1曲だけ〜それもわりと早く戻ってしまったので
、明日はもう少し長く降りてくれますように

最初の2曲の後のご挨拶は

あけましておめでとうございます
中途半端な日程ですが、これを見ないと正月やない人もいるでしょう
そんなひとおらへん、て!おるわけないやん!(と、左右にセルフツッコミ)
しかし会場の拍手を聞いて、「あ、いたわ〜。いるんや」

この左右セルフツッコミが気に入ったのか、アンコール前のMCでも炸裂
イソノミアって皇室に新しい宮ができたんですよ
(何言うてんねん!そんなこと言うたら宮内庁からクレーム来るわ!)とか
今まで消費税は自腹切ってたんですよ。それが会計に響いてたんやね
(それでなんで痩せへんねん!それは置いといて)
(何言うてんねん!それは置いといて!)とか
一回ウケたら調子に乗って何回でもやる関西人w

50周年のセトリ
タイガースは4年しかやってないけどヒット曲いっぱいあるねん
といってタイガースばかりやる?(ここで拍手)
その拍手はなんやねん!
タイガースの歌はピーも歌てるし。かつみも歌てる。タローも歌てる
他の人も歌てるし、イギリスの…えー…出てこうへん
(レスリーマッコーエンやろ!!という静かなツッコミが客席に満ちる)

でも「ピー」の名前を聞いて喜ぶ乙女な私であった(^^;)

50周年はもうすぐ50年というとこでやる人もいるけど
私はちゃんと50年になってからやろうと思った
昭和で言うたら72年やん(92年!92年!というツッコミが今度は一斉にw)
72年ちゃうわ92年や。戦後72年や。算数嫌いやねん

人に言うても恥ずかしくないヒット曲はそれほど多くはない
かといって少なくもないのよ
売れなかった頃も含めて今の私があるから
「沢田がどんな曲を選んだか」を楽しみにしてほしいそうです

来年は70歳!ぼちぼちでんな、とようやく思えるようになった
(ここで60公演以上のオファーって言ったんだけど、50周年のこと?)
60カ所ではないそうなので、東京大阪などは回数が多いのかも
いろいろ考えているけど、有限実行ではなく
「いつも心にむっつりスケベを」の精神でいくそうでw

そういえば、正月ライブを「大都会メニュー」って言うてた
今回のような(冒険的な)構成でも聴きに来てくれる人も多いだろうと思って
他のとこが田舎だというわけではないということでした

最後に、音楽劇は今年で終了してその後はエンドレスで歌に専念
と嬉しいお言葉を思い出して
明日もいいコンディションで聴きに行けますように
今宵はこの辺で^^
明日もジュリーの声に浸れる幸せ
(さらなる苦行になるやもしれぬがw)











posted by メイ26 at 23:39| 兵庫 ☁| Comment(4) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月14日

新譜情報

オフィシャルで出ましたね
新曲.JPG

隅っこにちっちゃく50周年ロゴらしきマークが
50周年記念が始まったのね〜
posted by メイ26 at 18:16| 兵庫 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月10日

3階席からもの申す

甘いLOVESONGではない、人類愛ともいうべき祈り歌三昧に
ちょっと気持ちがひいたのは確かだけど
といって、来なければよかった、とかおやすみの時間とか
思うことはなくて(これはホントだ!)
前の人の隙間から双眼鏡で眺めつつ
ジュリーの声に浸っているのは気持ちいい時間でした

セトリだけで言えば、ピーLIVEの方が全く私の好みだけど
じゃああのセトリをジュリーが歌えば最高なのかというと、それはまた別で。
私の好きな歌を聞くこと以上に
ジュリーが歌うのを聴いていること自体が心地良いのだと思いました
ジュリー祭りの時に、一般の人が
知らない曲が多くても楽しめたというのと同じようなものかな
(いや私は新曲以外に知らない曲はなかったけどw)
てことで、声に関してはまったく不満はありませんでした
しかし席が遠ければ照明がキレイに見えるのかと思ったら、全然そんなことなくて
正面からでしか見えないのか!
なのにしばしばステージ上のライトには直撃されてホワイトアウトになっちゃうし〜
まあ二回目からは前で立っている人を楯にして目を守りましたが(^^;)

ホールによって違うのかもしれないけど
2階3階のサイド席は料金に差をつけてもええんちゃう?
と思ったしだいでありますことよ









posted by メイ26 at 22:10| 兵庫 ☔| Comment(2) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月09日

祈り歌LOVESONG特集 NHKホール

2017年歌い初め
大阪まで待ちきれなくて、東京まで行ってきました
めったにないことをしたせいか、晴れ女の私にあるまじきべっちょべちょの大雨!
入場口でもらったジュリーのチラシも帰りに濡れてヨレヨレになったので
ホテルに置いて帰ろうかと思ったけど、
一晩たったらなんとか乾いたので大事にバッグに突っ込んで持ち帰りましたよ

お土産は各種スポーツ紙
20170109183449821.jpg
ざくっと切り貼りしてみました〜
記事も写真も各社のweb版で見た方がきれいので、そちらでどうぞ〜
いちばん愛を感じたのはデイリーであった(記事の大きさと写真で)
でも各紙一斉に報じるだけでもすごいよね〜。さすが腐っても鯛(本人談)なジュリー

遠い遠い3階席だったので、最初の衣装は単なるラメラメに見えたんですが
双眼鏡で見たら大きな三日月と星であることがわかり
さらにネットで見たら星座もあって、シャツもネクタイもお星さまキラキラ☆☆
とっても素敵でした^^
青や紫に映っている写真もありますが、上下とも黒です
髪も髭もずいぶんスッキリしていたけど、その分
D字型のお腹がくっきりぽっこり目立っていた

さて、LOVESONG特集ということで、各地でさまざまに予想された皆さん
お疲れ様でした〜\(^O^)/
特集の中身はPRAY FOR JAPAN のアルバム曲一挙放出でした

LOVEはLOVEでも、エロスじゃなくてアガペーだったというww

1曲目を聴いた時に、(うむうむ。まずは祈りの歌からね)と思いましたが
2曲目の後「4曲入りのCDが5枚になったので、今日はそれをまとめてやります」
と言われてすぐさま暗算
(4×5=20 ってことは本編全部祈り歌か〜)
でもでもアンコールにはきっとLOVEソングを。と期待したら
まさかの新曲2曲w

こういう構成は2000年の「来タルベキ素敵」以来ではあるまいか
あの時も事前に「ライブで全曲はやれないでしょう」と言っていたので
知ってる歌はいつ出るの〜。と最後まで待っていたら
まさかの全曲新曲だったという(^^;)

ということで席も席やし。昨日は着席してじっくり聴かせていただきました
でも”全曲”で期待したのは「カガヤケイノチ」も聴けるのね。ということ
あの曲好きなのにあんまり歌わなかったからな〜

それと、新曲は2曲ともよかったです
タイトルは「ゆるぎないやさしさ」と「イソノミア」
これは聞こえたけど、歌詞はほとんど聴き取れなかった(>_<)
特に最後の曲。にゃんと演奏はギター1本と手拍子だけ
演奏が始まる前に泰輝さんが大きく背伸びをしたので
あら〜泰輝さんも肩凝ったのかしら。と思ったら頭上手拍子の準備だったw

なのに、ここまで大きくしないでも。というほどの爆音ギターで
私が聞き取れたのは「原子力」という言葉だけ。

「イソノミア」も「いそのみや」と聞こえて
ジュリーに皇室関係じゃなくて、無支配という意味と言われても
えー、大和言葉でそんなんあるのかしら〜、とピンボケしたことを考えてましたw
(ギリシャ語らしい)

※私が肩凝ってたのは、前の人がずっと大きな横揺れしてて視界を遮ぎるので変な姿勢で見ていたからだ

昨日のネット記事で各社見出しにあげていた土下座は
「PRAY」の時。
最初の一節を歌ったところで、なんか声がしりすぼみになったなと思ったら

「忘れちゃった!」

って。そりゃまたストレートなww
バンドの皆様にお願いして「何事もなかったように」やり直し。
客席にはひざまづいてお詫びしたけど、それでも足りずに歌い終わってからの土下座
ファンにとっては特に珍しいことでもなく
ピーも「間違えたら土下座したらいいと沢田研二に教わった」
とか言ってたらしいのでお手本を見せたのでしょうw
が、新聞記者の方には
ネットニュースの見出しにするほどセンセーショナルだったんでしょうか
翌日会ったファンじゃない友人に
「ジュリー土下座したんだって?」と言われてしまいました

いやいやそこだけ強調されてもね。
確かに、他の曲の間に挟んだ4曲はそれぞれ味わいがあってよかったけど
5枚分一気に聴くと、同じトーンの曲が多いなという印象。
その分ジュリーの声はとても厚みがあって、3階へも力強く押し寄せてきてた

しかし私思うに、ボーカルの前のアカペラコーラス
ちょっと音狂ってませんでした?私は違和感を覚えました
それでジュリーも気になって歌詞を忘れたのかと。ひいき目?

雨で湿度が高かったせいか、声は終始よかった^^
2着目の衣装もモアレ風で華やかでしたわ〜

50周年の話も「言うたろかな〜」ともったいぶってから発表
50にこだわって50曲やる。でも還暦の時のような体力はもうないから
考えに考えた末に「1コーラスでやる」に客席「え〜〜??」

「え〜、て。皆さんも1番は知ってても2番は知らんやろ?」
って。失礼な
シングル曲でしょ。ポリドール時代のはフルで覚えてるわよー
EMI時代のは私は自信ないけどw

それでも全部で1時間50分くらいとも言ってたので
50曲で110分だと(すぐさま計算)1曲2分半くらい
ということは、TVでバリバリ歌ってたころのアレンジと同じやん(^o^)
なんなら去年の来タルベキみたいにサビだけとかwww

オリジナルメンバーが揃ったので
もうジュリーのソロではタイガース曲は聞けないと思っていたけど
タイガースから数えて50年だからやります。という嬉しいお言葉も〜
まあそりゃそうやわな。

んで、記念品は出さない。と
記念品買うお金でライブに来てほしいから「思い出だけ」ですって。
思い出だけ積み重ねても明日を生きる夢にはならない
という歌詞もふと思い出しましたが…これは2番だから歌わない?

でも料金は値上げする!それは「ご祝儀やん!」と、そこはしっかりw
60カ所ぐらい廻って全国からご祝儀をいただくご所存のようです^^
でもすごいな60カ所って。最近行ってないとこもあるってことよね
できれば交通費の分をご祝儀に回せるような日程でお願いしたいものです

50周年に続いて来年は古希!
なのに学会が「高齢者は七五歳から」などと言い出したものだから
今までさんざん高齢者ぶってたのに、
急に「準高齢者という新しい種族」にされたことにたいそうご不満のようでした
が、高齢者でないと言われるのなら

「もっとがんばらなあかんやん!」

と、2017年も元気な爺ちゃんでした



















posted by メイ26 at 18:35| 兵庫 ☔| Comment(4) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする